「ルパン三世 PART6」BOX I&IIをまとめて開封レビュー!重厚感あふれる外装や各100ページのブックレットを一挙紹介

「ルパン三世 PART6」のBlu-ray BOX IとBOX IIを一気に紹介!/撮影/興梠真穂

「ルパン三世 PART6」BOX I&IIをまとめて開封レビュー!重厚感あふれる外装や各100ページのブックレットを一挙紹介

6月22日(水) 19:00

1971年にテレビアニメの放送がスタートし、テレビスペシャルや劇場作品、OVAなど長きにわたって新作が制作され続けてきた、モンキー・パンチ原作の「ルパン三世」。アニメ化50周年を迎えたメモリアルイヤーの2021年には、「ルパン三世 PART6」が放送され、唯一のオリジナルキャストとして次元大介を演じてきた小林清志から大塚明夫への役のバトンタッチ。押井守、湊かなえといった豪華脚本陣の参加も話題になった。
【写真を見る】絵コンテや劇中に登場する施設&アイテムの設定画も掲載!

そんな「PART6」の第1クール(1~12話)をファン必見の特典映像と共に収めたBlu-ray&DVD-BOX Iは現在発売中だが、いよいよ6月22日(水)より第2クール(第13~24話)をまとめたBOX IIもリリース開始となる!並べて眺めるだけでも楽しい2つのパッケージを早くも入手したので、BOXセットならではの魅力、特典映像、作品の見どころを開封しながら紹介していきたい。

■舞台は英国から全世界まで!「PART6」のストーリーをおさらい

まずは簡単な「PART6」のおさらいから。世界的大泥棒アルセーヌ・ルパンの孫であるルパン三世と次元大介、石川五ェ門、峰不二子、ルパンを逮捕するのに執念を燃やし続けてきた銭形警部らの活躍が描かれるのは、これまでのシリーズと同様。そのうえで本作の大きな特徴と言えるのが、第1クールと第2クールで異なるテーマが設定されているところだ。

第1クールのテーマは"ミステリー"で、名探偵の名跡を受け継ぐシャーロック・ホームズが登場するほか、スコットランドヤードやMI6も絡みながら、イギリス政府を陰で操る秘密組織「レイブン」の隠し財宝につながる1枚の映画ポスターを巡る攻防が展開。シリーズ構成を務めた大倉崇裕によるメインストーリーに加え、前述の押井に湊、アニメ脚本家としても知られる推理作家界の大御所、辻真先をはじめ、芦辺拓や樋口明雄らがゲスト脚本家として参加したオムニバスエピソードも差し込まれる。

一方の第2クールは"女"にフィーチャー。シリーズ構成は「ゾンビランドサガ」などで知られる村越繁にバトンタッチとなり、ルパンの前に次々と現れる魔性の女たちの存在によって、先の読めないサスペンス作品になっている。ひょんなことからルパンらと関わりを持つ花屋で働くどこか儚げなマティアに、銭形警部の部下のアリアンナ、謎の強盗集団を率いるメルセデスなど、バラエティ豊かなキャラクターたちが登場。さらに、ルパンが"母親"と称するトモエの存在も語られるなど、知られざる彼のルーツにも迫っていく。

■重厚感あるルパンが描かれた、豪華な収納BOX!

「ルパン三世」の魅力と言えば、クールでハードボイルドな世界観。収納BOXに描かれたイラストからもそのカッコよさを十二分に感じとることができる。BOX Iにはルパンや次元たちおなじみのメンバーに加えて、ホームズや第1クールのヒロイン・リリーをデザイン。険しい表情のルパンたち、不安気なリリーを守るようにその腕に抱くホームズの構図からも、因縁や陰謀が渦巻く本作のストーリーを感じさせる。BOX IIでは愛銃のワルサーP38に腰掛けるルパンを中央に配置。その後ろには、劇中に登場する女性キャラクターたちがおぼろげに写っており、両目の周りが影で少し暗くなっているルパンの顔からも重厚感あるテイストが伝わってくる。

ちなみに、この収納BOX。背表紙だけでなく、上下にも「LUPIN THE THIRD PART6」のタイトルが印字され、表面の隅には50周年記念のロゴが小さくレイアウトされるなど、さり気ないおしゃれ感がうれしい。また、取り出し口からはデジパックと特典ブックレットの背表紙が姿をのぞかせるが、BOX Iがブルー、BOX IIはピンクのカラーリングで差別化されているので、重ねて見比べてみるのも2つとも手にした人に許される一興だろう。

■作品のモチーフが散りばめられた、描き下ろしデジパック

収納BOXから中身を取り出し、それぞれのデジパックに注目したい。本編&特典映像が収録されたディスクが4枚ずつ収まっており、観音折りになったパックの外側4面にはキャラクターイラストをデザイン。

BOX Iは不二子と五ェ門、ルパンと次元、銭形警部と彼の部下の八咫烏、ホームズとリリーの組み合わせに。BOX IIでは、ルパン、次元、五ェ門、不二子の4人に限定され、マリーゴールドやすずらんなど第2クールのもう1つのテーマになっている「花」もバックに配置されている。

ディスクを取り出してみると、その裏にもイラストを発見。BOX Iはルパンの顔が描かれたものになっており、BOX IIにはゲストの女性キャラクターたちがそれぞれのモチーフになっている花と一緒にレイアウトされている。

■各100ページの大ボリューム!ルパンファン必携のブックレット

特典が満載のBOXセットだが、その1つがそれぞれ100ページにもおよぶブックレット。各話のあらすじはもちろん、キャラクターから小道具などの詳細な設定資料の数々も記載されている。このほか、BOX Iには次元大介役を勇退した小林清志による特別寄稿「次元大介との50年」、彼から役を引き継いだ大塚明夫とシリーズ構成の大倉崇裕のスペシャルインタビューも掲載されている。

もちろん、BOX IIのブックレットも充実の内容に。2011年から不二子役を演じることになり、「鬼滅の刃 遊郭編」での堕姫役の熱演も記憶に新しい沢城みゆきや、シリーズ構成の村越繁へのスペシャルインタビューを読むことができる。不二子や「PART6」への想い、本作で登場する不二子の旧友、アメリアについて「同性の友だちがいる印象が全くなかったので(苦笑)、急に目の前に現れた旧友の存在に、私は焦りました」と振り返る沢城。一方の村越も、「シナリオを考える上で起点となったテーマはあるか?」という問いに対し、「『果たしてどんな女性を描けばいいのだろう?』というところから物語を考え始めました」と語っている。そのほかにも、キーパーソンとなるマティアやトモエが誕生した経緯、彼女ら女性キャラクターの劇中での行動についての解説など、ストーリーの補完にも役立つものになっている。

ところで、このブックレットの表紙にはルパン(BOX I)と不二子(BOX II)のイラストがデザインされているのだが、傾けて光の当たる角度を調整しないと見えない仕様になっている。掲載内容だけでもうれしいのに、こういった細かいこだわりには本当に頭が下がる思いだ。

■何度も繰り返し見たい…BOXでしか見ることができない特典映像

ブックレットだけでなくディスクの特典映像もファン必見。BOX Iには、カットごとに撮影されたデータを絵コンテに準じてつなぎ合わせ、特典映像用として本編音声を足した第1話と第4話の「初回編集映像」というものが。オンエアされている本編映像がどのようにして作られるのか、テレビアニメの制作過程を垣間見ることができる貴重な映像資料だ。

このほか、PV集にノンクレジットOP&ED、シリーズの初回に放送され、小林清志が最後に次元を演じた「EPISODE 0 ー時代ー」、栗田貫一(ルパン三世役)と浪川大輔(石川五ェ門役)、山寺宏一(銭形警部役)の3人による「スペシャル座談会」の模様も収録されている。

BOX IIでも「初回編集映像」(第13話)やPV集、ノンクレジットOP&EDが楽しめるほか、栗田と大塚による第13話のオーディオコメンタリーも。第2クールの感想や収録現場の様子がキャラクターを演じた本人たちの言葉によって振り返られる。

「ルパン三世 PART6」全24話+スペシャルエピソードをすべて網羅したBlu-ray&DVD-BOX I&II。2つそろえた時のボリューム感も圧巻だが、なによりその豊富な特典があることで「PART6」の世界を存分に堪能することができる。コレクションとして棚に並べるもよし、資料として読み込むもよしのこのBOXを、ぜひセットで手に入れてほしい!

文/サンクレイオ翼


【関連記事】
50周年でさらにパワーアップ!「ルパン三世 PART6」は“次元大介”と、豪華作家陣の参戦に注目
栗田貫一&山寺宏一が語り合う、2代目の葛藤と「ルパン三世」50年目の“船出”「いまでも『カリオストロの城』に立ち返る」
「ルパン三世」偉大なる先輩から大役を引き継いだ栗田&浪川&沢城&山寺が抱えた葛藤とは?
栗田貫一、モノマネから始まったルパン「死に物狂いだった」24年の変化と葛藤を告白
劇場公開40周年の『ルパン三世 カリオストロの城』が、“新作以上”のクオリティで帰還!4K ULTRA HDで再加速する魅力
MOVIE WALKER PRESS

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ