加山雄三が年内でコンサート活動を終了

Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

加山雄三が年内でコンサート活動を終了

6月20日(月) 3:00

加山雄三が年内でコンサート活動を終了することを発表した。

1960年東宝より映画「男対男」でデビューした加山雄三。翌年、映画『大学の若大将』に主演し、その後「若大将シリーズ」がスタート。映画の中で歌った「君といつまでも」「夜空の星」「旅人よ」をはじめ数々曲が大ヒットし、名実共に日本を代表するアーティストとなった。

関連記事: 矢沢永吉と今市隆二のW表紙、RSJ次号でフジロック・サマソニ大特集

80歳を超えてたくさんの試練にみまわれ、2018年愛艇「光進丸」の焼失。2019年トレーニング中に腰の圧迫骨折をしたがツアーを予定通り決行、ツアー中に脳梗塞発症。2020年誤嚥からの脳内出血を発症し活動休止をしたが日々のリハビリを経てコンサート復帰するなどその度に奇跡的な復活を成し遂げて来た。

しかしながら今年4月に85歳を迎え今と向き合い、歳を取ることで様々なことを続けていくことの大変さを実感すると共に、アーティストとして100%満足いくコンサートを提供し続けていけるのか、本人、家族、スタッフで模索し、たくさんの葛藤を経て、「歌えなくなってやめるのではなく、まだ歌えるうちにやめたい。最後までいつも通り歌う。それが一番なんだ」との思いで、今年の12月をもって、長年続けてきたコンサート活動から引退することを決断。

一般のコンサートとしては本日発表となる9月9日(金)東京国際フォーラムホールAでの「加山雄三ラストショー〜永遠の若大将〜」、12月の豪華客船飛鳥Ⅱでの船上ライブ(若大将クルーズ)が最後のコンサートとなる。



■加山雄三コメント
みなさん、長きにわたる応援本当にありがとうございます。
感謝しております。
活動を始めて60年もの間、音楽を作り歌い続けてきました。
そしてたくさんの人との出会いと、幸せをいただきました。
歳をとることで様々なことを続けていくことの大変さを実感しております。
しかしながら、その時々で精一杯目の前のことに真摯に向き合ってきました。
コンサート活動は年内をもってケジメをつけようと思いますが、
これからも音楽は親友であり大切にしていきたいと思います。

最後のライブ、みなさんで楽しみましょう!

加山雄三


<ライブ情報>

「加山雄三ラストショー 〜永遠の若大将〜」
2022年9月9日(金)東京国際フォーラムホールA
時間:開場 15:00 / 開演 16:00
プレミアム席:30000円(プレミアムチケット付き,VIPゲート入場,「しあわせだなぁ」NFT付き)記念チケット※楽天チケットのみ発売
S席:12000円
A席:8000円
※枚数制限:お一人様4枚 / 入場制限:3歳以下入場不可、4歳以上チケット必要
一般発売日:2022年7月18日(月/祝・海の日) 10:00〜
主催:日本テレビ / テレビ朝日 / TBS / フジテレビジョン / TBSラジオ/ 文化放送 / ニッポン放送 / 朝日新聞社 / ぴあ / 楽天チケット / キョードー横浜
後援:東宝/渡辺音楽出版 / ドリーミュージック
協賛:セイコーホールディングス、ハーフ・センチュリー・モア
企画:加山プロモーション
制作:ASOBiZM
制作協力:ライブ・ビューイング・ジャパン
協力:東京労音 / 東京音協 / Zen-A
特別協力:アミューズ
お問合せ先:キョードー横浜045-671-9911(日・祭日を除く 11:00〜15:00) / http://www.kyodoyokohama.com

加山雄三オフィシャルホームページ: http://www.kayamayuzo.com/
【関連記事】
・デビュー40周年を迎えた松田聖子80年代の10曲、加山雄三の永遠さに近いものがある
・矢沢永吉と今市隆二のW表紙、RSJ次号でフジロック・サマソニ大特集
・ラフィンノーズ、40年間変わらぬパンク愛を爆発させた一夜
・伝説の日比谷野音公演、岡林信康と矢沢永吉のライブアルバムを振り返る
・PUNPEE、ARを駆使した2年ぶりのワンマンをレポート
Rolling Stone Japan

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ