『恋なんて、本気でやってどうするの?』第9話恋に決着がつけられない純に大津がある言葉を口にする

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』第9話より (C)カンテレ・フジテレビ

『恋なんて、本気でやってどうするの?』第9話恋に決着がつけられない純に大津がある言葉を口にする

6月13日(月) 7:00

女優の広瀬アリスが主演を務めるドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の第9話が今夜13日に放送。恋に決着がつけられないままの純(広瀬)に、大津(戸塚純貴)が思わぬことを口にする。

【写真】『恋なんて、本気でやってどうするの?』第9話響子(西野七瀬)&要(藤木直人)の関係はどうなる?

本作は、27歳恋愛不要女子VS.刹那恋愛主義男子、安定志向早婚レス妻VS.訳ありミステリアスシェフ、愛され中毒パパ活女子VS.不思議系陰キャ男子という、恋に本気になれない6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。

■第9話あらすじ

サリューにやって来た謎の美女・佐藤沙羅デュビビエ(藤原紀香)は、かつて要(藤木直人)がパリで世話になったパトロンだった。沙羅は、突然いなくなった要をずっと探していたと言い、「パリに帰りましょう」と、新たに開業するレストランに要を誘う。要への思いが実り、ささやかな幸せを感じていた響子(西野七瀬)は、2人の関係にショックを受け、要を公私ともに支えられる沙羅に圧倒的な敗北感を覚える。

柊磨(松村北斗)は、要のシェフとしての未来を思い、パリに行ってほしいと告げる。本当はその言葉とは裏腹に、純に加えて要もいなくなることが寂しくて仕方ないのだが、その思いを素直に口にすることができない。幼い頃から、大切な人が自分の前からいなくなる経験を繰り返してきた柊磨は、引き止めて傷つくことが怖いのだ。

純もまた、柊磨からの拒絶に大きなショックを受けながらも、その思いを断ち切ることができずにいた。そんな中、以前と変わらない安心感を与えてくれる大津から思いもよらぬことを言われる。さらに時を同じくして、上司から呼び出された純が告げられたのは…。

その頃、克巳(岡山天音)に別れを告げたアリサ(飯豊まりえ)は、田辺(アキラ100%)の妻に慰謝料を支払うため、キャバクラでアルバイトを始めていた。そのことを知った克巳は…。

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』はカンテレ・フジテレビ系にて毎週月曜22時放送。

■関連記事
【写真】『恋なんて、本気でやってどうするの?』第9話場面カット
【写真】広瀬アリス『恋なんて、本気でやってどうするの?』コスプレシーンの裏話 「ジャスミンのコスプレのはずなのに」
【写真】西野七瀬のコスプレ姿に絶賛の声「プリンセス」「かわいすぎる」
『恋なんて、本気でやってどうするの?』響子、要とキス「急展開」「びっくり」と反響
『恋なんて、本気でやってどうするの?』柊磨が純に放った言葉に「グサッときた」「苦しい」の声
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ