東出昌大が詩人・三好達治に萩原朔太郎回顧展記念映画「天上の花」今冬公開

戦争の時代に翻弄され、詩と愛にに生きた人々を描く文芸ドラマ

東出昌大が詩人・三好達治に萩原朔太郎回顧展記念映画「天上の花」今冬公開

4月4日(月) 12:00

提供:
今秋に開催される萩原朔太郎の大回顧展「萩原朔太郎大全2022」の記念映画として製作された「天上の花」が、2022年初冬に公開される。主役の三好達治役に東出昌大、ヒロインの慶子役に入山法子。そのほか吹越満、有森也実、萩原朔太郎の孫である萩原朔美、漫画家の浦沢直樹らが出演する。このほど、2種類のティザービジュアルも公開された。

1966年に発表された、萩原朔太郎の娘である萩原葉子の同名小説「天上の花三好達治抄」の映画化。戦争の時代に翻弄され、詩と愛に葛藤し、懸命に生きた人々を描く文芸ドラマ。脚本を担当したのは五藤さや香と、これまで数多くの脚本を手掛け、近年では監督・脚本作「火口のふたり」(19)で多くの賞を獲得した荒井晴彦。監督は「いぬむこいり」(17)の片嶋一貴。萩原朔太郎に師事した三好達治を東出、萩原朔太郎の妹で美貌の慶子に入山、萩原朔太郎を吹越、詩人の佐藤春夫を浦沢が演じる。そして原作者の萩原葉子を母に持つ萩原朔美、有森也実、林家たこ蔵、鎌滝恵利が共演する。

萩原朔太郎を師と仰ぐ三好達治は、朔太郎の美貌の末妹・慶子と結ばれることを望むが、貧乏書生と侮られ拒絶される。しかし十数年後、慶子が夫と死別すると、三好は妻子と離縁して慶子と結婚。時は 太平洋戦争の真っ只中、身を隠すように越前三国にひっそりと新居を構えた二人には、雪深い冬の過酷な生活が待ち受けていた。三好は純粋な文学的志向と潔癖な人生観の持ち主であり、奔放な慶子に対しする一途な愛と憎しみが、いつしか激情とともに制御できなくなってゆく。

「天上の花」とは、仏教用語で曼珠沙華、彼岸花の別名。燃えるような赤い花は情熱の象徴である一方、有毒性をもつ。これを食した後は「彼岸」つまり「死」しかないという説もある。

2022年初冬に新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開。

【作品情報】
天上の花

【関連記事】
【特別インタビュー】東出昌大、夭折の作家・佐藤泰志に寄り添い続けた函館での日々
東出昌大、佐藤泰志原作「草の響き」で3年ぶり映画主演! 函館の街を黙々と“走る男”に
東出昌大、ボクサー演じた松山ケンイチの役作りに驚き「完全にジムの住人」

(C)2022「天上の花」製作運動体
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ