<鈴木京香>朝ドラ重要キャラ総なめ!30年前ヒロイン時代から母役への道振り返る

家族に本音を明かした後の亜哉子(鈴木京香)は心からの笑顔に/「おかえりモネ」第105回 (C)NHK

<鈴木京香>朝ドラ重要キャラ総なめ!30年前ヒロイン時代から母役への道振り返る

10月9日(土) 7:00

“朝ドラ”こと連続テレビ小説「おかえりモネ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。10月4日より放送された第21週「胸に秘めた思い」で、主人公・モネこと百音(清原果耶)が母・亜哉子(鈴木京香)の元教え子・あかり(伊東蒼)と出会い、それをきっかけに亜哉子がなぜ教師を辞めたのか隠してきた想いが明かされた。これまでいつも柔和な笑顔を浮かべていた、やさしくてしっかり者のお母さん・亜哉子の苦悩を緩急のある演技で見せた鈴木京香の魅力を、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)
【写真を見る】違和感なし…!“女子大生”時代の亜哉子を演じる鈴木京香

■30年前はヒロイン、今はヒロインの母役

今から30年前の1991年、鈴木京香は朝ドラ「君の名は」の主人公・真知子に抜擢され1年間の長丁場を任された。NHKドラマ・ガイド「君の名は」には「おっとりしたおおらかな性格、気品のある顔だちは、新しい大型美人女優の誕生を予感させます」と書いてある。

1989年に俳優デビューし、これが本格的にお芝居の世界に入る記念作だった。

2021年10月8日放送「徹子の部屋」に出演した鈴木は、「ちゃんとこれからも仕事をがんばって続けて、ヒロインのお母さんになって帰って来てやみたいな感じでスタッフの方に言っていただいていて、本当にそうなったらいいなと思っていましたら今年(「おかえりモネ」)、叶いました」と、念願の母親役だと語っていた。

「モネ」の前、2017年の「わろてんか」ではヒロインの姑役をやっている。健気なヒロイン、嫁にちょっと厳しい姑、娘を優しく見守る母と朝ドラの重要キャラを総なめしたことになる。

■いままで笑顔の裏に隠してきた母の真実

「モネ」の娘役の俳優たち(清原果耶、蒔田彩珠)が「まぶしい」と「徹子の部屋」で語る鈴木、そこにいるだけで華やかさがある。声も澄んでいながらあたたかさがあって聞き心地がいい。

そんな鈴木が演じるやさしくてしっかり者のお母さん・亜哉子の意外な過去が明かされたのが第21週である。

亜哉子は気仙沼の本土から離れた亀島の永浦耕治(内野聖陽)と結婚し、義父・龍己(藤竜也)が営む牡蠣の養殖業を手伝っている。ごくごくふつうの服を着てエプロンをしているが、隠しきれない華やかさはいい意味で生活感があまりない。

こんなきれいなお母さんが家にいたらいいなあと感じるような人。いつもニコニコ笑ってきれいにしていて、亜哉子なりに努力をしているように筆者は感じていたのだが、教師の仕事を震災後に辞めたのは姑・雅代(竹下景子)の介護のためではないかと龍己が心配し、彼女のやりたいことをやらせようと水産業をたたむと言い出す。

水産業を辞めることが本意でない亜哉子は、ひた隠しにしてきた真実を涙ながらに語る。
(震災時、学校にいた亜哉子は、短い時間ではあるが生徒より自身の娘たちことを心配してしまったと苦悩していた)

この時の鈴木京香の顔も声もこれまで「モネ」では見たことも聞いたこともない苦渋に満ちたもので鮮烈だった。

■凛として知的、年齢を経てそこに深みが

笑顔の裏にずっと隠していた深い悩みの吐露を熱演した鈴木京香は、「おかえりモネ」の舞台となっている宮城県の出身。

モデルからはじまり化粧品メーカーの水着キャンペーンガールで注目され、俳優デビューした。「君の名は」のヒロインのみならずどの役もキラキラとした上品な健康美を誇っていた。

例えば三谷幸喜脚本の連ドラ「王様のレストラン」のバーテンダー役はきりっとかっこいい。

凛として知的な役が多く、年齢を経るとそこに深みが加わって、大河ドラマ「真田丸」では北政所を貫禄をもって演じた。

前述した「わろてんか」の姑は経営に厳しい始末屋で、怒ると文楽のガブのように豹変すると表される。でも鈴木が演じると、その怖さにユーモアやかわいげがある。

日曜劇場「グランメゾン東京」ではシェフ役。本人が料理好きなこともあって料理の所作も手際よくリアリティーがあった。

最近では秋元康企画、原作の「共演NG」では共演NGになっている元恋人である俳優と25年後に共演することになったベテラン女優役をユーモアも交えながら人気女優のリアリティーも感じさせチャーミングに演じた。

舞台活動にも熱意を見せ、三谷幸喜、野田秀樹、蜷川幸雄、白井晃など一流の演出家の舞台に立っている。

■ヒロインのお母さんだってヒロインだ

鈴木京香が演じる役は確たる自分のライフビジョンをもって生きるたくましい人物が多く、「モネ」でも娘の理解者という役割にとどまらず、母親だってまだまだこれからのビジョンを描いていいのだという希望をもたらすようなところがある。

義母の後を継いで民宿をやる夢も持つ亜哉子。一時期義母の介護に専念していたがそれを苦にすることもなく、それによって自分のやりたいことができなくなったとは決して思わない。その時、その時の最善を選択する精神の爽やかさは、亜哉子こそ“ヒロイン”という感じすらしてしまうほどである。

「モネ」の第30回で、夫・耕治との馴れ初めが描かれたとき、彼には忘れられない人がいると振られても諦めず追いかけ続けた亜哉子。

そして耕治が影のない自分には芸術ができないのではないかと悩むと「正しくて、明るくて、ポジティブで前向きであることが魅力にならない世界なんてくそです」と励ます。

このセリフは名言だった。「影が魅力」「不幸が色気」という先入観を「安っぽい価値観」と一刀両断にする亜哉子の自身の価値観を大事にする生き方は、ドラマの救いになっている。鈴木京香だからこそ、ここまでかっこいいキャラクターになったのだろう。



【関連記事】
【写真】か、可愛い…!“美人女子大生”亜哉子を演じる鈴木
【写真】辛い…涙をこらえながら震災時の“思い”を明かす亜哉子(鈴木)
【写真】美少女中学生“あかり”も登場
【写真】キュート!未知役・蒔田彩珠の幼少期
【写真】印象激変!シースルーワンピ姿の清原果耶
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News