松井玲奈×中島歩「よだかの片想い」 藤井美菜、織田梨沙、青木柚、手島実優、三宅弘城が出演決定

作家・島本理生氏の小説を映画化する「よだかの片想い」に参加

松井玲奈×中島歩「よだかの片想い」 藤井美菜、織田梨沙、青木柚、手島実優、三宅弘城が出演決定

10月27日(水) 8:00

提供:
 松井玲奈と中島歩が初共演を果たし、人気作家・島本理生氏の小説を映画化する「よだかの片想い」(安川有果監督)の追加キャストが発表され、藤井美菜、織田梨沙、青木柚、手島実優、三宅弘城が出演していることがわかった。

【フォトギャラリー】「よだかの片想い」追加キャスト

 「勝手にふるえてろ」「寝ても覚めても」「愛がなんだ」などを手掛けたメ~テレと、制作会社ダブがタッグを組み、“へたくそだけど私らしく生きる”等身大の女性のリアルを紡ぐ映画シリーズ「(NOT) HEROINE MOVIES」(ノット・ヒロイン・ムービーズ)の第2弾作品。第1弾となる「わたし達はおとな」は加藤拓也監督のもと、木竜麻生(「菊とギロチン」)と藤原季節(「his」)が初共演している。

 理系女子大生・前田アイコ(松井)には、顔の左側にアザがある。幼少期からからかいや畏怖の対象にされ、恋や遊びは諦めていた。大学院でも研究一筋の生活を送っていたが、「顔にアザや怪我を負った人」のルポルタージュ本の取材を受けたことで、状況が一変。本が映画化されることになり、友人の編集者の紹介で、監督の飛坂逢太(中島)と会うことに。話をするうちに飛坂の人柄に惹かれ、作品にも感動するアイコ。飛坂への想いを募らせながら、自分のコンプレックスとも正面から向き合うことになる。

 映画や舞台、テレビドラマ、CM出演など幅広く活躍し、2012年からは韓国にも活動の場を広げている藤井は、アイコと自然に接し恋愛相談にも乗ってくれるお姉さん的存在のミュウ先輩として登場。「生きてるだけで、愛。」「コンフィデンスマンJP」シリーズなど話題作への出演が続く織田は、アイコの幼馴染で出版社の編集者・まりえを演じ、「うみべの女の子」「MINAMATA ミナマタ」「スパゲティコード・ラブ」に参加した青木は、アイコを慕う後輩・原田役として出演している。

 「カランコエの花」でも注目を浴びた手島は、アイコの本を映画化した作品の主演女優・城崎美和役に挑戦。また、三宅はアイコを優しく見守る大学の研究室の教授・安達役を務めている。

 「よだかの片想い」には、池田良、中澤梓佐も出演。2022年に東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。第34回東京国際映画祭(10月30日~11月8日)の「アジアの未来」部門にてワールドプレミア上映が行われる。

【作品情報】
よだかの片想い

【関連記事】
松井玲奈×中島歩で島本理生「よだかの片想い」映画化! 監督は安川有果
木竜麻生×藤原季節「わたし達はおとな」2022年6月公開! “等身大の恋愛”の危うさ&歯がゆさを描く
吉田恵輔監督、東京国際映画祭で知りたいこと&15年前の自分に伝えたいこと

(C)島本理生/集英社 (C)2021映画「よだかの片想い」製作委員会
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News