瀬戸内寂聴さんドキュメント公開撮影秘話明かす中村裕監督に、大島新監督「寂聴さんの最後の恋が成就」とコメント

中村裕監督(右)と大島新監督

瀬戸内寂聴さんドキュメント公開撮影秘話明かす中村裕監督に、大島新監督「寂聴さんの最後の恋が成就」とコメント

5月27日(金) 19:00

提供:
2021年に亡くなった瀬戸内寂聴さんの生誕100年記念のドキュメンタリー映画「瀬戸内寂聴99年生きて思うこと」が、5月27日に公開され、中村裕監督と、「なぜ君は総理大臣になれないのか」(20)などで知られる大島新監督がトークを行った。

死の直前まで月刊誌、新聞の連載をこなす“現役”作家であり、月1の法話には全国から人が押し寄せる「最長寿の国民的アイドル」であった寂聴さん。駆け落ち、不倫、三角関係など、自らの体験を私小説の形で次々に発表し、世間のバッシングに晒されるも、作家として不動の地位を確立。51歳のとき出家し、以来、僧侶と作家という2つの顔を持ちながら活躍した。

中村監督は、寂聴さんを17年間を撮影したNHKスペシャル「いのち 瀬戸内寂聴 密着500日」(15/ATP賞ドキュメンタリー部門最優秀賞受賞)のディレクター。22年5月15日で満100歳を迎えるはずであった寂聴さんに長年寄り添い続け、日々の老いから、過去の恋愛まで互いに全てを報告するように。一方、寂聴さんは中村監督を裕さんと呼び、母親、先輩、友人、あるいは恋人のような、形容しがたい関係となった。

そのようなふたりの特別な関係性を映し出したことについて、中村監督は「NHKスペシャルの後、寂聴先生の記録をどうアウトプットしていこうかと、プロデューサーや友人と話して、次は“恋バナ”しかない。という話になった。僕自身は、ちょっと怖気づいていたところもあった。でも、僕にしか作れないものはそこにしかテーマはないなと。そういう進行だった」と明かす。

そのいきさつを聞いた大島監督は「それは大正解だったと思います。テレビではやりづらいテーマですが、映画というメディアでやったことで、ある種個人的なものにできる。“恋バナ”をやられてよかったと思いました。推薦コメントでも書かせていただきましたが、瀬戸内寂聴さんの最後の恋がこの映画によって成就した、と思ったんです。いわゆる一般的な意味の色恋というものを超越してると思うのですが、寂聴先生が朝日新聞に書かれた文章、私小説と呼んでよいものには、明らかに裕さんのことを書かれています。寂聴先生は裕さんにある種の恋心であり、親のような愛や心配など、色んな思いを抱いていたと思う」と感想を述べる。

中村監督「映画の冒頭で先生は『これは親子(の関係)みたいなもの』と仰るのですが、僕は『男女の関係ですよ』って早いうちから言っていました。普通、自分の肉親に何でもさらけ出してしゃべったりしませんよね。でも、お互いになんでも話してたんです。そういう相手ってほかにはいませんし、逆に本当の恋人同士だったら、話せないこともあるかもしれませんが、タブーみたいなものは全くなかった。本当に特殊な間柄で、先生も僕の話を面白がってくれたんです」

そして「映画では使っていないのですが、先生は昔からどういうタイプを好きになるのか聞いたところ、『私は窪みがある人を好きになって、その窪みを埋めたくなる』と仰っていて。それで、窪みが埋まると興味がなくなって離れると。だから僕は窪みが埋まらなかったのかも」と振り返る。

映画では、寂聴さんの恋愛、創作、そして波乱万丈の人生が本音で語られ、99歳を迎え、コロナ禍の日々などドラマティックな人生がスクリーンに映し出される。

そんな寂聴さんの素顔について大島監督は「改めて感じたのは瀬戸内寂聴さんっていう方は本当に人生の達人だと思う。本音で喋るし、自分に嘘をつかない。すごく面白かったのは、講話で『悪口は言っちゃいけない、だけど悪口を言いながら食べるご飯はめちゃくちゃ美味しい』なんて仰っている。あれってなかなかお坊さんには言えないこと。でもすごく真実というか、そういうふうに考えてもいいんだ、と教えてもらえる。あとは人を愛するということ、それは男女だけじゃなくて、誰かをすごく愛する気持ちをずっとお持ちだった」と述懐する。

中村監督は寂聴さんが出家した理由について「いろんなタイミングで何度か聞いていて、『自分でもよく分からない』と仰っているのですが、総合すると、男女の性愛を伴った感情って、やっぱり制御しきれないところがあって、で、仕事もしなければならない中で、先生はずっと愛の本質みたいなものを書きたいと思っていた。だからその邪魔な部分だけを断ち切るには、もう出家っていう手段しかなかった。そういうことなんじゃないかなと思ったんです」と持論を語った。

そのほか、肉好きで健啖家だった寂聴さんの食生活や、メールや電話でのやりとり、自身の死を予感するような発言など、中村監督だからこそ捉えられた映像についてトークが弾む。最後にふたりは「この映画は、機嫌良く長く生きるための勉強になる」(大島監督)、「反戦活動など、何かがおかしいと思ったらすぐ行動した人。皆さんの心の中で、先生だったらどうするのかな?と思ったり、先生の言葉をかみしめていただいたら」(中村監督)とメッセージを寄せた。

「瀬戸内寂聴99年生きて思うこと」は、全国で公開中。

【作品情報】
瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと

【関連記事】
男女の三角関係描く「あちらにいる鬼」原作者・井上荒野、寺島しのぶに「まるで寂聴さん」と太鼓判
瀬戸内寂聴原作「花芯」、村川絵梨が底の見えない愛にはまる予告編公開
瀬戸内寂聴の伝説的小説「花芯」映画化村川絵梨が女の性愛貫くヒロイン体現
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ