明日の「武田鉄矢の昭和は輝いていた」は作曲家・浜圭介特集Part2、驚きの「石狩挽歌」作曲法エピソードなど披露

明日の「武田鉄矢の昭和は輝いていた」は作曲家・浜圭介特集Part2、驚きの「石狩挽歌」作曲法エピソードなど披露

8月26日(木) 15:21

「武田鉄矢の昭和は輝いていた」





8月27日(金)20時からBSテレビ東京にて放送される「武田鉄矢の昭和は輝いていた」に、作曲家の浜圭介が出演する。

心に沁みる名曲を次々と世に送り出して来た作曲家・浜圭介本人をスタジオに迎え、作曲家としての人生にスポットを当てながら、彼が生み出した名曲の誕生秘話を2週にわたって放送。2週目となる今回のPart2では、昭和の二大作詞家・なかにし礼と阿久悠との運命の出会いによって生まれた誰もが知る名曲の誕生秘話や、歌手の新しい魅力を引き出す浜の楽曲の秘密が明かされる。

作詞家・なかにし礼の数多くの名曲の中でも最高傑作と言われる「石狩挽歌」。浜に託したなかにしの想いとは?また、浜が作曲に苦悩したと言うこの曲に驚きの手法が使われていたことが発覚する。

さらに、阿久悠とのタッグで生み出した八代亜紀の「舟唄」「雨の慕情」の誕生秘話も公開。加えて、浜によって新境地を開いた歌手の森昌子、高山厳についても触れる。

そのほか、スタジオでは「石狩挽歌」をはじめとする名曲を浜が熱唱する。




「激動の時代」と言われた「昭和」は、日本人が振り返りたくなる魅力にあふれています。
この番組では、昭和を象徴する「人」「モノ」「できごと」から、毎回ひとつのテーマをピックアップ。当時の映像・写真を盛り込み、「昭和」の魅力を再発掘していきます!




「武田鉄矢の昭和は輝いていた」 8月27日(金)20時00分〜20時54分
放送:BSテレビ東京
司会:武田鉄矢 / 福田典子(テレビ東京アナウンサー)
ナレーター:城ヶ崎祐子
ゲスト:浜圭介(作曲家)

【紹介楽曲】
・「石狩挽歌」浜圭介(※スタジオ生歌唱)
・「石狩挽歌」北原ミレイ
・「街の灯り」浜圭介(※スタジオ生歌唱)
・「舟唄」八代亜紀
・「雨の慕情」八代亜紀
・「哀しみ本線日本海」森昌子
・「心凍らせて」高山厳
・「昭和最後の秋のこと」浜圭介(※スタジオ生歌唱)




関連リンク ◆BSテレビ東京「武田鉄矢の昭和は輝いていた」オフィシャルサイト

全日本歌謡情報センター

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News