わが子が4歳になった今思うこと…あのとき手術しておいて本当よかった!

7月24日(土) 18:55

わが子が4歳になった今思うこと…あのとき手術しておいて本当よかった!
んぎぃちゃんが1歳4カ月のころ、デルモイドシスト(※1)の手術を受けました。手術は無事に終わり、入院生活に終止符を打つことになったんぎぃちゃん。退院後はいつもの生活に戻りました。
前回のお話:退院から10日後、病院を再受診!抜糸はチャチャッとスムーズに終了!
手術してから、3カ月が経ちました。

ママはんぎぃちゃんの顔をじっと見つめて、傷痕が残っていないかを確認しています。
3カ月後、傷痕の治りは……?
んぎまむ207話

んぎまむ207話

んぎまむ207話

んぎまむ207話

3カ月もすれば、よ~く見ないと痕がわからないくらいにまでなりました。

顔に傷が残るかも……という不安も少なからずありましたが、2歳になるころには手術したことすら忘れてしまうくらい、何もわかりません!

全部無事に済んだし、早く手術してよかったなぁと思いました。

もうちょっと大きくなっていたら、多分検査からの待ち時間やその他でも、もっと大変だったかも……!

まだ自我も少なくほとんど喋れない、ようやく歩き出したころだったのが、んぎぃちゃん的には良い時期だったかなと思いました。

また、気になったらいろんな所で診てもらうのも重要なんだな、と学んだ出来事でした。

この先、んぎぃちゃんが大きな病気にならないことを願います。

(※1)別名、類皮嚢胞(るいひのうほう)。良性の腫瘍で様々な部位にできます。皮膚、汗腺、脂腺、毛などを含む腫瘍で円形、楕円形、のう胞様、円盤型等の形を呈します。治療は外科的に摘除することで、MRI検査などで診断されますが、最終的には摘出した組織の病理検査が必要です。

監修/助産師REIKO

著者:イラストレーター んぎまむ
2017年1月18日生まれの女の子、「んぎぃちゃん」を子育て中。イラスト・漫画制作中心の在宅クリエイター。ベビーカレンダーでは、んぎぃちゃんを妊娠中から出産、育児まで怒涛のんぎまむライフを「んぎぃちゃんカレンダー」として連載中。


【関連記事】
夫「掃除したほうがいいよ」超ショック!ついていたのは…【生理体験談】
植えつけられる恐怖。母親にも伝えることができず… #小学生に信じられない要求をされた話 2
「えっと、どちら様?」鏡に映った姿が想像とかけ離れすぎてパニック!w #思ってたんと違う無痛分娩レポ 2
「電池切れのロボットになってしもた」息子に異常が?固まってしまい… #太郎ちゃんの声が聞こえなくなった話 3
「ケーキ、覚えてる?」まさか…! 義母が盗みを働いた理由に呆れる #物が無くなる家 25
ベビーカレンダー

生活新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

生活アクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ