小倉優子「別居ネタ」ぞくぞく解禁で「頑張るシンママ」売りのしたたかさ、ギャル曽根と目指す「時短料理の女王」

小倉優子

小倉優子「別居ネタ」ぞくぞく解禁で「頑張るシンママ」売りのしたたかさ、ギャル曽根と目指す「時短料理の女王」

11月23日(火) 8:30

提供:
 タレントの小倉優子(38)が、11月17日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)の2時間スペシャルに、親友のギャル曽根(35)と出演。18年12月に結婚した夫との別居生活など、苦しい家庭事情について涙ながらに語っていた。

 3000人の社長を鑑定しているという、家相占い師・村野弘味は、小倉は“異性と揉める”という宿命を生まれ持っているとし、15年の32歳のときから一気に流れが変わり、20年までは人生の“底”だったと鑑定。また、引っ越した時期が大きく運気に関わっており、15年の転居が“大凶転居”で、人生の流れが変わったはずと言うと、小倉の引っ越し歴について、15年は大凶、19年も大凶で家族崩壊。21年の転居でやっと“大凶転居”から抜けていると語った。

 すると、小倉は「(19年に)引っ越して1か月ちょっとで旦那さんがいなくなっちゃった」と告白。続けて、小倉は「その後、コロナもあったので、ずっと家で子どもたちと過ごして。あの家は思い出したくない。曽根ちゃんに泣いて電話してた家ですね」と明かした

 これにギャル曽根も「本人が悪くないのに、悪く言われたり、スゴい多かった時期」だったと語ると、小倉は「私が悪かったとは思ってるけど、でも、苦しかったかなぁ」と回顧。村野が「そんなに苦しく生きなくて大丈夫だから」と語りかけると、小倉は大粒の涙をこぼした。

 小倉は11月8日放送の『ラヴィット!』(TBS系)で、“簡単にチャチャっとできるのに超絶品”というテーマで、自身の料理を紹介した際、MCの麒麟川島明(42)に「これはどういったときに作るんでしょう?」と問われ、「前はけっこう、お家にお客様が来てくれたので」とコメント。別居を匂わせる「前は」という表現に引っかかったのか、共演者がザワつき、抑えた笑いが起こると、小倉は「違う違う。今、こういう時期なので。私のことじゃなくて」と大慌てで否定するなど、別居ネタのイジリに対応していた。

■シンママ路線で巻き返しなるか?

 また、前日放送の『100%!アピ~ルちゃん』(TBS系)では、自宅を初公開すると、別居について「一時期は自暴自棄じゃないけど。出産して仕事を休んで、もう芸能人として戻れないんだな。一人で三人を抱えて、どうしようかなって」と涙ぐみながら振り返っていた。

 以前と違い最近の小倉は開き直って別居をオープンにしている。目を引くネタで減ってしまった露出の機会を増やそうとしているようなのだが、以前のような普通のママタレ路線では、ライバルが多すぎる。そこで目をつけたのが、シンママ路線なのではないだろうか。

 小倉は以前より料理をアピールしていたが、最近はYouTubeの料理動画の再生回数が右肩上がり。時短料理など、時間のないシンママならではの工夫をアピールしていけば、生き残りの可能性もあるだろう。

 今回の占いで、村野に「もっと甘え上手にならないとダメ。自分で何かをスゴく頑張るよりも、周りの力を借りて頑張ったほうがいい人。味方を作るほうが運気が上がります」とアドバイスされてた。やはり料理上手のギャル曽根の力を借り、シンママのための時短料理をアピールしていけば、巻き返すことができるかもしれない。

■小倉優子が毎日作るお弁当が大人気!

 料理は長男が手伝ってくれることも。つらさを感じさせないアットホームな雰囲気が人気となってい

る。

※画像は小倉優子公式インスタグラムアカウント「ogura_yuko_0826」より


【関連記事】
大谷翔平の噂の彼女・狩野舞子“大粒ダイヤにウルルンリップ”のドアップショットに「結婚?」の声
ダウンタウン浜田雅功に「フジテレビ大嫌い」説!「コンビレギュラーなし、特番『ラフ&ミュージック』も松本人志のみ、TBSとがっちりタッグ」で…!?
BTSのRMが唯一「ルイ・ヴィトン」のバッグを選ばなかった「驚きの理由」とは!?【画像】

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News