有村架純「骨切り整形」「タレント開花」の姉・有村藍里を支える「天下一の妹」力と「豪華すぎる3ショット」の黒ブチメガネ姿

有村架純

有村架純「骨切り整形」「タレント開花」の姉・有村藍里を支える「天下一の妹」力と「豪華すぎる3ショット」の黒ブチメガネ姿

6月4日(土) 7:40

提供:
5月29日放送の『二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜』(テレビ東京系)にモデル、女優の 有村藍里 (31)が出演。彼女は06年に“新井ゆうこ”名義で芸能界入りしたが、15年に有名女優の姉であることが発覚したことで話題を集め、今回もその話が飛び出した。

「苗字からわかるように、藍里さんは 有村架純 (29)さんの実姉なんです。隠していたんですが、ある日某新聞社に突撃取材されて、回答も誤魔化したものの、後日一面記事になってしまったことで知られています」(女性誌記者)

芸能界入りは藍里の方が先だったが、妹の架純が先に女優業でブレイク。その裏で無名のグラビアアイドルをしていたのだが、 「妹の名前を使って売名する、みたいなのを書かれたりとか」「本当は姉妹じゃない」「親が違うんじゃないか」 などの心無い声を浴びせられたと、今回告白していた藍里。

妹に迷惑をかけたくないと考え引退も考えたが 「好きなことやったらええやん」 という架純の声に後押しされ、開き直って本名で活動することを決めたと語った。

ちなみに4月7日放送の『 じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)によると、有村架純の姉と発覚してから、本当にギャラが「5万円くらい」に格上げされたらしい。

「姉妹ではありますが、2人の間では芸能界の話などはほとんどしておらず、架純さんは姉に憧れて芸能界入りしたわけではないといいます。完全に個人個人で芸能界入りしたとか。ただ、姉妹仲はよく、6月1日には、架純さんと2人で女優でタレントの MEGUMI さん(40)のポップアップストアに遊びに行った写真を投稿しています」(前同)

インスタグラムではMEGUMIと有村姉妹がポップアップストア近くの屋上庭園にて優雅なひと時を楽しんでいる写真を投稿している。

「また、今回の『酒のツマミ』では、現在の仕事がグラビアではなくアパレルブランドのディレクターであることを話していましたが、ここで自身の整形に関するエピソードも飛び出しました」(前同)

■整形で自己肯定感が上がった

口元にコンプレックスを持っていた藍里は19年に「骨切り」というアゴの切り離した上アゴと下アゴを奥へ移動させてアゴ先を前に出して整える手術を行った。美容整形はいまだにタブー視されがちな話題ではあるが、藍里は当時から整形を公言しており、今回も、

「整形してから人前で笑うのとか苦手だったんですけど、何も気にせず笑えるようになった」

「自分のこと発信できるようになってから、そういう美容とかファッションのおぢごとにも携わらせていただけるようになった」

と前向きに語っていた。

なお、自分のコンプレックスを自覚した経緯は21年8月に『withonline』の連載コラムにて、

《……口元へのコンプレックスは、ひそかに自分でも抱いていました……。

小学生の頃に、友達と“お互いの気になること”を言い合おう!という話になって、その時に友達から「藍里ちゃんは歯茎かな」と言われたことがあって、それ以来なんとなく口元が気にはなっていたのですが、まだその頃はそこまで強くコンプレックスだと感じていませんでした。

そしてある時、出演させていただいたテレビ番組が放映された日に、SNSでエゴサーチをしていて、視聴者の方々からの「口元がな~」とか「口が残念なんだよね」というコメントを目にしたんです。》

と語っている。「売名バッシング」もそうだが、SNS時代の問題を感じさせる話ではある。

それぞれの芸能人生を送っている有村姉妹。いつの日か、“女優”としてドラマで共演する日も見てみたいー-。




【関連記事】
「ネット大荒れ」のNHK朝ドラ『ちむどんどん』に沖縄県人からも「超違和感」の声!沖縄本土復帰が「垂れ幕1枚」、米兵、進学「非リアル描写」、「なんくるないさー」の“誤解”…“猛悪評”の黒島結菜ヒロイン作品に「ウチナーンチュがノレない理由」
NHK朝ドラ『ちむどんどん』の“猛炎上”に『あさイチ』で“朝ドラ受け”の博多大吉が再説明の「異常事態」!“超嫌われドラマ”の「5つのムカつきポイント」!!
NHK朝ドラ『ちむどんどん』、「ドラマネット炎上・視聴率低迷・黒島結菜演じる“暢子”への悪評」の裏に2年前の「松下洸平“胸クソ略奪愛”」!!

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ