『週刊文春』に訴えた水原希子は「大号泣インスタライブ」、鈴木砂羽は「この男はただただ女を消費する」ブチギレ“濃厚匂わせ”発信、吉高由里子、夏帆…「園子温に激怒する女優たち」!

水原希子、鈴木砂羽、吉高由里子、夏帆

『週刊文春』に訴えた水原希子は「大号泣インスタライブ」、鈴木砂羽は「この男はただただ女を消費する」ブチギレ“濃厚匂わせ”発信、吉高由里子、夏帆…「園子温に激怒する女優たち」!

4月15日(金) 7:05

提供:
映画監督で俳優の 榊英雄 (51)、俳優の 木下ほうか (58)、映画監督の 園子温 氏(60)、さらには4月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)には園監督の右腕として知られた映画プロデューサーの梅川治男氏(61)に性被害を受けたという女性の告発が掲載されるなど、相次ぐ“女優への性加害疑惑”にエンタメ界が揺れている――。

今回の騒動を受け、園氏は 東出昌大 (34)が主演を務め、来年WOWOWで放送予定の新作ドラマの監督を降板したという。

4月14日発売の『週刊文春』には、梅川氏がプロデュースを手掛け、2021年4月からNetflixで配信されている『彼女』で主演を務めた 水原希子 (31)のコメントが掲載。

水原はもともと芸能界には性加害のような側面がずっと存在しており、自身も男性監督から言葉のセクハラにあたるような発言を多々されてきたと振り返った。また、業界では大勢のスタッフの前で脱いで演じきるのが「立派な俳優だ」といった歪んだ捉え方を押しつける暗黙の了解が存在していあっとも告白。さらに、園監督にまつわる噂も以前から耳にしており、周囲の役者も警戒していたと明かした。

そして、制作者側から「映画に出すよ」などと言われ、被害に巻き込まれるようなことは絶対に起きてほしくはないとし、日本の芸能界、映画界には真っ直ぐな思い出作品に向き合う人もたくさんいると綴った。

そんな水原は4月13日、インスタグラムライブを行なって自身のコメントが掲載された同日配信の『文春オンライン』について言及。

配信開始直後から水原は号泣しており、6分間に及ぶ沈黙ののち「すごく苦しいです」とコメント。

水原は「今日、『文春オンライン』で記事が出て、それは私が伝えたかったことなんですけど……。今このタイミングで伝えることが一番意味があるんじゃないかと思って取材を受けました。出た順番が自分の思ってた順番じゃなかったから驚いちゃったんですけど、ちゃんと伝わるような記事を出してくれると願っています」と話した。

また、「昔から、自分の身に起きたことを正直に言ってきたほうだと思うんですけど、それがニュースになって大きくなればなるほどいろいろなことを言われたり……。またこいつだって言われたり」と話すと、再び堰を切ったように涙を流した。

そして、「最近そういうことを言うのが怖くなっちゃって。どうしたって見ちゃうから。自分が体験したことだし、戦ってきたことがみんなに伝わる形で記事になってほしい。自分が伝えたことがちゃんと伝わらないんじゃないかと思うとすごくフラストレーションが溜まって苦しい」と訴えた。

■鈴木砂羽が綴った監督への怒りと「ナメんじゃねーぞ。」の衝撃

ワイドショー関係者は話す。

「水原さんだけではありません。女優への性加害報道の過熱とともに、その当事者で、“被害者”である多くの女優が声を上げています。特に園監督に対して怒りをにじませているとされる女優は少なくありません」

鈴木砂羽 (49)は4月14日までにコンテンツ配信サービス「note」に「無性に書きたくなって。」と題した文章を公開。

自身を次回作の主演に指名していた監督の作品の試写会を訪れ、その後に監督と関係者を交えて会食したときのことを振り返る内容で、鈴木は試写会で見た監督の作品に心が動かなかったことを伝えたところ、「海外の映画賞を多数取ったばかり」だという監督は自分の功績を語り始めたという。

そして、酒に酔った勢いで、鈴木の過去作品やそれらを手掛けた監督を罵倒し、隣にいたプロデューサーも監督と一緒になって怒りを露わにしていた。さらに、過去に交際していたという女優の名前を出し、その女優が売れたのは自分の功績だとも豪語。

会食の途中でかかってきた電話に鈴木が思わず出たところ、監督の怒りはピークに。鈴木のマネジャーは謝罪したものの、鈴木自身はすでにその監督の作品に出演する気は失せていたという。

当時の思いを、鈴木は「なんだあいつら。そっか、最初にマウント取りたかったんだろね。そんなに屈服させたかったんだ。俺らをチヤホヤしない生意気な女優をけちょんけちょんに貶めたかったんだな。誰があんたらに屈服や、ましてや崇拝なんかするかってのー」と綴り、「ナメんじゃねーぞ。」と言い捨ててその場を去ったとも明かしている。

「鈴木さんは、“この男はただただ女を消費するんだ”“どうしようもなく嫌な男”とも綴っています。彼女は監督やプロデューサーの名前を出してはいませんが、SNSでは、この監督について、時期的に『地獄でなぜ悪い』や『冷たい熱帯魚』など海外の映画賞で受賞していた園監督ではないかと推察されています。

隣にいたプロデューサーも、2009年の『愛のむきだし』や2012年の『ヒミズ』を手掛けた梅川氏である可能性も指摘されているようです。園監督、梅川氏の報道が出た直後のタイミングでもありますからね」(前同)

■夏帆は騒動前から園子温監督に“不信感”!?

園監督の性加害疑惑報道を受け、園監督がメガホンをとった2006年の映画『紀子の食卓』でデビューした 吉高由里子 (33)も4月6日に「はぁ…なんかそんな件で名前を聞きたくなかった方々が…よくない。優越ある地位を利用して夢に向かう姿を欺くなんて。本当に残念」とツイート。

続けて、「被害者の方は名前を見るだけで深く長く強く苦しむんだから悲しいやそんな世界だと思われてしまう真摯に熱意をもって作ってる方達に失礼です」と怒りをにじませた。

夏帆 (30)は、今回の騒動が始まる前から園監督に不信感を抱いていたのではないかと、4月11日の『東スポWeb』では報じている。

夏帆は2013年に放送された、園監督によるドラマ『みんな!エスパーだよ!』(テレビ東京系)でヒロイン役を務めている。

デビュー以来、清純派女優として支持されてきた夏帆だが、同作ではヤンキーの女子高生役を演じ、当時話題を呼んだ。

「記事によると、当初は聞かされていなかった下着姿の露出や性的なセリフもあることについて、所属事務所も含めて困惑したといいます。そのため、2015年公開の映画版のオファーを受けることはなく、映画版で同じ役を演じたのはオーディションに受かった、当時駆け出しだった 池田エライザ さん(25)でした。

ドラマ版から引き続き、映画版には 染谷将太 さん(29)や 真野恵里菜 さん(31)は出演しているものの、ドラマ版でヒロインを務めた夏帆さんが出ていないというのは、たしかに夏帆さんの中で出たくない理由があったと考えられますよね」(前出のワイドショー関係者)

女優たちの訴えにより、数年前にハリウッドを中心に大きなムーブメントとなった「#MeToo運動」が、日本でもようやく火がつき始めている――。




【関連記事】
「やっぱりセクシー」「爽やか」セクゾの中島健人と菊池風磨を抑え込んだトップは!?「入浴シーンが見たいジャニーズ」トップ3【ランキング】
NHK朝ドラ『ちむどんどん』に『カムカムエヴリバディ』超えの予感!三浦春馬さんの“娘”、木村拓哉の“息子”「豪華すぎる子役たち」、学校は実は栃木「仰天ロケ地」、「超徹底のウチナーグチ」…知られざる「3つのヒミツ」!!
色気&好感度高めなキンプリ平野紫耀もランクイン!「入浴シーンが見たいジャニーズ」第4位以下【ランキング】

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ