つんく♂、ミスチル桜井への思いやTOKIOとの感動秘話を明かす<初耳学>

林修とつんく♂の対談が実現!知られざる秘話を語りつくす/(C)MBS

つんく♂、ミスチル桜井への思いやTOKIOとの感動秘話を明かす<初耳学>

8月13日(金) 15:15

8月15日(日)の「日曜日の初耳学」(毎週日曜夜10:00-10:54、MBS/TBS系)では、林修が“時代のカリスマ”と1対1で対談する人気企画「インタビュアー林修」を放送。今回、対談相手として音楽家や総合エンターテインメントプロデューサーとして活躍するつんく♂が登場する。
【写真を見る】後藤真希、つんく♂と喧嘩した過去語る「相当ぶつかった」

ロックバンド・シャ乱Qのボーカリストとしてメジャーデビューし「シングルベッド」(1994年)や「ズルい女」(1995年)でミリオンセラーを連発。さらには、モーニング娘。など女性アイドルグループを次々とプロデュースし、エンターテインメントの仕掛人としても活躍してきたつんく♂が、アマチュア時代からからこれまでを振り返り、活動秘話や知られざる心の内を語る。

同期デビューは、Mr.Childrenやスピッツ。なかでも、Mr.Children・桜井和寿は、つんく♂にとって特別な存在だという。なかなかヒットが出なかったシャ乱Qに対し、ひと一足早くミリオンセラーを出し、トップバンドへの階段を一気に駆け上がっていった桜井に、当時は並々ならぬ思いを抱いていたことを語った。

そんなつんく♂には、桜井に対し自身は“凡人”だと痛感した体験があったという。自分の中で“天才”とは何かを突き詰め意識を変えたことで得た教訓、そして“凡人”が“天才”に勝つために実践してきた2つの事を明かす。

さらに、モーニング娘。を皮切りに、ハロー!プロジェクトのプロデューサーとして、ミニモニなど数々のユニットや、松浦亜弥、藤本美貴などソロアーティストのプロデュースを手がけるほか、ハロー!プロジェクトのメンバー以外にも楽曲を提供し、2000年代のJ-POP界のヒットチャートを席巻したつんく♂が、ヒット曲に隠された曲作りの秘密を公開する。

また、2014年にがんを患い声を失ってしまったことで、希望を失い、大好きな音楽活動からも距離を置いてしまったつんく♂を絶望の淵から救った、TOKIOとの感動秘話も明かされる。


【関連記事】
田中れいな、つんく♂の教えに感謝!“なう”の姿を見せ続けられる先輩でありたい
桜井和寿、「憧れるボーカリスト」新妻聖子とのコラボならずも…アニー「Tomorrow」披露
大沢たかお、ターニングポイントとなったドラマを語る<初耳学>
大沢たかお「JIN-仁-」で行ったストイックな役作りを告白「感覚的にちょっと光が見えた」<初耳学>
TOKIO、会社設立の苦労を語る「後輩、絶対マネしちゃだめ」「会議めんどくさい」
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News