今田耕司が恋愛トークで嘆息「もう(恋愛が)分からないんです…」

「バチェラー・ジャパン」シーズン4の初回配信直前スペシャルトークイベントに登壇した今田耕司/撮影:原田健

今田耕司が恋愛トークで嘆息「もう(恋愛が)分からないんです…」

11月16日(火) 15:03

Amazon制作の婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」シーズン4の初回配信直前スペシャルトークイベントが11月16日に都内で行われ、番組MCを務める今田耕司、オリエンタルラジオ・藤森慎吾、指原莉乃が登場した。
【写真を見る】藤森慎吾、今田耕司、黄皓、指原莉乃(写真左から)が「バチェラー・ジャパン」イベントに登壇

「バチェラー・ジャパン」は、成功を収めた一人の独身男性「バチェラー」のたった一人のパートナーの座を勝ち取るために、性格もバックグラウンドも異なる複数人の女性たちが競い合う婚活サバイバル番組。さまざまなシチュエーションで展開されるバチェラーとの非日常で豪華なデートやカクテルパーティーなど、種々のイベントを通じて繰り広げられる駆け引きや、そこに現れるむき出しの人間ドラマを描く。

今シーズンでは、2020年「バチェラー・ジャパン」の男女逆転版である「バチェロレッテ・ジャパン」に参加し、最後の二人に選ばれて話題となった黄皓氏が4代目「バチェラー」となる。

イベントでは、3人が番組の魅力を告白。今田が「やっぱり、駆け引きなどの“女性のリアリティーさ”じゃないですかね。男性は見られない部分ですし、女性は共感したり(思考を)予想したりしながら楽しめるので」と明かすと、藤森も「『恋愛リアリティー番組』というより『婚活サバイバル番組』なので、女性たちの“ガチ度”が違うんですよね!」と共感。

一方、指原は「(参加者が)あれだけ人数がいると誰かしらに共感しますし、『私はこの子を応援しよう!』っていう気持ちになる」とにっこり。

そんな中、トークはそれぞれの恋愛観の話題に。すると、今田が「助けてください! もう(恋愛が)分からないんです…。データばかりが入ってきて、昔のデータを削除しないともうパンパンなんです。『バチェラー』だけでも4シーズンやらせてもらっていますから、データバンクはもうパンパン!」と明かして、会場の笑いを誘った。

最後に、今田は「今回、『これまでで一番』と言っていいくらい盛り上がっております! 今までになかった見どころもありますから、ぜひご覧になっていただきたいと思います」、藤森は「『シリーズ史上、一番面白いな』と思えるシーズンですし、僕としては黄さんの立ち居振る舞いや言動がすごく勉強になりました」、指原は「私は(収録に)参加させていただいてから3回目で、毎回『今回が一番面白いです!』って言っているんですけど、もう今回が一番面白いです(笑)。この言葉に偽りがないくらい、男性も女性もみんなで楽しめるので、ぜひご覧ください!」とそれぞれアピールした。

◆取材・文=原田健


【関連記事】
指原莉乃が絶賛する4代目“バチェラー”黄皓が心境告白「男性は共感できる場面が多いんじゃないかな」
指原莉乃「え…!? 友達じゃん」まさかの友人の「バチェラー」参戦に仰天
オリラジ藤森慎吾が失恋の反省の弁「なかなか勉強が足りないなと」
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News