文春砲直撃に「結婚ボカシ」四千頭身・後藤と見取り図・リリーに「ドンファン・渡部」危機!

7月16日(金) 7:05

提供:
 人気お笑いトリオ・四千頭身後藤拓実(24)と3歳年上の舞台女優・柚木亜里紗(27)の交際を、7月14日付の『文春オンライン』がスクープし、話題を呼んでいる。

 四千頭身は2016年に後藤、都築拓紀(24)、石橋遼大(24)の3人で結成。結成2年目の2017年には『M-1グランプリ』で準々決勝に進出。早い段階で注目を集め、現在もお笑い第7世代の芸人として番組で目にする機会も少なくない。

 以前から後藤は、タワーマンションに住んでいること、高級車のアウディを購入したことを公言し、「夢をつかめば、こうなれます」と売れない後輩芸人に向けて豪語していた。

 一方の柚木は148cmと小柄でショートカットが似合う女性で、地元・宮城県でスポーツキャスターとして芸能活動をスタート。上京後は劇団に所属し、舞台女優として活動している。

 記事によると、今年4月に後藤から告白して交際が始まったという。後藤は記者の「真剣交際だと聞いています」という質問には「そうなんですね。ただ(柚木が)いるときだけは勘弁してください」とし、結婚については「まだちょっとねぇ、わかんないです」と明言しなかった。

「記事にもありますが、ああ見えて後藤さんは肉食系芸人として知られ、モテるし女性関係もかなりお盛んなんです。お笑い界やテレビ界にもその話は知れ渡っていますし、いろいろな女性と遊んでいるようで、柚木さんだけとは、多くの関係者が思ってはいないのではないでしょうか。後藤さんの周囲も、彼の下半身事情には警戒しているとも聞こえてきていますね。

 後藤さんは直撃に“結婚はわかんないです”と応じていましたが、その可能性は限りなくゼロに近いのでは……。“ないですね”と言っているのと同じではと、多くの関係者が口をそろえていますね」(お笑いプロ関係者)

■見取り図・リリーは月2桁の新しい女性と関係

 東の女性好き芸人が四千頭身・後藤だとしたら、西の女性好き芸人は見取り図リリー(37)だという。

 見取り図は2007年にリリーと盛山晋太郎(35)で結成。2018年から3年連続で『M-1』の決勝に進出し、2020年には3位の好成績を収めて一気にブレイク。現在は『ラヴィット!』(TBS系)をはじめ、全国ネットの番組で目にする機会も増えている。

「リリーさんは自他ともに認める女好きで、盛山さんからもラジオで“頼むからタチの悪い女遊びはやめてくれ”と注意を受けるほどです」(放送作家)

 リリーは「note」で日常や思ったことについて綴っているが、中には「はやく気軽にコンパとかできる世の中になって欲しいな」「高感度あがれ。。。上がってモテろ!ちゃんねー寄ってきてくれ!!!」といった文章も少なくない。

 コンビのYouTubeチャンネル『見取り図ディスカバリーチャンネル』に2020年11月にアップされた「【リリー100の質問】謎多き男リリーを丸裸に!」で、リリーは自身の性格を「ピュア」と答えた。

 しかし、盛山は「月2桁の新しい女性と関係を持ってるやつがピュアなわけないやろ」と驚きの情報を公開。これをリリーも「コロナ禍前の話な」と否定することはなかった。

 また、動画では今まで告白された人数について「20~30人」とも答えており、リリーが女性からモテることも明らかになった。

■独身芸人であっても求められる“清廉性”

 前出の放送作家が続ける。

「本人が公言するようにリリーさんは相当な女好きで、女遊びが激しいそうですよ。たしかに大阪では“面白ければ芸人はある程度何をしてもいい”という風潮があるようですし、大都会・大阪と言えどもローカルでもありますから、女性スキャンダルが大々的に報じられる可能性も低い。

 ただ、見取り図が今後ゴールデンやプライム帯の番組に多数のレギュラーを持つようなタレントになってきたときには、話が変わってくるでしょう」

 現在、見取り図は大阪を拠点にしており、東京で仕事がある際にはホテルに宿泊したり、ときには1日で大阪と東京を往復することもあるようだ。

「今は東京本格進出の直前、というようなタイミングで、ほどなく活動の場を東京に完全に移すのだと思われます。そんな見取り図は、現在、インパクトのある見た目で、甲高い声のツッコミが特徴の盛山さんのほうが目立っていますが、次にルックスとお笑いの実力を兼ね備えているリリーさんの面白さがお茶の間に浸透していけば、それが見取り図の完成形。彼らはますます売れっ子になるでしょうね。

 四千頭身の後藤さんもリリーさんも、独身ですからトラブルにさえならなければ、多くの女性と交際、関係があっても問題ないはずです。しかし、最近は独身であっても、そして芸人であっても、地上波のゴールデンなどで活躍するタレントには清廉性が求められる時代です。芸人にはツラい世の中でしょうが、地上波テレビはスポンサーを気にし過ぎるほど気にしますからね」(前出の放送作家)

 TBSの小林廣輝アナウンサー(27)が、複数の女性とのただならぬ関係を報じられ、“赤坂のドン・ファン”とまで言われる事態に発展してしまったが、後藤やリリーがさらにメジャーな芸人になれば、彼のように過去に関係を持った女性から“タレコミ”される可能性もあるだろう。

「週刊誌にそういったスキャンダルが報じられれば、アンジャッシュ渡部建さん(48)ではないですが、下半身リスクで番組に使われなくなる可能性もある。後藤さんもリリーさんも今後の大活躍が期待されていますから、そうならないよう気をつけてほしいと考える関係者も多いようですよ」(同)

 今、四千頭身・後藤、見取り図・リリーは狙われている!?




【関連記事】
V6三宅健、フジ女子アナに“公開告白”「大好き」「キレイだなぁと思って」
佐々木希、“デコだしショット”に絶賛の声も「やせすぎ」指摘止まらず!
山下智久、“体型激変”にファンざわつく「めっちゃおっきく」「胸の成長が……」

日刊大衆

生活新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

生活アクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ