山本千尋、映画「キングダム2」“羌象”役で出演決定!「信念を貫く役どころ、光栄に思います」

「キングダム2遥かなる大地へ」に出演が決定した山本千尋/(C)原泰久/集英社 (C)2022 映画「キングダム」製作委員会

山本千尋、映画「キングダム2」“羌象”役で出演決定!「信念を貫く役どころ、光栄に思います」

4月14日(木) 16:49

大ヒットした2019年公開の映画「キングダム」の続編となる「キングダム2遥かなる大地へ」(7月15日[金]公開)で、女優の山本千尋が、羌瘣(キョウカイ)の姉というべき存在・羌象(キョウショウ)を演じることが発表された。山本は「動乱の世界で生きた1人の女性として、また妹を守る姉として、信念を貫く羌象という役どころを務めさせて頂けたこと、非常に光栄に思います」と意気込みをコメントしている。

■清野菜名“羌瘣”に影響を与える

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006 年 1 月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、現在までに単行本は64巻まで刊行され、累計発行部数8700万部超(2022年2月現在)を記録している。

実写化不可能とも言われていたこの大ヒット漫画を原作とする映画「キングダム」は、2019年 4月19日に公開し、邦画史上最大級のスケールで描かれたエンターテインメント超大作として多くの支持を得た。興行収入は57.3億円を突破し、2019年に公開された邦画実写作品で見事、No.1を獲得。数々の映画賞にも選出されるなど、映画界に大きなインパクトを与えた。

そして今年7月15日(金)に公開を控えた「キングダム2遥かなる大地へ」に山本が出演することが発表された。哀しみの一族とも呼ばれる伝説の暗殺一族“蚩尤(しゆう)”。山本が演じる羌象は、羌瘣(清野菜名)と同じ一族で姉妹のように育つ。夢は「外の世界を見ること」。この夢が羌瘣に大きな影響を与えることになる。

山本のキャスティングに関して、制作サイドは「羌象は、強く優しく、羌瘣にとって圧倒的な憧れを持つ実の姉のような存在です。超越した強さを持つ羌瘣役の清野菜名さんが、その存在を慕う説得力が必要でした。そこで、世界ジュニア中国武術選手権大会で金メダルを獲得し、原作ファンの皆さんご存知の通り、『キングダム』連載10周年記念特別動画で羌瘣を演じた、その説得力と演技力を持つ、山本千尋さんこそ、羌象を演じていただくベストな方でした」とコメント。

過去に中国武術の世界大会において様々な部門で優勝をした経歴を持つ山本だけに、アクションにも期待が高まる。

■山本千尋コメント全文

動乱の世界で生きた1人の女性として、また妹を守る姉として、信念を貫く羌象という役どころを務めさせて頂けたこと、非常に光栄に思います。演じるにあたり、成し遂げるべき使命、そしてまた導かれるものを考えながら素晴らしいキャスト・スタッフの皆様とキングダムという壮大な物語の中で尊い時間を過ごさせて頂けたと思います。『遥かなる大地へ』『生きろ』というテーマが、今届けるメッセージとして皆様に響く事を願っております。


【関連記事】
ABEMAオリジナルドラマ「30までにとうるさくて」スピンオフドラマ「結婚してとうるさくて」配信開始“まだ結婚したくない男の心をリアルな男性視点で”
山本千尋、「封刃師」に二刀流の“新・封刃師”役で出演!早乙女太一自らラブコール
山本千尋、「EXTREME ACTION」を経て思い新たに「今後もアクションを磨きたい」<インタビュー>
佐野勇斗、NY発コスメブランド「ローラ メルシエ」コンセプトムービーのアンバサダーに就任!ムービーには山本千尋も出演
山本千尋、「着飾る恋には理由があって」に横浜流星“駿”の元カノ役で出演!
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ