自分を過信していたかも…まさか3人目で初めて切迫早産になるなんて!【体験談】

7月24日(土) 16:25

自分を過信していたかも…まさか3人目で初めて切迫早産になるなんて!【体験談】
3人目を妊娠中、初めての切迫早産を体験しました。上の子たちのときは経過が順調で特に問題なく、3人目の今回もつわり以外は順調だったので、まさか自分が切迫早産になるとは思っていませんでした。切迫早産の体験談と、切迫早産を経て思ったことをお話しします。
知らず識らずのうちに無理を重ね…
3人目を妊娠したとき、私はフルタイムで会社勤めをしていました。つわりがひどかったので妊娠初期は休職していましたが、安定期に入ると復帰。上の子たちの妊娠中は経過が順調だったこともあり、体を動かすくらいがちょうどいいと思っていたのです。

オフィスワークで座りっぱなしだったので、立ち仕事ほどは動いていないと自分を過信していました。保育園の送迎や、毎日30分の電車通勤……。知らず識らずのうちに無理を重ねていたことを、私は自覚していませんでした。
妊娠28週目で突然頻繁な張りが!
出産予定日が3月の初旬だったため、妊娠30週を迎える12月末に仕事を退職することが決定しました。ところが退職目前の妊娠28週目、夜中に不規則なおなかの張りが襲ってきたのです。生理痛のような鈍い痛みが1時間に4~5回あったため、翌朝に産婦人科を受診。

受診時には張りはおさまっていたものの、子宮頚管が33mmと短めだと指摘されました。間もなく退職日であることを医師に相談したところ、子宮口がしっかり閉じてるので張り止めを飲みながら通勤しましょうということになりました。
子宮頚管が伸びて安心しきっていたら…
張り止めの効果もあり、再び頻繁な張りが来ることもなく無事退職の日を迎えました。妊娠30週目の妊婦健診では子宮頚管も40mmほどに伸びており、子宮口もしっかり閉じていたので私はひと安心。

念のため張り止めの薬は飲み続けていたものの、少し気が緩んでいたのでしょう。お正月に親戚の家を回ったり、ショッピングモールの初売りや初詣に出かけるなど動き回ってしまったのです。すると妊娠31週目を迎えたある日の夜中、再び1時間に5~6回の不規則なおなかの張りに襲われたのです。
再び強い張りが!再度切迫早産と診断…
強い張りが繰り返すものの、とりあえず朝まで様子を見ることにしました。しかし朝になっても痛みが引かなかったため、産婦人科に電話をかけることに……。助産師さんに「入院の荷物を持ってすぐ来てください」と言われ、そこで初めて慌てました。

受診したころには痛みが引き始め、子宮口が閉じていたので入院は免れましたが、再度切迫早産との診断がおりました。張り止めの処方と自宅での安静を言い渡され、臨月までほぼ寝たきりで過ごしたのです。その後、妊娠37週2日で無事に出産しました。

3人目で初めて切迫早産を経験して、自分を過信して無理を重ねてしまったと反省しました。上の子たちのときに順調でも、次の妊娠も順調とは限らないと実感したのです。それから、妊娠中は自分の体調をしっかり把握することが大事だと学びました。もし次に妊娠することがあれば、自分の体調を把握して無理せず過ごしたいと思います。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

先輩ママの体験談、いかがでしたか?「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

監修/助産師REIKO
イラスト/キヨ
著者:河津明香
2男1女の母。旅行代理店勤務をしながらの育児を経て、フリーランスのライターへ転身。現在は発達障害の長男のサポートをおこないながら、旅行・育児・生活雑貨などの記事を中心に執筆。



【関連記事】
「え、2時間後に手術?」急きょ帝王切開に!初産で予備知識がないまま挑んで
「出産は安産だったのに…」産後に高熱!まさかの病院へ逆戻りで再入院!?
娘が口の中を切って出血!お盆で病院は休診中。こんなときどうしたら!?
出生前診断が当たり前?!フランス人夫との価値観の違いにも戸惑い…
赤ちゃんに多いあせも。予防方法とできたときの対処法【医師解説】
ベビーカレンダー

生活新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

生活アクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ