木村拓哉の“俺様キャラ”はもう限界?テレビ朝日『帰れマンデー』共演者の「ヨイショ」にブーイング「うっとうしい」!よいパパファミリー路線との「キャラブレ迷走中」

木村拓哉

木村拓哉の“俺様キャラ”はもう限界?テレビ朝日『帰れマンデー』共演者の「ヨイショ」にブーイング「うっとうしい」!よいパパファミリー路線との「キャラブレ迷走中」

4月15日(金) 7:00

提供:
タレントで俳優の 木村拓哉 (49)が4月11日に放送された『 帰れマンデー見っけ隊!! 』(テレビ朝日系)の人気企画“帰れま10”に出演。共演者からヨイショされまくったところ、その過剰な気遣いに違和感を覚える視聴者が相次いだ。

木村は主演ドラマ『 未来への10カウント 』(同局系)で共演する女優の 満島ひかり (36)、俳優の 安田顕 (48)らとともに登場し、表参道にある回転寿司店の“人気メニュートップ10”を当てる企画に挑戦した。木村はこれまで同企画に4回、挑戦していて、ノーミス8連勝が最高記録。今回は悲願のパーフェクトを狙う気まんまんだった。

その冒頭、MCを務める タカアンドトシ トシ (45)が、木村に「もう“帰れま10”5回目の出演ということでありがとうございます」と深く感謝。これを聞き、安田が「木村さん5回目ですよ。本気ですから。プレッシャーでしかないです」と不安を吐露すると、トシは「外せないですよね」と激しく同意していた。

そんな中、番組では店の魅力をVTRで紹介。テロップで“女性客”という文字が強調されていたのだが、木村がそれを「いまのVTRの中にも“女性客”っていうところだけが文字の色が変わってたんですよ」と指摘したところ、タカアンドトシの タカ (46)や満島は「見てますね~!」「さすが~!」とその鋭い分析に驚きの声をあげていた。

■視聴者からはブーイング

このように、番組前半から出演者が木村を気遣ったり、持ちあげたりする場面が目立っていたが、その後もこうしたやりとりはエスカレート。ドラマ『未来への10カウント』の主人公が1度挫折したボクサーという設定にちなんで、木村らの挫折した経験について事前にアンケートした内容が発表された際には、「(挫折なんて)してらんね~!」という木村の回答が明かされ、出演者から「かっこいい~!」という称賛の声が一斉にあがっていた。

また、ノーミスのまま、4品目を担当した満島が安パイであるマグロの赤身を選ぼうとしたところ、その後に解答する児嶋が顔面蒼白となる事態に。同じネタに狙いをつけていたようで、児島が「(解答の順番が)回ってきたと思ったら、怖いなぁと思って」と嘆くと、番組では「木村の前で外せないプレッシャー」というテロップが映し出されていた。

さらに、悲願のパーフェクト目前で ブラックマヨネーズ 小杉竜一 (48)が不正解すると、木村は不機嫌そうな表情を浮かべていたのだが、以前も小杉は不正解を出してパーフェクトの夢を打ち砕いていたことから、「死にます、俺」とつぶやき、深く反省していた。

結果、木村らは17品目でようやく10位まで当てることに成功。しかし、結果よりも、木村に対する共演者の尋常ではない気遣いやヨイショが気になった視聴者は多かったようだ。ネット上では「キムタクがこの番組に出る度に思うけどなんかヨイショが激しくて見てて疲れる」「キムタクがバラエティ番組に出ても、うっとうしいだけだな。言ってる事も全然おもしろくないし、周りは必要以上にヨイショして持ち上げて。アホらし」などといった反響が相次いでいた。

■最近は親しみやすい顔も見せ

実は、“帰れま10”で木村へのヨイショがブーイングを浴びたのは、これが初めてではない。20年6月29日の放送回だ。 四千頭身 後藤拓実 (25)が木村のアドバイスを無視して不正解となったのだが、続く、 石橋遼大 (25)は木村の予想に従い、見事正解していた。そんな中、トシが「ほら、聞いとけよ!黙って聞いておけばいいんだから!」と後藤にダメ出しすると、木村はうれしそうにガッツポーズをしていたのだが、このヨイショにも、当時は視聴者から批判的な声が数多くあがっていた。

木村が共演者からヨイショされるのは、従来からの“俺様キャラ”に一因があることは間違いないだろう。だが、最近はそうしたキャラにも変化の兆しが見え始めている。4月12日放送の『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)では、“ひき肉を使わないミートソースパスタ”や“専用器具なしで作れる超巨大押し寿司”などのオリジナル料理を披露。また、現在配信されているネット番組『 木村さ~~ん! 』(GYAO!)では、初めて訪れた100円ショップでの買い物に大興奮し、俺様キャラとは正反対の家庭的な姿がファンの間で好評なのだ。

俺様からジリジリと家庭的なキャラへ、シフトチェンジしつつある木村。年齢的にも俺様キャラには陰りが見えつつあるだけに、ちょうどいい潮時なのかもしれない。

■インスタでは相変わらずのキムタク

なにをやっても「キムタク」としてキマってしまう木村拓哉。それもひとつの悩みなのかもしれない。

※画像は木村拓哉公式インスタグラム「takuya.kimura_tak」より


【関連記事】
「やっぱりセクシー」「爽やか」セクゾの中島健人と菊池風磨を抑え込んだトップは!?「入浴シーンが見たいジャニーズ」トップ3【ランキング】
NHK朝ドラ『ちむどんどん』に『カムカムエヴリバディ』超えの予感!三浦春馬さんの“娘”、木村拓哉の“息子”「豪華すぎる子役たち」、学校は実は栃木「仰天ロケ地」、「超徹底のウチナーグチ」…知られざる「3つのヒミツ」!!
色気&好感度高めなキンプリ平野紫耀もランクイン!「入浴シーンが見たいジャニーズ」第4位以下【ランキング】

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ