「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

7月24日(土) 20:55

「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…
現在、第1子を妊娠中のゴマフぱんださん。でも、ここに至るまでには、いろいろなことがあったそう。学生時代からの生理不順、多嚢胞性卵巣症候群の判明……。それらを乗り越えて、妊娠するまでの様子をマンガで公開されています。
今回は第13話「#運命の日」をお届け。
多嚢胞性卵巣症候群と診断を受け、服薬を開始して1カ月。基礎体温が整うようになったのですが、高温期が続いていて……。「もしかして妊娠!?」と思いつつも、違ったときにショックを受けないように、期待しすぎないようにしてたゴマフぱんださん。いよいよ医師の診察を受けます。

「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…
「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…
「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

妊娠、できていました! 心の底からうれしかったです。

結局、私の場合、第1子妊娠に至るまでの期間は、子どもを意識し始めてから約半年、風疹ワクチン接種による避妊期間を終えてから1~2カ月ほど。多嚢胞性卵巣症候群や生理不順などあった割には、早かったかなと思います。

それでも、不妊への不安は絶大なものでした。
とにかく、早めに病院に行ってよかった!これにつきます。
自分の身体を正しく知ることができたことが、妊娠への近道だったと思っています。

監修/助産師REIKO

著者:イラストレーター ゴマフぱんだ
大学で出会った夫と4年付き合ったのち、結婚し、現在結婚3年目。学生時代から生理不順で、その後多嚢胞性卵巣症候群が判明。治療しながら妊活をおこない、2021年6月に第1子出産予定のプレママです!


【関連記事】
「一生忘れない」出産に立ち会った夫。息子が生まれたとき、一瞬感じた不安とは…
夫「掃除したほうがいいよ」超ショック!ついていたのは…【生理体験談】
わが子が4歳になった今思うこと…あのとき手術しておいて本当よかった!
植えつけられる恐怖。母親にも伝えることができず… #小学生に信じられない要求をされた話 2
「えっと、どちら様?」鏡に映った姿が想像とかけ離れすぎてパニック!w #思ってたんと違う無痛分娩レポ 2
ベビーカレンダー

生活新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

生活アクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ