『M-1』準々決勝、EXIT&ミキほか有力コンビ敗退 KOC王者も

(左上から時計回りで)EXITのりんたろー。、兼近大樹、ミキの亜生、昴生  クランクイン!

『M-1』準々決勝、EXIT&ミキほか有力コンビ敗退 KOC王者も

11月18日(木) 15:17

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)の準決勝進出コンビが決定。125組から25組へと絞られる厳しい準決勝で、EXITやミキなど、バラエティ番組で活躍中のコンビが早くも敗退という結果となっている。

【写真】マヂカルラブリー、箱根登山鉄道から“つり革”贈呈されたと報告 『M-1』決勝でネタに

 ミキのほか、ウエストランド、カミナリ、すゑひろがりず、トム・ブラウンといった決勝進出を経験したコンビが敗退。さらに、EXITは今年も準決勝に届かず。3年連続の準々決勝敗退となった。

 さらに、『キングオブコント2013』王者のかもめんたる、『キングオブコント』常連のトリオ、GAGも準々決勝の壁を突破できなかった。

 そのほか、“毒舌”でバラエティで名を馳せている鬼越トマホークや、個人事務所を開設している男女コンビ・ラランド、ピン芸人同士のユニットコンビ、ヒコロヒーとみなみかわやぶるファー吉岡も準々決勝敗退となった。

【『M-1グランプリ2021』準々決勝敗退の主なコンビ】 ※五十音順
アキナ
阿佐ヶ谷姉妹
EXIT
ウエストランド
鬼越トマホーク
怪奇!YesどんぐりRPG
蛙亭
カミナリ
かもめんたる
コットン
コマンダンテ
GAG
すゑひろがりず
大自然
デニス
ツートライブ
トット
トム・ブラウン
トンツカタン
納言
ななまがり
ヒコロヒーとみなみかわ
ぶるファー吉岡
ミキ
ヤーレンズ
ラランド
レインボー
わらふぢなるお

■関連記事
『M-1グランプリ』辛口採点を連発 厳しかった30代の松本人志ら“記憶に残る審査員”
ノンスタ石田、『M-1』決勝オードリーのネタに疑問 若林が語った真相に春日も驚き
『M-1グランプリ』1回戦に“ラストイヤー”ハライチ、4年ぶりに登場【ネタ終了後のコメント付き】
おいでやすこが、「M-1」後に激増した給料額バラされる 小田絶叫「何で言うねん!」
オズワルド伊藤、『M-1』ネタへの反響を告白「寿司に謝れってDMくる」
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News