有村架純が森田剛に救いの手を差し伸べる…映画版『前科者』特報映像が完成

『前科者』は2022年1月28日(金)公開!/[c]2021 香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

有村架純が森田剛に救いの手を差し伸べる…映画版『前科者』特報映像が完成

10月27日(水) 7:00

提供:
『あゝ、荒野』(17)で国内の映画賞を席巻した岸善幸監督が、「ビッグコミックオリジナル」で連載中の原作・香川まさひと、作画・月島冬二の同名漫画を映画化した『前科者』の公開日が、2022年1月28日(金)に決定。このたび本作の映像が初お披露目となる特報映像が解禁された。
【写真を見る】“保護司”有村架純が罪を犯した者たちの更生・社会復帰を支える

本作は前科者たちの更生と社会復帰を目指し、奮闘していく保護司の姿を描いた社会派ヒューマンドラマ。保護司を始めて3年、仕事にやりがいを感じはじめていた阿川佳代は、担当している工藤誠が社会人として自立する日が近いと楽しみにしていた。しかしそんな折、誠は忽然と姿を消してしまい、ふたたび警察から追われる身に。その頃、連続殺人事件が発生。捜査が進むにつれて佳代の壮絶な過去や、若くして保護司という仕事を選んだ理由も明らかになっていくことに…。

このたび解禁された特報映像は、森田剛演じる工藤誠の「人殺しでも更生できると思いますか?」という言葉に力強く「はい」と答える有村架純演じる保護司の佳代の姿など、物語の中心となる2人の関係性が窺えるシーンの数々が切り取られていく。広場で並んで座りながらお弁当を食べる姿や、涙を流しながら抱き合う2人の姿。ところが、事件の容疑者として浮上した工藤の名を読み上げる刑事の固い声が響き渡り、事態が一変する予感を残したまま幕を下ろす。

はたして絵に描いたような更生を遂げていた工藤は、本当に連続殺人事件に関わっているのか。そして、過去に向き合い続ける者と、その未来に寄り添う者。両者がたどり着く先に一体なにが待ち受けているのか…。本作の公開に先駆け、11月20日(土)よりWOWOWにて佳代の新人時代を描くドラマ版も放送。放送後にはAmazon Prime Videoでの見逃し配信も予定されているので、是非ともそちらもチェックして、原作にない完全オリジナルで描かれる映画版に備えてほしい。

文/久保田 和馬


【関連記事】
森田剛が6年ぶり映画出演で『あゝ、荒野』監督とタッグ!有村架純主演『前科者』に出演決定
“保護司”有村架純が罪を犯した者たちの更生・社会復帰を支える!「前科者」映画&ドラマ化決定
志尊淳『人と仕事』を通じ、コロナ禍を生きる人々へ心からのメッセージ「人と人とのコミュニケーションがあって成り立つ映画」
本人出演の押井守やAwesome City Clubもピックアップ!『花束みたいな恋をした』ポップカルチャー辞典
柳楽優弥、三浦春馬は「すごくタフ」黒崎監督は「なんでここに春馬くんがいないんだろう。悔しすぎる」と本音告白
Walkerplus

国内・経済 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News