<純烈物語>BARBEE BOYSが小田井涼平を邦楽へといざなった<第100回>

6月12日(土) 8:50

提供:
<純烈物語>BARBEE BOYSが小田井涼平を邦楽へといざなった<第100回>
―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー ~純烈物語」]―

◆<第100回>小田井涼平はバンドブームのリアルタイム世代、洋楽から邦楽へいざなったBARBEE BOYS

 1971年生まれである小田井涼平の少年時代は、ソノシート文化の全盛だった。レコードよりも薄くペラペラで『小学一年生』のような学年誌の付録につけられており、全国のチビっ子たちがそれを通じアニソンを聴いていた。

 マジンガーZやゲッターロボの主題歌を好んで聴くようになったのが、小田井にとっての音楽の入り口。加えて家には両親が買ったドーナツ盤がいくつもあり、小さなレコードプレイヤーでかけていた。音楽のツールがいくつもある今とは違い、耳に入ってくるとしたらテレビかラジオ。

 小田井家はラジオを聴く習慣がそれほどなかったため、必然的に“テレビ括(くく)り”となる。大ヒットした『およげ!たいやきくん』は言うまでもなく『サンデーパパ』『パタパタママ』といったポンキッキソングをよく聴いた。また、ピンク・レディーやキャンディーズが流れてくると、妹が踊りをマネしながら口ずさむ。

「ピンク・レディーやキャンディーズはドリフターズの番組によく出ていたやないですか。志村けんさんとか加藤茶さんと絡むのが僕は好きで見ていて、そこで歌も聴くことになる。流行歌として口ずさむことはあったんでしょうけど、そこまですごいファンかというと断片的にサビの部分だけ知っているような聴き方でしたね。

 小学校高学年になってイモ欽トリオが出たんです。『ハイスクールララバイ』(作詞・松本隆、作曲・細野晴臣)が流行って、そのあとの『ティアドロップ探偵団』や『欽ドンの良い子悪い子普通の子のテーマ』とか、ああいうのを全部覚えました。だから番組括りなんですよね、音楽との出会いは。レコードも簡単には買えないので(シングル盤が700円)、テレビの前にラジカセを置いて録音して聴いていた時代です」

◆アニソンにハマった中学時代、洋楽に魅せられた高校時代

 中学へ入る頃にはアニソン一本となり、サンライズ系ロボットアニメの主題歌を聴き漁った。今思うと、それが音楽を音楽として意識するきっかけだったと小田井は振り返る。

 登場人物のリン・ミンメイ(声・飯島真理)が歌う『超時空要塞マクロス』の主題歌『愛・おぼえていますか』(作詞・安井かずみ、作曲・加藤和彦)は『ザ・ベストテン』でランクインを果たすほどのヒットとなり、学校でもクラスメートと合唱した。そこから急転し、洋楽へハマったのもテレビがツールだったから。

 中3から高校へ進学する頃、小林克也の『ベストヒットUSA』やマイケル富岡の『MTV』が始まる。『夕やけニャンニャン』を見ているとよく洋楽が流されており、そのカッコよさに「なんていう曲だろう?」と思っても当時は調べようがなかった。

 そんな時、洋楽番組を見るとアメリカやUKチャートに入った曲が流され、夕ニャンのあのフレーズが聴こえてきて名前とアーティストが解明する。さっそく小田井はまだ出始めの頃のレンタルレコード店にいき、カセットに録音しまくった。

「それが高校2、3年。洋楽のきっかけはWham!(ワム!)でした。マクセルのカセットテープのCMに『Bad Boys』が使われていて、オシャレでカッコいいと思ったところから追いかけ始めてね。あの頃って、ステレオコンポやラジカセといったオーディオ機器がAV(オーディオ&ビジュアル)時代といって流行っていた。それで家電メーカーもCMソングに力を入れていたんです」

 そこからはDURAN DURAN、STARSHIP、THE BANGLES、シーナ・イーストン、シーラ・E、マイケル・ジャクソンに、シブいところではブルース・スプリングスティーン。ZZ TOPにハードロックバンドのKISSにいたるまでジャンルを問わず洋楽であれば聴きまくった。

 そのほとんどがCMソングで、それきっかけにアルバムを借りて全曲聴きレパートリーを増やしていった。1985年にアフリカ飢饉と貧困救済のキャンペーンソング『We Are The World』が発表されると、そこに参加した全アーティストの曲にも耳を通した。

 FM情報誌『FM STATION』を買うと、表紙のイラストを描いていた鈴木英人のインデックスがついている。それを切って、レタリングシートを買い文字を記すのが楽しくて仕方がなかった。こうして自分が編集したセットリストによるカセットテープを量産していく。

 そんな洋楽一筋の小田井が、邦楽に衝撃を受ける。テレビ大阪でやっていた音楽番組をたまたま見ると、男性と女性が交互に歌うバンドのミュージックビデオが流れた。

◆BARBEE BOYSにひっくり返った

 東京湾と周辺の河川を走る船の上で歌い、踊って演奏する5人組の頭上を、モノレールや飛行機が通り過ぎていく。「いったいなんだったんだ!?」と小田井が思ったその曲は、BARBEE BOYSの『なんだったんだ? 7DAYS』。

「カッコいいな、この曲って思いましたね。KONTAさんの声がものすごく声が高いんで、勝手に洋楽っぽく聴こえたんだと思います。あの曲に関しては、杏子さんのパートが少ないんで最初、コーラスの人だと思ったんです。それでも男と女がボーカルで歌うんやなと。

 男女のデュエットって演歌とかではあったけど、こういうスタイルはなかったやないですか。しかもKONTAさんが女の人と同じキーで歌っているという。さっそくマネしましたけど高すぎて無理。バービーがきっかけで邦楽に変わっていきましたね。やっぱり、英語だと歌えないんですよ。なんとなく適当な英語で歌っていたのに対し、日本語の方が入ってくる。そこで、ひっくり返りましたね」

 すでにレンタルレコード店はCDに変わりつつあり、小田井はファーストアルバムから7DAYSが収録されているサードまでの3枚を借りる。どれもこれも、とにかくカッコよかった。歌詞における男の女のやりとりに、大人の匂いを感じた。

 2019年6月の純烈NHKホール単独公演にて、小田井はBARBEE BOYSのヒット曲『目を閉じておいでよ』をステージ上で歌った。これは、演出担当・小池竹見のアイデア。女性ユニットのベッド・インがゲストとあり、男女の掛け合いということでセレクトされたものだった。

「あの時に思ったのは『目を閉じておいでよ』ももちろん好きやけど、バービーの曲としてはきれいなんですよね。あのバンドならではの魅力って、歌詞も含めての泥臭さやないですか。『はちあわせのメッカ』とか男女の関係を歌っていながら、男と女の言い分が噛み合っていない。それがいいんです」

 今でもこうした認識を持っているということは、リアルタイム時はどっぷりと歌詞の世界観にハマったのだと思われる。白川裕二郎が、尾崎豊によっていざなわれたように。

 小田井がBARBEE BOYSを知った頃は80年代バンドブームが押し寄せてきたタイミングだった。そこで誰もが口にし、そしてコピーに走ったのがBOOWY。

◆「ボウイってなんや? デヴィッド・ボウイとちゃうんか」

 洋楽を聴いていた時点で、周りの音楽好きからいくつかのアーティスト名が出ても、最終的には「でもやっぱBOOWYだよなあ」との結論にいたるのが常だった。その中で小田井だけが「ボウイってなんや? デヴィッド・ボウイとちゃうんか」といったノリ。

「その頃はバービー一本でほかはまったく聴かなかったのと、他人がいいって言っているのが嫌だったんですね。洋楽の時から、自分が作ったカセットを友達に聴いてもらって、いい曲やなって言ってもらいたかった。そういう気持ちが浮かぶと、マニアックな曲を選ぶようになる。そんな流れで来たから、みんながBOOWYって言うほど俺は絶対好きにならん!ってなったんです」

 学生同士でお金を出し合って地元のホールを借り、5組ほどが出演するライブへ友達が出るからと足を運んだら、すべての参加バンドがBOOWYだった。その後、いよいよ自分たちもコピバンをやろうとなり、まずは誰の曲をコピーするかとミーティングしたところ、ここでも「俺、氷室京介になりてー」「ホテイ(布袋寅泰)のギターソロを弾きたい」といった声で埋め尽くされる。

「おいおい、ちょっと待て。BOOWYはみんなやってるぞ。やめへんか?」
「じゃあ、何をやるんだよ」
「BARBEE BOYSって知っとるか?」
「知っとるけど、よう聴いたことがない」

 友人たちに、小田井がBARBEE BOYを聴かせると「意外といいやないか。これでいこうか」となった。

「でもさ、これ……女の子いるやん」

 バンドブームといっても、それに乗るのは男子だけ。高校生の女子からすれば、異性の中に一人だけいるのは抵抗がある。それでもなんとか見つけて、練習に入る。小田井がやりたかったのはサックス。BARBEE BOYSではボーカルのKONTAが吹く。

 でも小田井は、歌の方は勘弁してほしかった。ということで、このコピバンは本家よりも1人多い6人編成となった。

 とはいえ、小田井はサックスをさわったことさえない。まずは現物を手に入れる必要がある。バンドを組んだ年の夏休みは、早朝5時に起きて新幹線車内で販売する弁当作りのアルバイトを続け、その費用を稼いだ。

 10万円程度のみすぼらしいソプラノサックス。それが、初めて手にした自分の楽器だった。管楽器は練習場所に苦労する。部活が終わったあと、近所にあった一級河川敷の猪名川で真っ暗な中、プースカ音を鳴らしていると2度ほど警察へ通報された。

 コピバンのためそんな目に遭いながら、それでもBARBEE BOYSをやりたかった。小田井涼平、17歳の頃の『負けるもんか』である――。

撮影/ヤナガワゴーッ!

―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー ~純烈物語」]―

【鈴木健.txt】
(すずきけん)――’66年、東京都葛飾区亀有出身。’88年9月~’09年9月までアルバイト時代から数え21年間、ベースボール・マガジン社に在籍し『週刊プロレス』編集次長及び同誌携帯サイト『週刊プロレスmobile』編集長を務める。退社後はフリー編集ライターとしてプロレスに限らず音楽、演劇、映画などで執筆。50団体以上のプロレス中継の実況・解説をする。酒井一圭とはマッスルのテレビ中継解説を務めたことから知り合い、マッスル休止後も出演舞台のレビューを執筆。今回のマッスル再開時にもコラムを寄稿している。Twitter@yaroutxt、facebook「Kensuzukitxt」 blog「KEN筆.txt」。著書『白と黒とハッピー~純烈物語』『純烈物語 20-21』が発売



【関連記事】
<純烈物語>歌い手を目指すなかで白川裕二郎は米倉利紀の唄に揺さぶられた<第99回>
<純烈物語>恋人に歌えなかった愛と世界観 尾崎豊に心酔していた白川裕二郎<第98回>
<純烈物語>愛するからこそ「忍の一字」。ファンは声援と握手を封印した<第97回>
<純烈物語>ラウンドなしのなかで、小田井涼平は「本来の歌手の姿」を取り戻す<第96回>
<純烈物語>水戸黄門最大の見せ場を全うした白川裕二郎は ヒーローのあるべき姿をライブで還元する<第95回>
日刊SPA!

生活新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

生活アクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ