松重豊、小林聡美との共演に「思春期に戻ってしまう」

映画『ツユクサ』完成披露プレミアイベントに出席した(左から)ベンガル、斎藤汰鷹、小林聡美、松重豊、平山秀幸監督 クランクイン!

松重豊、小林聡美との共演に「思春期に戻ってしまう」

4月18日(月) 20:40

女優の小林聡美と俳優の松重豊が18日、都内にて開催された映画『ツユクサ』完成披露プレミアイベントに、斎藤汰鷹、ベンガル、平山秀幸監督と共に出席。松重が、小林との共演に「思春期に戻ってしまう」と心境を明かす一幕があった。

【写真】小林聡美、松重豊らが登壇映画『ツユクサ』完成披露プレミアイベント

本作は、過去を抱えながらも「今」を生きる主人公・五十嵐芙美にこれから訪れるだろう幸せや希望をさわやかに映し出した“大人のおとぎ話”。隕石(いんせき)に当たるというあり得ない確率の出来事に遭遇した主人公に訪れる、小さな奇跡の物語を平山監督がさわやかに描き切る。

芙美と、松重演じる篠田吾郎のラブストーリーでもある本作。小林は「私はあんまり恋愛絡みのシチュエーションがこれまでなくて、そういったことが台本に書かれていたのでちょっとドキッとしました。でも物語の流れの中で自然に演じられればいいなと思って、あまり考えないようにして撮影に臨みました」と語った。

松重は「小林さんっていうのは、(自分が)思春期の頃にスクリーンの向こう側にいた方っていうイメージがあるんですよ。僕自身がキュンと思春期に戻ってしまうので、そこが冒険でもあり照れ臭くもあり、新鮮な感覚でしたね」と撮影を回顧。「向こう側にいる人と、なんで僕が今、恋をしているような感覚になっているだろうというのは不思議」としみじみと振り返った。

作品のストーリーにちなみ、キャスト陣に「最近起きた奇跡」を語る場面では、松重が新幹線で偶然、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんと出会ったエピソードを告白。松重が新幹線に乗り込んだところ、松重が座るはずであった席にみやぞんが座っていたのだという。「すいません」と声を掛けた松重にみやぞんは立ち上がって「お久しぶりです!」とあいさつしたそう。

松重は「芸人さんは初めて会った人でも『お久しぶりです』って言うように教育されてるのかなと思って、『でも待てよ』と一応調べたら、(みやぞんが)芸人さんをやる前に、あるドラマのエキストラで野球部員として入っていたというのがウィキペディアに書いていて、その野球部の監督を僕がやってたんですよ。『その時のことを言ってたんだ!』と思って探したんですけど、(みやぞんは)降りてもういなかったですね。結構奇跡でした」と奇跡的な出会いを明かし、場を盛り上げていた。

映画『ツユクサ』は4月29日より全国公開。

■関連記事
映画『ツユクサ』松重豊&監督が主演・小林聡美の魅力を語る「何気ない会話がワクワク」「永遠の少女」
小林聡美×松重豊『ツユクサ』、昭和の名曲「あなたの心に」が胸に響く予告映像解禁
小林聡美と松重豊の楽し気なデート姿も映画『ツユクサ』場面写真解禁
小林聡美主演の“小さな奇跡”の物語『ツユクサ』4.29公開本予告&ポスター解禁
小林聡美主演、松重豊共演で贈る大人のおとぎ話『ツユクサ』発表監督は平山秀幸
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ