藤原竜也×松山ケンイチW主演『ノイズ』本予告&本ポスタービジュアル到着!追加キャストも明らかに

前面にノイズ加工のほどこされた緊迫した空気感が伝わる本ポスターが到着/[c]筒井哲也/集英社 [c]2022 映画「ノイズ」製作委員会 

藤原竜也×松山ケンイチW主演『ノイズ』本予告&本ポスタービジュアル到着!追加キャストも明らかに

10月26日(火) 7:00

提供:
藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が出演する、絶海の孤島を舞台にしたサスペンス・エンターテイメント『ノイズ』(2022年1月28日公開)。今回、本作から緊迫感あふれる最新予告映像と本ポスターが解禁。また、追加キャストとして伊藤歩、鶴田真由、寺島進、余貴美子、柄本明らが発表された。
【写真を見る】伊藤歩、鶴田真由、寺島進、余貴美子、柄本明ら実力派キャスト陣が緊張感あふれるサスペンスを盛り立てる

本作の原作はフランスでACBC賞、国内では文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している「有害都市」などを手がけた筒井哲也が2017年から2020年にかけて連載したコミックだ。絶海の孤島、猪狩島の復興の期待を背負って島を訪れた泉圭太を藤原竜也が演じ、泉の殺人隠ぺいに協力する幼馴染の田辺純を松山ケンイチが演じる。また、彼らの幼馴染で猪狩島の駐在所で勤務が決まったばかりの新米警察官、守屋真一郎を演じるのは神木隆之介。

このたび解禁された本予告映像には、島で暮らす3人の親友たちの平和な日常が、1人の ノイズ を誤って殺したことをきっかけに崩壊していく場面から始まる。真一郎の「全部、なかったことにしましょう。」という台詞から、死体を隠しすための3人の隠ぺい工作が指導する。彼らが殺してしまったのは、凶悪犯の小御坂睦男。県警の出動や、島民の期待、 不安からくる疑心暗鬼など、プレッシャーと緊張が溢れるなか、新たな死体の存在も明らかになり、物語は急展開を迎える。

さらに、3人を追い詰める刑事、畠山の相棒の青木千尋役で伊藤歩、農家の床吉の息子、横田昭一役で酒向芳、町長の庄司の部下、野毛二郎役で迫田孝也、真一郎の母である守屋仁美役に鶴田真由、地方創生局員の酒井義昭役で波岡一喜、真一郎の先輩で前任の駐在員の岡崎正役で寺島進、猪狩島の復興を第一に考える町長、庄司華江役で余貴美子、圭太と純の隣人で物語のカギを握る農家である横田庄吉役で柄本明らがそれぞれ出演することも決定。あわせて到着した、本ポスタービジュアルにはタイトル全体にノイズがかかっているような加工されており、本作の殺伐とした雰囲気と、ヒリヒリした緊張感の伝わってくるものとなっている。

映像の後半で「もう何やったって駄目だ 」と言い放つ圭太(藤原)の姿も映し出されているが、はたして3人は無事県警の捜査から死体を隠しきることができるのか?1人の凶悪犯が持ち込んだほんの1つのノイズが島を巻き込んでいく、狂気の新感覚サスペンスの行方をぜひ劇場で目撃したい。

文/鈴木レイヤ


【関連記事】
黒木華、永瀬正敏が参戦!藤原竜也&松山ケンイチ共演『ノイズ』第3弾キャスト解禁
藤原竜也&松山ケンイチ共演『ノイズ』1月公開決定!渡辺大知が孤島を震撼させるサイコキラー役に
藤原竜也&松山ケンイチW主演『ノイズ』に神木隆之介が参戦!2人の幼なじみの新米警察官を好演
「デスノート」でライバル関係を演じた藤原竜也&松山ケンイチがW主演!筒井哲也原作『ノイズ』映画化が決定
Walkerplus

国内・経済 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News