「シンカリオンZ」新操縦士役に蒼井翔太 第14話までの無料配信もスタート

8月2日(月) 23:30

提供:
 放送中の「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」に蒼井翔太の出演が決定した。

 蒼井は、京都府京都市に住む小学5年生で、芸能事務所に所属するアイドル研究生の嵐山ギンガ役を担当する。ギンガは、瞬発力に優れる新たなシンカリオン「シンカリオンZ500こだま」と、「Z500こだま」が「ザイライナー323オオサカカンジョウ」とZ合体した「シンカリオンZ500オオサカカンジョウ」の運転士も務める。

 また、第1~14話の一挙無料配信もスタートした。タカラトミーチャンネル(https://www.youtube.com/playlist?list=PLhWipIfRhqz18H09Ju8KlFHpng45DFY8T)で、8月9日午後5時まで実施されている。そのほか、8月13日放送の第16話では、20年2月に公開された特別プロモーションビデオで話題を集めた「シンカリオン ハローキティ」が本編に登場する。

 同作は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社原案による玩具シリーズを原作として、2018~19年に放送された「新幹線変形ロボ シンカリオン」の続編。新幹線超進化研究所が新たに開発した巨大変形ロボット「シンカリオンZ」の運転士に選ばれた新多シン(CV:津田美波)や、武装強化車両「ザイライナー」の開発に携わる天才整備士・碓氷アブト(鬼頭明里)らが、巨大怪物体を操る新たな敵「テオティ」に立ち向かっていく。

【関連記事】
【インタビュー】「竜とそばかすの姫」細田守監督が考える映画の時代性と海外映画祭の醍醐味
メカゴジラ、「ゴジラvsコング」に登場していた!世界累計興収は500億を突破
8月の「金ロー」は3週連続ジブリ! 「もののけ姫」「猫の恩返し」「風立ちぬ」をノーカット放送
「メイドインアビス」ハリウッドで実写映画化!
映画.com

エンタメ新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ