音楽プロデューサーの渡辺善太郎が膵臓(すいぞう)がんのため死去

7月28日(水) 13:15

提供:
音楽プロデューサーの渡辺善太郎が7月22日に膵臓(すいぞう)のため亡くなったことが、27日に日本音楽制作者連盟を通じ伝えられた。かねてより病気療養中だった。57歳だった。

渡辺善太郎は1963年8月9日岡山県生まれ。詩人の血、oh! penelopeでのグループ活動を経て、プロデューサー活動を開始。Chara「やさしい気持ち」やhitomi「Love2000」、いきものがかり「花は桜、君は美し」など多くのヒット曲を手掛けた。坂本真綾、鈴木瑛美子らのプロデュースも手掛け、映画『Laundry』『重力ピエロ』やドラマ『はつ恋』(NHK)の劇伴音楽も担当した。

葬儀は、家族葬で執り行われ、お別れの会などが行われる予定はないという。



【関連リンク】
音楽プロデューサーの渡辺善太郎が膵臓(すいぞう)がんのため死去
渡辺善太郎まとめ
Girls²、スバにぃ(木村昴)とのコラボ曲「Enjoy」先行配信開始&MVを公開
OKMusic

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News