竜星涼、ディレクター役に充実感「もの作りをしている感覚が楽しかった」『ドラマ 「家、ついて行ってイイですか?」』

8月13日(金) 8:00

竜星涼さんが主演を務めるサタドラ『ドラマ 「家、ついて行ってイイですか?」』(テレビ東京系、毎週土曜23:25~)が8月14日よりスタートします。

終電を逃した人などに「タクシー代をお支払いするので、家、ついて行ってイイですか?」と番組ディレクターがお願いし、同意を得られた人の住居を訪問してインタビューする大人気バラエティ番組『家、ついて行ってイイですか?』で、実際に放送されて話題を呼んだ回をドラマ化。番組ディレクター・玉岡直人役を竜星さんが演じ、各話に豪華ゲストが出演します。

撮影現場では自分自身でカメラを回し、「共演者の方とコミュニケーションを取っていた」という竜星さん。役者として、また作り手として感じた本作ならではの面白さについて、お話を聞きました。

――竜星さんには『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)の“早瀬さん”など、物語のスパイスになる役どころも多い印象がありますが、今回は等身大の人間らしいキャラクターですね。

今回は主人公ということで、物語の中心であり、一番視聴者目線に近い人物。そういう意味では、他の作品のような“隠し玉”みたいなキャラクターだとちょっと見づらいと思いますので(笑)、なるべく見ている人の共感を得られるような人物になればいいなと思っていました。この作品は主人公の成長物語でもあるので、その流れを大事にしながら丁寧に作っていきましたね。

――今作では、本家(バラエティ番組)のディレクターさんも演出の補佐を担当されていると伺いました。

実際に番組を撮られている上野(健)ディレクターの仕草や、カメラの持ち方、ズームインの仕方などを間近で見させてもらっていました。上野さんの影武者じゃないですけど、彼の後ろに立って、技術を少しでも盗めるように、常にカメラを持ちながらやっていたことが、役作りの上でも欠かせなかったと思います。あとは、話を聞けば聞くほど、オンエアされるまでの苦労みたいなものがひしひしと伝わり、なかなか大変なお仕事だなと感じました。

――撮影中も、他のドラマとは違う部分が多かったのではないでしょうか。

そうですね。本家に似せた作りになっているので、取材をしているところだったり、家に上がらせてもらったりしているシーンには、僕はほとんど出ません(笑)。上野さんがカメラを回している真後ろで、声のお芝居をしていくっていう。“生っぽさ”を意識して、そこで起きたものを大事にしながらアドリブを入れて、ちょっと脱線したらまた修正して……ということを、僕が全部やっていました。普通はドラマでも映画でも、テストをして本番に入っていくと思うんですけど、この作品はほぼ段取りもなく、雰囲気を大事に。ゲストで来る方たちは毎回びっくりしていましたけど、「逆にいいね、おもしろいね」と言ってくれる方も多かったです。いつの間にか本番が始まって、いつの間にか本番が終わる。それが生っぽくもあり、俳優部としては、みなさん楽しかったんじゃないかなと思いますね。

――制作発表の際には、「ドキュメンタリーならではのヒヤヒヤ感は出していけるように」とコメントされていました。

実際のバラエティ番組では、台本も筋書きもない中で、ディレクターさんが相手のいいところを引き出すような質問をして、話を膨らませていくんですよね。でも、ドラマには台本も台詞もあるので、やっぱり“どう転ぶかわからない”っていうディレクター自身のヒヤヒヤ感が薄まってしまうんじゃないかなと。そこを少しでも見せられると、よりドラマが面白くなるんじゃないかということで、家に入ってからは、僕と上野さんとゲストの役者さんだけで撮影していました。監督も他のスタッフさんたちも、見える場所には一切いなくて、本当に僕らのフリー演技。僕が台詞には書かれていないことを勝手に質問したり、広げていったりして、それにゲストの方たちが答えてくださるので、そういうリアリティは、ドラマの中でも追い求められたんじゃないかなと思います。

――なかでも、とくに印象的だったやり取りを聞かせてください。

その部分は本編では使われなかったけれど、研ナオコさんとご一緒した時に、「ご主人は何のお仕事をなさってるんですか?」と台本に書かれていないことを唐突に質問したら、研さんは「知らん」って。それが絶妙に面白くて、知ってるのに冗談でそう言っているようにも見えるし、本当に知らないようにも見えるし。その瞬発力は、さすがだなと思いました。アドリブには役者陣の力量みたいなものが出てくるので、びっくりするような返しが来るのを素直に楽しみながらやっていました。

――撮影は、大きなハプニングもなく順調に?

本当に手持ちのカメラで撮影しているので、たとえばNGがあったらカメラを止めて、またすぐに回して……そこに関しても、リアルな感じですよね。撮影自体はすごくスムーズに進んだと思います。

――先ほどからお話を伺っていて、竜星さんにとって楽しい現場だったことが伝わってきます。

実際に僕が撮影した映像を使っているところもありますし、カメラのモニターを見ながら台詞を言うタイミングを指示したり、「ちょっと撮ってほしいな」と思うものがあれば、合図して撮ってもらったり。まさにディレクターみたいな役割をしていたので、「もの作りしてるな」っていう感覚が、他の作品よりも強かった気がします。それが楽しかったですね。

――制作側としての面白さもあったわけですね。では、もし竜星さんがディレクターになったら、どなたの家について行きたいですか?

僕は矢沢永吉さんの大ファンなので、やっぱり矢沢さんの家に行って、どんな家に住んでいるのか、はたまたどんな物が置いてあるのかを見てみたいです。それこそディレクターのパッションというか、いかに緊張せず、勇気を持って突っ込んだ質問をできるかが試されるかなと(笑)。ぜひ、行ってみたいですね。

――ありがとうございます。最後に、読者へのメッセージをお願いします。

この作品には、ドラマ以上にドラマチックな内容が集まっています。一話一話、本当にこんなことがあったのか!? と思うようなエピソードから、きっといろいろな思いを受け取っていただけると思うので、それを少しでも自分の人生の糧にして、楽しい1日、次の日への一歩を踏み出してもらえたら嬉しいです。そして、本家には面白いものへの探究心があるスタッフさんたちが多くいらっしゃるので、これからもよりドラマチックな作品を撮っていただいて、ドラマも、より多くのゲストを迎えながら、シーズン2、3とシリーズ化していけたらいいなと思っています。

(文:nakamura omame)

<第1話あらすじ>
「家、ついて行ってイイですか?」のディレクター玉岡直人(竜星)は、取材させてくれる人を見つけようと夜の繁華街で必死に声をかけていた。だが、ろくに話も聞いて貰えず、「明日辞表出す!」とつい愚痴が……。

そんな時、一人カラオケを楽しんでいた湊久美子(志田未来)が、自宅での取材に応じてくれることに。家へ向かうタクシーの中で、久美子は同棲相手の柴田佳則(岡田龍太郎)が、1年前から記憶喪失だという衝撃の事実を明かす。

関連リンク
平野紫耀“晴”が松本潤“道明寺”に強くなると宣言!『花のち晴れ』がTVerで配信中

「ダンススタジアム」 参加550校のパフォーマンス全てをTVerで無料配信

『ウォーターボーイズ』や『ROOKIES』などの青春ドラマが続々!「TVerフェス!SUMMER2021」

携帯番号下4桁で占う2021年下半期の運勢ランキング発表!『突然占い』TVerで配信中

田中みな実、北村匠海に熱烈ラブコールも恋愛観は真っ二つ!?『あざとくて何が悪いの?』TVerで配信中
テレビドガッチ

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News