伊藤健太郎「味わったことのない感覚」2年ぶりの映画主演復帰の心境語る

伊藤健太郎

伊藤健太郎「味わったことのない感覚」2年ぶりの映画主演復帰の心境語る

5月17日(火) 22:34

俳優の伊藤健太郎が5月17日、都内で実施された映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の完成披露上映会に共演の小林薫、余貴美子、阪本順治監督と共に登壇。2年ぶりに映画主演復帰する今の心境を語った。

・「今はもう、失うものは何もない」伊藤健太郎に当て書きされた人間の業を紡ぐ物語

伊藤健太郎「賛否があるのは覚悟をしています」

映画復帰作の完成に伊藤は「こうしてスクリーンに戻れるんだとわかったときは嬉しかったし、あのタイミングで手を挙げてくださった阪本監督には感謝しかないという思いでいっぱいです」と言葉を噛みしめ、久々の舞台挨拶に「味わったことのない感覚というか、この景色が早く見たいとずっと過ごしていたので…。もう、すごく嬉しいです」と目に涙をためながら感慨無量の表情だった。

海運業を営む淳の父親・義一を演じた小林は「伊藤君の名前を見たときにニタッと笑いました。僕は阪本組が初めてだし、伊藤君の復帰第1作に呼ばれたことにも縁を感じました」と嬉しそうで、淳の母親・道子を演じた余も「伊藤さんは私たちおじさんおばさんの話をじっくりと聞いてくれる。すぐに親子になれたのは、健太郎さんがみんなに馴染んでくれる性格のおかげ。色々な意味で可愛がっていました」と伊藤の真っ直ぐさに好感。当の伊藤は「素敵な大先輩とお芝居できたことは今後の人生の財産でしかありません」としみじみしていた。

また伊藤は撮影初日を振り返り「クランクインには色々な思いがありましたが、1年くらい休んでいたこともあ
るので、正直怖かったです。でも現場に入ったら阪本組の温かい雰囲気の中で撮影することができました」と感謝し「とにかく石橋蓮司さんら大先輩の背中がカッコよかった。自分もこれから50年後、60年後とあのような姿でいられるよう頑張りたいと思いました」とリスペクト。すると余は「蓮司さんの背中って言ったって『立ったまま靴下はけねえ』とかそんなボヤキばかり。でも伊藤君はそれをずっと聞いてくれる」と振り返り、会場を笑わせた。

伊藤を抜擢した阪本監督は、伊藤の魅力について「彼の魅力は映画を見てもらえればわかります。一言でいうと、スクリーンの似合う子。アップに耐えられる人です」と断言。作品完成に「この映画の話を受けてから撮影が動き出したときに、健太郎君のことを待っている人達の前にお連れするのが仕事だったので、それがこの日だと思ったら感慨深くなりました」と思いもひとしお。

主演の伊藤も「映画復帰作という形で携わらせていただきました。賛否があるのは覚悟をしていますし、公開するにあたり怖い部分もありますが、自分があのタイミングでできる最大の力は出し切ったつもりです。自信を持ってお届けできると思っています」と、ここまでの道のりを支えてくれた人々への感謝も口にしながら、全国公開を待ち望んでいた。

『冬薔薇』は6月3日公開より全国公開。

【関連記事】
『美しい彼』映画化決定! 萩原利久×八木勇征トークイベント速報!
神尾楓珠、恋は「好意の延長線上にあるもの」
永野芽郁、評価額1100億円以上のユニコーン企業のCEOになる!? ドラマ『ユニコーンに乗って』7月放送
“ロクデナシ”演じた伊藤健太郎に、余貴美子は「力むことなく、ずっと優しく穏やか」
MOVIE Collection

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ