吉住、水川かたまり、岩崎う大が脚本を務める『脚本芸人』、知念侑李、藤木直人ら出演キャスト発表

3夜連続ドラマ『脚本芸人』に出演する(上段左から)藤木直人、遠藤憲一、酒井若菜、(下段左から)趣里、知念侑李、佐久間由衣 (C)フジテレビ

吉住、水川かたまり、岩崎う大が脚本を務める『脚本芸人』、知念侑李、藤木直人ら出演キャスト発表

6月1日(水) 7:00

お笑い芸人の吉住、水川かたまり(空気階段)、岩崎う大(かもめんたる)が脚本を書き下ろす3話連動型オムニバスドラマ『脚本芸人』(フジテレビ系/6月22・23・24日各23時)のキャストとして、藤木直人、趣里、遠藤憲一、知念侑李、酒井若菜、佐久間由衣の出演が発表された。

【写真】Hey!Say!JUMP薮宏太&知念侑李、ものまねで“サッカー愛”アピール

本作は、吉住、水川、う大が脚本を1話ずつ担当し、3夜連続で放送。テレビ局の各部署で巻き起こるさまざまな出来事を、1話から2話、2話から3話へと連動する物語として展開していくオムニバスドラマ。

吉住が担当する第1夜には、藤木直人と趣里が出演。藤木がテレビ局エントランス出入り口を警備する警備員、趣里がスタジオでの撮影に出入りする女優にふんし、女優と警備員のコミカルなやりとりを繰り広げる。

ドラマ撮影で湾岸テレビに訪れた女優(趣里)は、顔パスでエントランスを通過しようと画策するも警備員(藤木)が壁となって立ちはだかる。連日同じような攻防を繰り返す中、二人の距離が縮まり始める。会話を通して、心を許し合っていく二人に見えたのだが…。独特のセリフ回し、終盤での衝撃の展開に“吉住節”がさく裂する。

水川かたまりが手掛ける第2夜に出演するのは、遠藤憲一とHey! Say! JUMPの知念侑李。映像編集室を舞台に、ベテラン編集マン・鳥越(遠藤)と若手ディレクター・布野(知念)の小気味良いテンポの会話劇が展開される。

ある理由でロケ映像がお蔵入りの危機に…布野が番組プロデューサー指示の下、急きょ鳥越に映像編集をお願いすることに。妻の出産を直前に控え、1秒でも早く帰宅したい布野だったが、鳥越はベテランゆえの余裕を見せてノロノロと編集するのだった。そんな2人にさらなる問題が襲いかかる…。

そしてラストを飾る第3夜の岩崎う大が手掛ける作品には、酒井若菜と佐久間由衣の出演が決定。テレビ視聴者からの意見やクレームに対応する部署「視聴者センター」に関するストーリーで、新人のオペレーター・美咲(佐久間)と先輩オペレーター・育恵(酒井)がやっかいな電話対応に挑む姿を描く。

初出社から3日しかたっていない新人・美咲は、前日に放送された番組に対する問い合わせに苦慮していた。先輩の育恵に助けてもらいながら何とか対応していたが、そんな美咲の元に、あやしい無言電話がかかってきて…。こちらも終盤にかけてとんでもストーリーに発展し、壮絶なラストに向かっていく…。

3夜連続ドラマ『脚本芸人』は、フジテレビ系にて6月22・23・24日各23時放送。

■関連記事
【写真】吉住、R‐1優勝に意欲賞金の使いみちは男子スポーツチーム買収「チヤホヤされたい」
【写真】酒井若菜「処女作が小説というのは誇り」 10年前のデビュー作が文庫化
【写真】遠藤憲一、“松田優作”風ショットに反響「すげークオリティ!!」「なんか似てます」
空気階段・水川かたまりがBLドラマ脚本を初執筆『メタモルフォーゼの縁側』劇中漫画「君のことだけ見ていたい」ドラマ化
吉岡里帆、初主演舞台で“スルメ姫”の世界へ作・演出はかもめんたる・岩崎う大
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ