旬の果物でフルーツサンドを作ろう! キレイな「萌え断」を作るコツとは?

7月29日(木) 14:00

旬の果物でフルーツサンドを作ろう! キレイな「萌え断」を作るコツとは?

色とりどりの果実と生クリームをたっぷり使ったフルーツサンド。「爽やかな甘さと酸味がおいしい」「ビタミンカラーの断面がキラキラしていてきれい!」と大人気です。なかでも、お花のように見えるフルーツサンドは特にかわいく目を惹きます。

そんなキュートなフルーツサンドを手作りして、おうちカフェタイムを楽しんでみませんか? 断面がかわいい “萌え断”フルーツサンドの作り方のコツとともに、SNSでも注目のサンド例をご紹介します。

■キレイな「フルーツサンド」を作るコツ
フルーツ専門店をはじめ、いまや多くのショップで売られるほど人気のフルーツサンド。買うとちょっと高めですが、「おうちで作れば買うより安くて、思ったよりも簡単にできる」というわけで、おうち時間が多くなったいま、自分で手作りする人も増えています。
インスタグラマーのemufoodpicさんこと、えむさんもそんなおひとり。

えむさんのInstagram(@emufoodpic)より

 
このときは「大好きなキウイが安かったから」とパックで買ってフルーツサンドにしてみたそうです。
フルーツサンドは食パンフルーツ生クリームがあれば作れますが、フルーツの水気が多かったり、生クリームが柔らかすぎると切った断面が崩れて残念な仕上がりになりがち…。そこで、えむさんがきれいに作れるポイントを教えてくれました。

<フルーツサンドの作り方のポイント>
・フルーツの水気をしっかり拭く
・クリームは硬めに作る
・キツめにラップを巻いて、一晩寝かせる
・切るときは包丁を熱湯で温めてからラップごと切る
「これさえ守れば失敗しない」とえむさん。最初はきれいに作る自信はなかったそうですが、このポイントを押さえてからは、気楽に作れるようになったそう。えむさんは冷蔵庫で一晩寝かせていますが、時間がないときでも2時間ぐらいは冷蔵庫で冷やすときれいに切れるようです。

生クリームを自分で泡立て作るのがちょっと面倒…という方は市販のホイップクリームでもOK。冷蔵庫で冷やせば硬めになるので大丈夫です。

「フルーツサンドは買ったら高いから、作れるようになってよかったなーって思える一品」というえむさん。断面がとてもきれいなうえ、ゴールドキウイとグリーンキウイを組み合わせた色合いが夏らしくていいですね。

えむさんはほかにも、簡単に作れて見た目がかわいいハート型いちごのフルーツサンドも紹介しています。

えむさんのInstagram(@emufoodpic)より


このときは「あまおうをいただいたので、贅沢にたくさん使っちゃいました」というえむさん。断面がハートに見えるように、いちごのへたを取ったところをV字に切って並べたそうです。

<ハートサンドをキレイに作るコツ>
1.上をV字に切り落とす
2.V字部分の水分をしっかりふき取る
3.V字部分にもクリームを詰める
えむさんのInstagram(@emufoodpic)より


このときもクリームは硬めにして、半日冷蔵庫に寝かせてから切ったら…「こんなにガーリーなハートのいちごサンドができあがった」といいます。ほんのひと手間かけただけでかわいく仕上がれば楽しいはず。

春が旬のイチゴは終わってしまいましたが、ネットや果物専門店では夏秋イチゴも出回っているので、ぜひ試してみるといいでしょう。

■かわいい「お花フルーツサンド」の作り方
せっかくおうちで作るなら、切り口がお花のように見えるフルーツサンドにトライしてみるのも楽しみ。そんなお花フルーツサンドをたくさん手作りしているインスタグラマーのhoshitae_さんこと、ほしたえさんが作り方をわかりやすく紹介しています。

ほしたえさんのInstagram(@hoshitae_)より


こちらはイチゴとキウイを使ったというチューリップサンド

<チューリップサンドの作り方>
1.イチゴのとがった部分をギザギザにカットし、キッチンペーパーで水気をふき取る
2.キウイの両端の丸い部分を葉っぱにし、茎の部分はまっすぐにカット。水気を拭き取る
3.まな板にラップを敷いてから食パンをのせ、生クリームをぬっていく
4.まん中より上にイチゴを、その下に葉っぱ→生クリーム→茎→生クリーム→葉っぱの順でのせていく
5.隙間には好きなフルーツをのせ、その間に生クリームをたっぷりぬり、もう一枚の食パンにも生クリームをぬってのせる
6.ラップで包んで、2時間以上冷蔵庫に冷やしてからカットすれば完成

ほしたえさんのInstagram(@hoshitae_)より

 
こちらの写真でわかりやすく紹介していますが、カットする際に、チューリップの形を横から見たところは、とくに作る際の参考になるはず。

ほしたえさんのInstagram(@hoshitae_)より


「カットする前にしっかり冷やすのがコツです。お急ぎなら冷凍庫で一時間くらいでも大丈夫です」とアドバイス。
初めて作るときはドキドキしますが、一度作ってみると作り方のコツがつかめると思うので、ぜひ何度かトライしてみるといいでしょう。

ほしたえさんのInstagram(@hoshitae_)より

 
ほしたえさんはチューリップサンドをキューブ型で作ってみたり、横並びにしたり…といろいろアレンジしていますが、作り方のポイントがわかれば応用できるのでこちらもぜひ参考に。

ほしたえさんのInstagram(@hoshitae_)より


<キューブ型チューリップサンドのポイント>
・4等分したときの切り口がチューリップの形になるように、葉っぱと茎の向き、イチゴの向きに注意。
・食パンに生クリームぬったら、葉っぱと茎の部分を写真のようにのせ、その上にいちごをのせて、隙間には好きなフルーツを。生クリームも隙間なくたっぷりぬること。
あとはラップで包み、冷蔵庫で冷やしてから4等分にカットするだけでかわいく仕上がります。

こちらは横にチューリップを並べたフルーツサンド。
ほしたえさんのInstagram(@hoshitae_)より


お絵かきしたようにかわいいですね。このときはカステラを使ってみたそうですが、食パンでももちろんOK。チューリップの形を横に並べて作れるので、応用編としてトライしてみるといいでしょう。

ほかにも、イチゴとキウイでさくらんぼの形にしてみたり、オレンジやみかんでひまわりをイメージしてみたり。ブルーベリーやぶどうでぶどうサンドを作ったり…といろいろ楽しんでいます。

ほしたえさんのInstagram(@hoshitae_)より


「3種類並べるとかわいい!」というほしたえさんですが、フルーツの種類や切り方+並べ方をちょっと変えるだけでいろいろなバリエーションが楽しめるので、アレンジしてみるといいかも。
こんなかわいいフルーツサンドでおうちカフェタイムを楽しめたら思わず笑顔になれそうですね。



■みんなの「フルーツサンド」アイディア
フルーツサンドでよく使われるイチゴやバナナはもちろん、初夏から夏にかけてはさくらんぼやメロン、サマーオレンジ、マンゴー、ブルーベリー、ぶどうなどいろいろなフルーツが出回るので、季節の好きなフルーツを使って作ってみるのも楽しみ。

シンプルだけどインスタ映えするフルーツサンドから、お花のフルーツサンドまで。インスタグラマーさんたちが作ったサンド例をいくつかご紹介しましょう。

こちらはインスタグラマーのniziiro.mさんこと、Mari.Oさんオープンフルーツサンド

Mari.OさんのInstagram(@niziiro.m)より


イチゴをチューリップ型に切って、のせただけのシンプルなフルーツサンドですが、かわいくて思わずにっこりしてしますね。
「パスコの米粉のロールを使って、ずっと作ってみたかった、チューリップのマリトッツオ風いちごサンドを作ってみました」とMari.Oさん。「かわいくてキュンキュンする」「朝からこんなに可愛いいちごサンドが食べられたら、余裕で1日がんばれちゃう」というコメントをはじめ、たくさんのイイネの声が寄せられています。

Mari.OさんのInstagram(@niziiro.m)より


Mari.Oさんは同じパンを使って、いまが旬のさくらんぼをのせたこんなフルーツサンドも紹介しています。「採れたてのさくらんぼなのでツヤツヤピカピカ」といいますが、これなら手をかけなくてもかわいく見えるので、初めてでも簡単にトライしてみたくなりますね。

もうひとつMari.Oさんの夏らしいオープンフルーツサンド。
Mari.OさんのInstagram(@niziiro.m)より


「ホイップクリームが残っていたので、食パンとゴールドキウイでタルギケーキ風にしてみました」といいますが、ゴールドキウイ入りの炭酸水といっしょにいただく朝食が見た目にも涼しげでとても爽やかですね。キウイをカットしてのせるだけなのでこちらも簡単にトライできそう。

kaoriさんのInstagram(@kaori.k22)より


こちらはインスタグラマーのkaori.k22さんこと、kaoriさんが手がけたキューブ型のフルーツサンド。シンプルながら「キューブサンドはケーキみたいでかわいく見える」と人気です。

kaoriさんのInstagram(@kaori.k22)より


7月から秋にかけて出回るシャインマスカットで作ったキューブサンドもkaoriさん作ですが、おしゃれで美しい雰囲気ですね。
先ほどチューリップのキューブ型を紹介しましたが、キューブサンドはこうしてフルーツをシンプルに並べてカットしただけでもインスタ映えするので、季節のフルーツを使ってあれこれ試してみるといいでしょう。

こちらは食パンをロール型にくるりと巻いてカットしたいちごとバナナのロールサンド

Mari.OさんのInstagram(@niziiro.m)より


前出のMari.Oさん作ですが、「これも見た目にかわいいし、一口サイズで食べやすく、つまんで食べれるので、小さなお子さんがいる家庭やパーティーなどにもいいかも」といいます。簡単に作れて食べやすいので、お子さんのおやつにおすすめです。

ほしたえさんのInstagram(@hoshitae)より

 
また、前出のほしたえさんはチューリップの形をひと口サイズのロールサンドにしていますが、見ているだけでかわいいおやつならお子さんの笑顔も倍増しそうですね。

こちらはインスタグラマーのmasako_129さんこと、masakoさんの横並びチューリップサンド。

masakoさんのInstagram(@masako_129)より

   
前出のほしたえさんの作り方を参考にしてみたそうですが。「まん中はアレンジしてミカンのお花にしてみました。サンドイッチ用の食パンに3つ並べたら ぎゅうぎゅうです」とはいえ、「食べるのがもったいなくなりそうなほどかわいい」と評判です。

「今回のフルーツサンドはいつもの生クリーム+砂糖に、マスカルポーネも加えてみました」というmasakoさん。生クリーム2に対し、マスカルポーネ1の比率にしてみたら、「コクがあって美味しかったです」といいます。クリームの味をお好みでアレンジしてみるのもいいでしょう。

インスタグラマーのikuko5800さんこと、高橋郁子さんはみかんを使ってお花フルーツサンドを。これからの季節はサマーオレンジを使ってもおいしそう。

高橋郁子さんのInstagram(@ikuko5800)より


元気なオレンジカラーが夏らしく、カットした断面のお花が「マリーゴールドみたい」とお気に入りの様子。おうちフルーツサンド作りはできあがりを想像しながら待つ時間も楽しそうですね。
中のクリームはリコッタクリームでヘルシーに仕上げたそうですが、なかには、「キウイとブドウも入っているのでいろいろな味がしてこれまた美味しい」といいます。爽やかな柑橘系の香りが漂うおうちカフェ風景がすてきです。

長引くおうち時間も気分を変えて、かわいくておいしいフルーツサンドを手作りすれば、ワクワク、ドキドキ。お子さんのいるお宅なら、親子でいっしょに作ってみるとより一層楽しめるはず。

できあがったキュートなフルーツサンドで、おうちカフェを楽しめば気分も上がりますよ。さっそくお好きなフルーツを使ってお試しあれ。

※生のフルーツを使って作るため、冷蔵庫で冷やしてカットした後はなるべくお早めにお召し上がりください。今回ご紹介したInstagram、ブログ
・えむさん(@emufoodpic)

 
https://www.instagram.com/emufoodpic/
・ほしたえさん(@hoshitae_)
https://www.instagram.com/hoshitae_/
・Mari.Oさん(@niziiro.m)
https://www.instagram.com/niziiro.m/
・kaoriさん(@kaori.k22)
https://www.instagram.com/kaori.k22/
・masakoさん(@masako_129)
https://www.instagram.com/masako_129/
・高橋郁子さん(@ikuko5800)
https://www.instagram.com/ikuko5800/


(根本厚美)
ウーマンエキサイト

生活新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

生活アクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ