北川景子、55歳から「肉体改造をしたい」と意欲!岸井ゆきのは爆笑勘違い

北川景子、肉体改造願望を告白!

北川景子、55歳から「肉体改造をしたい」と意欲!岸井ゆきのは爆笑勘違い

5月10日(火) 11:26

立川志の輔による伊能忠敬をテーマにした新作落語を映画化した『大河への道』(5月20日公開)の先行プレミア上映イベントが5月9日都内で行われ、主演の中井貴一、共演の松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、溝口琢矢、平田満、橋爪功が参加。肉体改造トークに北川が大照れとなる一幕があった。
【写真を見る】北川景子、真っ赤なドレスの全身ショット

55歳から地図作りを始めた伊能忠敬にちなんで、「55歳から始めたいことは?」と聞かれた北川は「肉体改造をしたい!」と回答。理由については「55歳を超えるとだんだん体が衰えていくので、そこで私は逆行したい。55歳からさらに若返る。山登りとかをして足腰を鍛えて見た目というか体の中から」と解説した。しかし「肉体改造」という言葉に反応した岸井から、「ムキムキになるのかと思った!」と爆笑されると、北川は「私変なこと言っちゃった!?」と大慌ての赤面だった。

一方、松山は「家を一人で建ててみたい。職人の手を借りず、基礎から作ってみたい。基礎とか作ったことがないので、穴を掘ってやりたいですよね。一人でやってみたいです。そうなると重機の免許も必要かな」と本格的DIYを希望。溝口は「国内で行ったことのない場所に行ってみたい。世界旅行もいいかなあ?と思ったけれど、でも55歳になると飛行機に乗るのも大変そうだし…」とまさかの失言で、還暦の中井から「大変じゃねえよ!飛行機くらい乗るよ!だったら橋爪さんはどうなるんだ」と公開説教を受けていた。

また松山はプライベートでも親交のある中井との共演に、「普段話している雰囲気そのままというか、こんなに笑わせてくれる方はいない。僕は貴一さんのリアクションや話術でずっと笑っている。その雰囲気が役柄の間柄として出ています。だから仕事をした感じがしない」と喜色満面。それに北川は「2人共ずっと笑っていて、子ども同士がじゃれ合っているみたい。見ていてうらやましかった」と目を細めて、「なにを話しているのかなあ」と気になっていたという。それに中井は「芝居をやるときに子役や動物たちと仲良くなるような、そのレベルで松山くんとはやり取りをしていました」とすっかり松山を愛でていた。

取材・文/石井 隼人


【関連記事】
中井貴一が立川志の輔にかけた一本の電話。『大河への道』に込めた、“時代劇”への想いとバトン
令和と江戸の2時代を舞台に“日本地図完成”の真実に迫る!『大河への道』場面写真一挙公開
中井貴一「志の輔師匠の偉業を後世に残したい!」念願の企画『大河への道』は「裏方に徹するつもりでした」
中井貴一&松山ケンイチが「平清盛」以来の共演!『大河への道』特報映像が公開
中井貴一が惚れ込んだ立川志の輔の創作落語を一人二役で映画化!共演は松山ケンイチ&北川景子
MOVIE WALKER PRESS

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ