長期メンテナンスを前に「ジオ・コスモス」歴代作品から32本を一挙上映!

長期メンテナンスを前に「ジオ・コスモス」歴代作品から32本を一挙上映!

9月12日(日) 13:00


日本科学未来館は、同館のシンボル展示「ジオ・コスモス」のメンテナンス工事に先立ち、9月11日(土)~10月4日(月)に、歴代作品から32本を一挙に上映する。

シンボル展示「ジオ・コスモス」
東京・お台場にあり、観光スポットから足を延ばして気軽に科学・技術に触れることができる日本科学未来館。展示をはじめ、トークセッション、ワークショップなど多彩なメニューを通し、日々の素朴な疑問から最新テクノロジー、地球環境、宇宙の探求、生命の不思議まで、さまざまなスケールで現在進行形の科学技術が体験できる。


同館のシンボル展示である「ジオ・コスモス」は、刻々と変化する“地球の姿”を眺められるだけでなく、地球上で起きている出来事を可視化し“今の地球”を感じられるさまざまなコンテンツを上映。


球体ディスプレイの特性を生かし、国内外の研究者やクリエイターとともに表現の可能性を追求してきた。

10月5日(火)からはメンテナンス工事のため公開を一時休止し、再公開は2022年3月末を予定している。

さまざまな手法を駆使した映像 メンテナンス工事を前に、今回、現在は上映していない作品も含めて、「ジオ・コスモス」の歴代作品から32本を一挙に上映。アルスエレクトロニカ・リンツなどの芸術団体や国内外のアーティスト、またグーグルなど企業とのコラボレーションにより生み出された数々の実験的な作品なども上映する。


『The Surface. -Appear and disappear-(Daihei Shibata, evala, Boxx Inc., Futurek Inc.)』や、


『データで見る都市~Sorting out cities』をはじめ、


実写やアニメーション、さらに科学データのビジュアライズなどさまざまな手法を駆使した映像を見ることができる。

この機会に、「ジオ・コスモス」で“地球の姿”を見つめなおし、球体による新しい映像表現に触れる体験を楽しんでみては。詳細は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策とあわせ、日本科学未来館公式サイトで確認を。

■日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2-3-6

※営業・開催状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。


【関連記事】
舞い散る桜と春いわしが織りなす一風変わったお花見体験!京都水族館のインタラクティブアートで春を満喫♪
毎年恒例!日本一の高校生写真選手権「第23回写真甲子園2016」が、ただ今熱戦真っただ中☆
楽しすぎ!!メントス(R)の巨大マシーンが渋谷109に出現!
ストレートプレス

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News