阪本順治×伊藤健太郎でおくる映画『冬薔薇』、予告編&ポスター&場面写真解禁

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』ポスタービジュアル (C)2022 「冬薔薇(ふゆそうび)」 FILM PARTNERS

阪本順治×伊藤健太郎でおくる映画『冬薔薇』、予告編&ポスター&場面写真解禁

4月28日(木) 11:00

俳優の伊藤健太郎が主演する阪本順治監督最新作『冬薔薇(ふゆそうび)』より、予告編、ポスタービジュアル、場面写真が解禁された。

【動画】伊藤健太郎、小林薫、余貴美子ら映画『冬薔薇(ふゆそうび)』予告編

本作は、阪本監督がオリジナル脚本で描く最新作。オールロケ撮影で切り取られた横須賀の風景の中、人間の業を切なくはかなく紡ぐ。2年ぶりの映画出演となる伊藤が、主人公の青年・渡口淳を演じる。主人公の両親役は、小林薫と余貴美子。そのほか、眞木蔵人、永山絢斗、毎熊克哉、坂東龍汰、河合優実、佐久本宝、和田光沙、笠松伴助、伊武雅刀、石橋蓮司と実力派俳優陣が集結している。

ある港町。専門学校にも行かず、半端な不良仲間とつるみ、友人や女から金をせびってはダラダラと生きる渡口淳(伊藤)。“ロクデナシ”という言葉がよく似合う中途半端な男だ。両親の義一(小林)と道子(余)は、埋め立て用の土砂をガット船と呼ばれる船で運ぶ海運業を営むが、時代とともに仕事も減り、後継者不足に頭を悩ませながらもなんとか日々をやり過ごしていた。淳はそんな両親の仕事に興味も示さず、親子の会話もほとんどない。

ある日淳は、不良グループ同士の揉め事で足に怪我を負い入院するが、頼みのグループからも距離を置かれてしまう。そんな折、淳の仲間が何者かに襲われる事件が起きる。そこに浮かび上がった犯人像は、思いも寄らぬ人物のものだった…。

予告編は、母・道子(余)の「冬に薔薇って書いて、ふゆそうびって読むんだって」というセリフから始まる。足をケガするも、仲間からは「群れてりゃ虚勢張れるし、それだけなら邪魔なんだよ」と距離を置かれる淳。そんな何をやっても中途半端な淳に、母の道子は「あんた、背筋がぞっとしたことなんてないでしょ」と言い放つ。父の義一(小林)は息子を想い「自分で気づくの待ってんだけどね」と苦悩をにじませる。

家族や友人、自分自身の過去と向き合うことなく、ずっと逃げてきた淳。「俺さ、ひでぇことしてきたかなって」とつぶやくと、船の機関長・沖島(石橋)から「これからはするな」と諭される。映像では淳だけでなく彼を取り巻く人々にも焦点が当てられており、それぞれに心の欠損を抱えた寄る辺なき者たちが織りなす物語の一端が垣間見える予告編となっている。

ポスタービジュアルは、登場人物たちの姿を切り取ったもの。振り返りながらどこか遠くを見つめる淳、ガット船「渡口丸」のブリッジ(操舵室)に立つ義一、冬薔薇の苗木を見つめる道子が配置され、「ずっと逃げてきた。見つめることが怖かった。行き場所のない魂は、どこに流れ着くのか」「儚く切なく紡がれる、“寄る辺なき者たち”の物語」というコピーが添えられている。

映画『冬薔薇』は、6月3日より全国公開。

■関連記事
【写真】阪本順治監督最新作『冬薔薇(ふゆそうび)』場面写真ギャラリー
【写真】伊藤健太郎の両親役に小林薫、余貴美子映画『冬薔薇(ふゆそうび)』
【動画】阪本順治監督『冬薔薇』主演・伊藤健太郎のコメント入り特報
【動画】阪本順治監督×豊川悦司主演『弟とアンドロイドと僕』予告
伊藤健太郎、2年ぶり映画主演阪本順治監督が当て書きしたオリジナル『冬薔薇』
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ