波瑠×間宮祥太朗『魔法のリノベ』に遠藤憲一、原田泰造、金子大地、吉野北人が出演!「いいドラマになるなと思いました」

ドラマ「魔法のリノベ」に出演する吉野北人、原田泰造、遠藤憲一、金子大地(写真左から)/(C)カンテレ

波瑠×間宮祥太朗『魔法のリノベ』に遠藤憲一、原田泰造、金子大地、吉野北人が出演!「いいドラマになるなと思いました」

6月3日(金) 8:00

波瑠が主演を務める7月スタートのドラマ「魔法のリノベ」(毎週月曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)に、遠藤憲一、原田泰造、金子大地、吉野北人(THE RAMPAGE)が出演。小梅(波瑠)にとって、現在の仕事仲間と、かつて一緒に働いた元同僚たちを演じる。
【写真】波瑠の元同僚で元恋人を演じる金子大地、全身ショット

同作は、大手リフォーム会社で営業成績抜群のエースの立場にありながら、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた主人公・真行寺小梅(しんぎょうじ・こうめ/波瑠)と、工務店の長男で、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(ふくやま・げんのすけ/間宮祥太朗)がバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく“人生再生リノベーションお仕事ドラマ”。 脚本は、ヨーロッパ企画の上田誠が手掛ける。

■福山家の父親を遠藤、原田は小梅の元上司役

遠藤が演じるのは、まるふく工務店の社長で、玄之介(間宮)の父親・福山蔵之介(ふくやま・くらのすけ)。陽気で親しみやすいファンキーなおじさんだ。ある日、趣味の山登りで小梅と知り合い、まるふく工務店を改革(リノベ)すべくスカウト。人情派で人望があり、昔かたぎな職人たちからも慕われている人物。男所帯の福山家では、良き父親、良き祖父でありながら、時に母親のような存在で家族や社員たちを後方支援している。

原田が演じるのは、小梅の元上司で、大手リフォーム会社・グローバルステラDホームで部長を務める有川拓(ありかわ・ひらく)。出世欲が強く、自分の居場所に不満を持ち、のし上がってやると鼻息を荒くしているベテラン社員だ。かつての部下・小梅の能力を買いつつも、自分の支配下にならないことを苦々しく思っていた有川は、小梅がまるふく工務店に転職した後も動向を気に掛け、何かを企んでいる、謎多き人物である。

■金子は小梅の元恋人、吉野は福山家の三男を

金子が演じるのは、グローバルステラDホームの営業マン・久保寺彰(くぼでら・あきら)。小梅の元同僚であり、元恋人。まるふく工務店に転職した小梅の前にライバルとして現れ、小梅と直接対決することになる。人当たりがよく、真っすぐで無邪気で人の懐に入るのが上手い若手社員だが、一方で女性の本質を見抜く力はなく、失敗も多い人物。根っこは悪い奴ではないため、憎みたいけどどこか憎めない、後輩気質の男である。

吉野が演じるのは、まるふく工務店の設計担当で、福山家の三男・福山竜之介(ふくやま・たつのすけ)。クールでひょうひょうとしており女性にモテるが、ちょっと抜けているところもある男所帯の末っ子。小梅と玄之介の営業バディが依頼人から請け負ったオーダーをもとに、専門的判断から最適なリノベプランを設計する、まるふく工務店に欠かせない存在。行きつけのバーがあり、酒に酔って店主に管を巻いている場面も登場する。

まるふく工務店を営む福山家は、父親の蔵之介(遠藤)、長男・玄之介(間宮)、三男・竜之介(吉野)、玄之介の7歳の息子・進之介と、男だらけの家族。そんな女っ気ゼロの工務店に突如現れた小梅(波瑠)は、敏腕助っ人の名にふさわしく、誰よりも仕事にまい進。次第に男たちは、たくましく生きるその姿に引かれていく。

■遠藤憲一(福山蔵之介役)コメント

僕が演じる蔵之介は、地味とは真逆な父親。キャラクターを考えているうちに、自分自身は一度も着たことがない、オーバーオールを着るのはどうですかと監督に提案しました。孫もいるので、元気でファンキーな“じじい”を演じたいです。実は僕自身、一回だけ家をリノベーションしたことがあり、“同じ家なのに中身を工夫すると別世界になる!”と驚きました。依頼者と提案する側がピタリとあえば、リノベは夢の世界を作れる楽しい作業だなと実感したので、そういう思いが作品ににじみ出たらいいなと思います。波瑠さんとは何度か共演していて、すごく好きな女優さんです。また一緒にやれるのが楽しみですし、波瑠さんの魅力満載のドラマになるといいなと思います。

■原田泰造(有川拓役)コメント

最初に「あまり性格のいい役じゃないかも」と聞いて、「あ、やりたい!」って思いました(笑)。謎な部分がすごく多い役なので、自分でもすごく楽しみです。台本や原作漫画も読みましたが、とってもあったかい世界観。「まるふく工務店」は、お客さんに寄り添っていて、みんな一生懸命。その姿がすごく心に引っ掛かって、いいドラマになるなと思いました。このドラマを見ると「仕事っていいな」って思ってもらえると思います。自分も、最近奥さんとリノベーションの話をするようになったので、このドラマが終わったあとに、勉強して、リノベできたらいいなと思います。僕の見どころとしては、どれだけドス黒いのか、そこを見ていただきたいです!

■金子大地(久保寺彰役)コメント

僕が演じる久保寺は、とてもストレートな人間。良くも悪くも、常に前進しているような勢いのある若者です。僕自身は、あそこまで図太くは振る舞えないので、面白い役だなと思い、演じるのが楽しみです。人が住みやすいように、住宅に新たな価値を作り出すリノベーションという仕事は、思いやりが大事ですし、依頼主のその後の人生や生活に大きく影響を与える仕事なので、ステキな仕事だなとも思いました。月曜日に「『魔法のリノベ』ある!」と、毎週楽しみに思ってもらえるような作品になるといいなと思います。原作にはないオリジナルの要素もあって、ワクワクするとても面白い作品です。まずは、1話を見ていただきたいです!

■吉野北人(福山竜之介役)コメント

最初にオファーを受けた時はとてもうれしかったです。 「魔法のリノベ」は、家のリノベーションだけではなく、家族の問題や悩みを解決し、より良い人生にリノベーションしていく物語です。このコロナ禍で、おうち時間が増えた今だからこそリンクするものがあり、原作を読ませていただいた時はすごく引き込まれました。僕が演じる竜之介は、福山家の三男で設計士で、何でも口にしてしまい少し空気の読めないところがあるのですが、弟気質満載でかわいげのある役柄です!共演者の皆様もとても豪華な方ばかりなので緊張していますが、楽しみながら撮影に挑めたらと思います。ぜひ、放送を楽しみにしていただけたらうれしいです。



【関連記事】
【写真】間宮祥太朗の弟を演じる、カジュアルな格好の吉野北人
【写真】波瑠の元同僚で元恋人を演じる、スーツ姿の金子大地
波瑠&間宮祥太朗が“凸凹営業コンビ”に!住宅リノベーション提案で悩みを解決<魔法のリノベ>
原田泰造、せりふ覚えは「サウナで一人ぶつぶつと」高橋一生、有岡大貴との現場エピソードも<『インビジブル』インタビュー>
吉野北人×柳俊太郎インタビュー「自分じゃない人を演じるのってこんなに大変なんだ…」<トーキョー製麺所>
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ