超特急、ド派手なサンバ曲「CARAVAL」がLINE MUSICで1000万回再生を突破

7月30日(金) 10:30

提供:
超特急の7月21日にリリースした配信シングル「CARNAVAL」が、LINE MUSICにて1000万回再生を突破した。楽曲といいビジュアルといい、全方位でド派手な前代未聞のサンバ曲は、配信開始するなり話題をさらって、瞬く間に偉業を達成。Billboard JapanでもHot100で18位、ストリーミングチャートでもTOP10入りを果たした。思い悩みがちな時代だからこそ、思いっきり騒いで元気になれる曲を――という彼らのメッセージは、今、シーンに大きなうねりを巻き起こしている。

“超特急がニッポンの夏を元気にします”をキャッチフレーズに制作された「CARNAVAL」は、超特急にとって2021年の第1弾となるサマーチューン。ホイッスルが鳴り響いてコールが飛び交う情熱的なサウンドに、ポルトガル語を織り交ぜたメロウなボーカルと勢い満点のラップが乗る今作には、リオのカーニバルそのままの熱気が詰まっている。さらに、ファンタジアと呼ばれる本場のカーニバル衣装を身に着けたゴージャスなビジュアルでも度肝を抜き、なんとMVでは本職のブラジル人女性ダンサーたちとも共演。刺激的な衣装のダンサーたちを率い、カラフルな羽根を背負って踊る様には、8号車と呼ばれるファンたちも騒然となった。さらに、きらびやかなステージでゴージャスな光景を繰り広げつつ、しっかりと変顔を織り交ぜるあたりも超特急らしい。

あまりにも衝撃的なナンバーの登場に、LINE MUSICでは配信初日で早くも100万回再生を突破。以降も120万、130万と再生回数を積み重ねて、連日チャート1位を独走し、ウィークリーランキングでもBTSの新譜を抑えて1位を獲得した。結果、リリースからわずか1週間で驚異の1000万回再生を達成。超特急にとっては、もちろん初の快挙だ。加えてBillboardのストリーミングチャートでは9位、CDセールス等も含めた総合チャートであるHot100でも18位にランクイン。配信のみにもかかわらず、驚くべき成績を叩き出している。

11月23日には結成10周年を記念するワンマンライブ『Dance Dance Dance』を、さいたまスーパーアリーナで開催する超特急。“情熱のダンス”を繰り広げる本作の躍進は、アニバーサリーライブに向けて大きなステップとなるだろう。血沸き肉躍る純度120%のサンバ曲から、前へと突き進むポジティヴな力を、あなたも受け取ってほしい。

■日本を元気で埋め尽くす【CARNAVALミッション】始動!
https://bullettrain.jp/news/news18701/

配信楽曲「CARNAVAL」

2021年7月21日配信



https://ssm.lnk.to/CARNAVAL



【関連リンク】
超特急、ド派手なサンバ曲「CARAVAL」がLINE MUSICで1000万回再生を突破
超特急まとめ
EXIT、初のミニアルバム『GENESIS』発売決定!
OKMusic

エンタメ新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ