大貫妙子、RCA時代の3作品を世界的名匠バーニー・グランドマンによるマスタリング音源で再発

大貫妙子、RCA時代の3作品を世界的名匠バーニー・グランドマンによるマスタリング音源で再発

8月30日(月) 12:00

大貫妙子 / 『MIGNONNE』、『ROMANTIQUE』、『AVENTURE』





大貫妙子のRCA時代の3作品が、SACD Hybridで再発されることが決定した。

同作はアナログ盤と同じくバーニー・グランドマンによるマスタリング音源。SACD(ス―パーオーディオCD) Hybridとは、CD層とSACD層の二重構造となった、SACDプレーヤー(SACD層を再生)でも、既存のCDプレーヤー(CD層を再生)でも、どちらでも再生できるディスクとなる。SACDは、CDの約4倍のデータ量を誇り、アーティストや制作者側が意図したオリジナル・マスターに極めて近い高音質で再生することが可能だ。




大貫妙子 アルバム『MIGNONNE』、『ROMANTIQUE』、『AVENTURE』 2021年11月10日発売
価格:3,000円(税込)
発売:ソニー・ミュージックダイレクト
​​​​大貫妙子 / 『MIGNONNE』
アルバム『MIGNONNE』
「横顔」「突然の贈りもの」「海と少年」など、矢野顕子、竹内まりや、槇原敬之らがカバーした名曲が数多く収録された大貫妙子3枚目のオリジナルアルバムで、ヨーロピアンサウンド志向の3部作『ROMANTIQUE(ロマンティーク)』『AVENTURE(アヴァンチュール)』『Cliche(クリシェ)』へとつながる重要作。アレンジャーは坂本龍一と瀬尾一三が担当し、細野晴臣、高橋幸宏、鈴木茂等、豪華メンバーが参加。海外で特に人気が沸騰している「4:00A.M.」収録。バーニー・グランドマンのマスタリングによるSACD Hybrid盤で登場!
オリジナルリリース:1978年9月25日




大貫妙子 / 『ROMANTIQUE』
アルバム『ROMANTIQUE』
ヨーロピアンサウンドをコンセプトに制作された名盤と誉れ高い「ヨーロッパ3部作」の第1弾、通算4枚目のオリジナルアルバム。アレンジャーに坂本龍一、加藤和彦、清水信之、演奏陣として坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏らが全面バックアップし、当時YMOのツアーに参加していた大村憲司、松武秀樹も参加。シュガー・ベイブ時代の『SONGS』に収録された「蜃気楼の街」のセルフカバーも収録。ボーナストラックとしてアルバム未収録の「愛にすくわれたい」収録。バーニー・グランドマンのマスタリングによるSACD Hybrid盤で登場!
オリジナルリリース:1980年7月21日




大貫妙子 / 『AVENTURE』
アルバム『AVENTURE』
「ヨーロッパ3部作」第2弾、通算5枚目のオリジナルアルバム。エキゾティックな前作『ROMANTIQUE』に比べると、「恋人達の明日」に象徴されるように、より明るくポップなサウンドに仕上げられた作品。アレンジは坂本龍一、前田憲男、加藤和彦、大村憲司、清水信之。バーニー・グランドマンのマスタリングによるSACD Hybrid盤で登場!
オリジナルリリース:1981年5月21日




関連リンク ◆大貫妙子SACD Hybrid作品特設ページ

全日本歌謡情報センター

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News