テリー伊藤「『から揚げの天才』をプロデュースした理由」麻美ゆまのあなたに会いたい!〔後編〕

テリー伊藤(左)と麻美ゆま

テリー伊藤「『から揚げの天才』をプロデュースした理由」麻美ゆまのあなたに会いたい!〔後編〕

8月31日(火) 17:30

提供:
 前号に続いて、テリー伊藤さんとの対談です。コロナワクチンを、すでに2回打たれたテリーさん。前回は、ワクチンの副反応で、なんと“絶倫”になられたという話から、とにかく今は、前向きなことばかり考えていきたいと、おっしゃっていました(笑)。確かに閉塞感の漂うコロナ禍では、テリーさんのようなポジティブな考え方は、とても大切だと思いました。そんなテリーさんは、ビジネスも絶好調!

ゆま「テリーさんといえば、唐揚げ! テリーさんがプロデュースされた唐揚げ専門店『から揚げの天才』は、今や全国区でチェーン店が展開されていますよね」

テリー「今、全国100店舗以上はあるかな」

ゆま「すごい! そもそも、なぜ、唐揚げ専門店をプロデュースしようと思われたんですか?」

テリー「俺は知っての通り、ずっとテレビの制作に関わる仕事をやっているけど、収入が不安定なんだよね。それで、ラジオ番組で共演している『ワタミ』の渡邉美樹さんに“このままだと俺の会社が潰れちゃうから、何か、いい方法はありませんか”と相談したんだよ」

ゆま「『から揚げの天才』は、そのワタミの渡邉さんと共同でプロデュースされているんですよね」

テリー「そう。渡邉さんに相談を持ちかけたとき、“どういう店をやりたい?”と聞かれたんだよね。長年、テレビの制作をしていると、お年寄りからお子さんまで見てくれる番組が、視聴率もいいんですよ。グルメ番組、旅番組、健康番組……これらは視聴率が高いんだよ。だから、飲食店をやるにしても、老若男女が好きなものを提供したいって」

ゆま「それが唐揚げだったんですね!」

テリー「唐揚げの専門店が他になかったから、というほうが正しいね。カレーやラーメンもみんな好きだけど、世の中にはあふれているでしょ。そうなると他に何か、と考えたとき、唐揚げが残っていたんだよね」

ゆま「なるほど。単純に唐揚げが好き、という理由ではなかったんですね」

テリー「そりゃ、もちろん、ちゃんとマーケティングもしているよ。チェーン展開にしても、なるべくライバル店がない地域を狙っていますよ」

ゆま「テリーさんご自身も、お店に行くことはあるんですか?」

テリー「全店舗、見て回っているよ」

ゆま「え? 全国100店舗以上を?」

テリー「そう。今は毎月5店舗ぐらいのペースで増えているから、そのたびに顔を出しているよ」

ゆま「本当にすごいです」

テリー「いやあ、すがりついているんですよ、人生に」

ゆま「それを言えるってカッコいいです。私は、新しいことに挑戦する勇気がなかなかないんですよ。その場にとどまっているほうがいい気がしちゃって……」

テリー「あ~、なるほどなぁ。だけど、今いる場所は、そのうち自分の場所ではなくなるんだよ」

ゆま「え? どういうことですか?」

■新しい世界に飛び込んで自分の居場所を作っていかないと

テリー「これもテレビの仕事をしていて思うんだけど、芸能界なんて特に次から次へと新しい人が入ってきて、昔からいる人たちの席を奪っていくんだよ」

ゆま「そうですよね……」

テリー「それは世の常でね。その場にとどまり続けることは無理なんだよ。自分から新しい世界に飛び込んで、自分の居場所を作っていかないと……」

ゆま「勉強になります」

テリー「なんだよ~。真面目な話になってるじゃないか。俺がワクチンで、絶倫になった話は、どこにいった?」

ゆま「すみません(笑)。でも、ワクチンで絶倫になるってのはウソなのでは?」

テリー「ウソでもいいんだよ。自分にそう言い聞かせて、ヤル気をみなぎらせるんだよ。まあ、ワクチン以外では、やっぱり体を動かすことも大事だろうな」

ゆま「おお! テリーさんもトレーニングされているんですか?」

テリー「前はスポーツジムに通っていたけど、コロナ禍で閉まっていたからさ。最近は朝の散歩だね。2時間ぐらい歩いているよ」

ゆま「めっちゃ、歩いていますね。確かに運動は大切ですよね。腰の動きも良くなりそう」

テリー「でもね、どんなに頑張っても年齢が年齢だからなぁ。この年になると、肉体勝負ではなく、別の必殺技も持つべきなんだよ。“声だけでイカせる”とかね。」

ゆま「くだらない(笑)。でも、面白いです」(おわり)

●てりーいとう 1949年12月27日、東京都生まれ。大学卒業後、テレビ制作会社に入社。そこで、『天才・たけしの元気が出るテレビ‼』(日本テレビ系)や『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)などのヒット番組を手掛ける。また、テレビ番組のコメンテーターや飲食店の監修など、マルチに活躍中。


【関連記事】
木村拓哉・工藤静香「実はドケチ」キムタク一家&東山紀之の嫁・木村佳乃は「見ただけでカチーン」【8月の人気記事】
ザギトワ、水着姿でダイナマイトボディ披露!「森の妖精」「非現実的な美しさ」と反響
加藤紗里、腕の“蛇タトゥー”に続き“足指タトゥーのフットネイル”公開!「カッコいい」の声も

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News