須藤茉麻、MELLOW MELLOW・野田真実、HINA、演劇公演<ありすとてれす>出演決定!

須藤茉麻、MELLOW MELLOW・野田真実、HINA、演劇公演<ありすとてれす>出演決定!

須藤茉麻、MELLOW MELLOW・野田真実、HINA、演劇公演<ありすとてれす>出演決定!

8月30日(月) 13:05

須藤茉麻、MELLOW MELLOWの野田真実、HINAが、10月1日(金)より新宿・プーク人形劇場にて上演される<ありすとてれす>に出演する。

同公演は、川島広輝が主宰する演劇ユニット『東京ノ温度』が手掛ける第15回公演。2部作となる<ありすとてれす ぼうねんかい>(2016年12月)、<ありすとてれす しんねんかい>(2017年1月)を再演する。両作品ともルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』の世界を題材に、現代社会の風刺を散りばめたオリジナルストーリーとなっている。

なお、東京ノ温度はこれまですべて新作公演を行なっており、作品を再演するのは今回が初めて。

両公演は、異なる物語とキャストにて公演し、上演時間は各約1時間30分を予定。

<ありすとてれす ぼうねんかい>の主演は一村すみれが務め、そのほかには須藤茉麻、ハニカム.トーキョーの久保雅樹らが出演する。

一方、<ありすとてれす しんねんかい>の主演には、elfin’の小倉舞子が決定。また、MELLOW MELLOWの野田真実(MAMI)、HINAらも登場する。

今回は配信も予定されている。

東京ノ温度 第十五回公演<ありすとてれす>
作/演出:川島広輝
日程:2021年10月1日(金)~10月6日(水)
会場:プーク人形劇場

<ありすとてれす ぼうねんかい>
作/演出:川島広輝
会場:プーク人形劇場
日程:2021年10月1日(金)~10月5日(火)(全5ステージ)
2021年10月1日(金)19:00
2021年10月2日(土)17:30
2021年10月3日(日)13:00
2021年10月4日(月)19:00
2021年10月5日(火)14:00
開場は開演の30分前。

■出演
一村すみれ
須藤茉麻
久保雅樹
水野以津美
中尾茅珠
荒井葉月
向原雄樹
牧野ほの花
川島広輝

<ありすとてれす しんねんかい>
作・演出:川島広輝
会場:プーク人形劇場
日程:2021年10月2日(土)~10月6日(水)(全5ステージ)
2021年10月2日(土)13:00
2021年10月3日(日)17:30
2021年10月4日(月)14:00
2021年10月5日(火)19:00
2021年10月6日(水)16:00
開場は開演の30分前。

■出演
小倉舞子(elfin’)
野田真実/MAMI(MELLOW MELLOW)
HINA(MELLOW MELLOW)
亀井理那
柿原裕人
大地翔護
山田和輝
菅野翔馬
梅田かんな
川島広輝

■2作品共通データ
チケット:¥4,500(全席自由/税込)
・10歳未満の児童は観劇不可。
・来場時はマスクの着用をお願いいたします。

■チケット取扱い
予約受付:2021年9月8日(水)15:00〜
新型感染症などの影響により、公演日時、販売席数などが変更になる場合があります。
予約、来場の際はWEBにて最新の公演情報を確認ください。

■プーク人形劇場
〒151-0053 渋谷区代々木2-12-3
TEL:03-3379-0234
JR/私鉄各線「新宿駅」南口から徒歩約7分
都営新宿線新宿駅6番出口より徒歩2分
大江戸線新宿駅A-1出口より徒歩2分

■スタッフ
照明:佐瀬三恵子
音響:HARLY
舞台監督:松澤紀昭
宣伝美術:中塚健仁
制作:増野美由紀
製作:東京ノ温度
協力:オスカープロモーション/ジャストプロ/ジェイピィ-ルーム/サンミュージック出版/:CLipCLover/ワンダーヴィレッジ/スペースクラフト・エージェンシー/アリゴ座/劇団マカリスター

■2作品共通イントロダクション
都内某所にある猫カフェに、ある日うさぎの耳をつけた不思議なお客さんがやってきました。お客さんは店員さんのスマートフォンに、ある特別なアプリを入れてほしいとお願いします。訝しむ店員さんでしたが、熱意に押されてそのアプリをインストールしてみることにしました。すると、店員さんはいつのまにか不思議な仮想現実の世界に迷い込んでしまったのです。そして、不思議な仮想現実の世界では、プログラムでは想定されてないある計画も密かに進行していて……不思議で奇妙な世界での不可思議な人々の攻防を描くワンシチュエーションストーリー!

■東京ノ温度 プロフィール
『東京ノ温度』は俳優、作/演出の川島広輝が2016年に設立した演劇企画ユニット。現代社会の“温度”をテーマに、ニヤニヤしながら観てもらえるワンシチュエーションシュールストーリー』がコンセプト。現代の社会、時事テーマを多数盛り込んだ脚本と小劇場ならではの役者の躍動感を重視した演出が特徴。現代社会テーマと国内外の名作文学のオマージュを融合させた作風で、これまでに題材とした作家はジェームス・マシュー・バリ、ルイス・キャロル、ライマン・フランク・ボーム、宮沢賢治、アーサー・コナン・ドイル、グリム兄弟など。また、2020年より新型感染症蔓延の世相を反映した<ころぬ>シリーズを展開。劇場公演に加えYouTube配信など積極的な活動を行なっている。


【関連記事】
YouTuberラファエル、プロデュースの新アイドルグループオーディション開催「僕と一緒にアイドル業界の頂点を目指しましょう!」
堀未央奈、ボディラインが綺麗に出る大人セクシーショットで魅せる! 主演ドラマ『サレタガワのブルー』ブログより
IDOLATER、初の全国流通CDリリース決定!
JamsCollection 成瀬みるあ、一宮彩夏、保科凜 サイン入りチェキプレゼント
Pop’n’Roll

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News