地球に残された最後の家族描く新作ミュージカルにティルダ・スウィントン、ジョージ・マッケイ

2022年にクランクイン予定

地球に残された最後の家族描く新作ミュージカルにティルダ・スウィントン、ジョージ・マッケイ

10月26日(火) 10:00

提供:
 米アカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた「アクト・オブ・キリング」のジョシュア・オッペンハイマー監督による新作「The End(原題)」に、ティルダ・スウィントン、ジョージ・マッケイ、スティーブン・グレアムが出演することがわかった。

 米ハリウッド・レポーターによれば、本作は地球に残された最後の家族を描くミュージカル映画で、2022年にクランクインするという。シーネ・ビュレ・ソーレンセンとオッペンハイマー監督がプロデュースし、アカデミー賞4冠に輝いた「パラサイト 半地下の家族」の米ネオンが北米配給を手がける。

 オスカー女優のスウィントンは、「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」(ウェス・アンダーソン監督)が22年1月28日、「MEMORIA メモリア」(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督)が22年3月4日から日本公開される。

 「1917 命をかけた伝令」で知られるマッケイは、ロバート・ハリスの小説を映画化したNetflix新作「Munich: The Edge of War(原題)」が間もなく配信の予定。「アイリッシュマン」「ロケットマン」で知られるグレアムは、北米で大ヒットスタートをきった「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」が12月3日から日本公開される。

【作品情報】
MEMORIA メモリア

【関連記事】
ウェス・アンダーソン「フレンチ・ディスパッチ」公開日は22年1月28日 予告編に豪華キャストがずらりと登場!
フリオ・トレス初監督のA24新作にティルダ・スウィントンが出演
スカーレット・ヨハンソン、ウェス・アンダーソン新作に出演

Photo by Daniele Venturelli/WireImage/Getty Images Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic/Getty Images
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News