相葉雅紀、息子を想う優しい父親の表情『“それ”がいる森』“父の日記念”の場面写真公開

映画『“それ”がいる森』場面写真 (C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

相葉雅紀、息子を想う優しい父親の表情『“それ”がいる森』“父の日記念”の場面写真公開

6月19日(日) 9:00

相葉雅紀が主演を務める映画『“それ”がいる森』より、6月19日の父の日を記念し、相葉演じる息子思いの父親が優しい表情を浮かべる新場面写真が解禁された。

【動画】松本穂香、江口のりこ、ジャニーズJr.上原剣心が共演相葉雅紀主演『“それ”がいる森』特報

本作は、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、田舎で農家を営む田中淳一(相葉)たちが、えたいの知れない“それ”に遭遇するという未知の恐怖を描いたホラーエンターテインメント。監督を務めるのは、『リング』『事故物件 恐い間取り』など数々のヒット作を生み出してきた中田秀夫。相葉のほか、松本穂香、上原剣心(ジャニーズJr.)、江口のりこらが出演する。

相葉が演じるのは、田舎町でひとり農家を営む田中淳一。淳一の息子・一也として親子役に挑むのは、映画初出演となる上原剣心(ジャニーズJr.)。

解禁された場面写真は、元妻・爽子(江口)と東京で暮らす小学生の一也が、淳一のもとをひとりで訪ねてくる、物語の“はじまり”の場面を捉えている。

これをきっかけに、ふたりはしばらく一緒に暮らすことになるが、ちょうどその頃から、近くの森では不可解な怪奇現象が立て続けに発生し、淳一が住む町でも、住民の不審死や失踪事件が相次いでいた─。

嵐活動休止後も俳優としての活躍にも注目が集まっている中、本作が8年ぶりの映画主演作品となる相葉。父親役としていったいどんな姿を見せるのか、そしてこの優しい表情を一変させる未知なる恐怖“それ”とはいったい何なのか―。

映画『“それ”がいる森』は、9月30日より全国公開。

■関連記事
【写真】相葉雅紀、ホラー映画初挑戦中田秀夫監督『“それ”がいる森』に主演
【写真】相葉雅紀、舞台『ようこそ、ミナト先生』取材会に出席
【写真】相葉雅紀主演舞台『ようこそ、ミナト先生』チラシビジュアル
相葉雅紀、テレ東初冠番組はバカリズム監修のクイズ番組
相葉雅紀、12年ぶりの主演舞台『ようこそ、ミナト先生』に秋元才加、松平健ら
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ