Ameba News

「ニセ宅配業者」や「ワクチン詐欺」にご用心 専門家に聞くコロナ禍の防犯対策

5月16日(日) 13:00

画像はイメージ[かんさい情報ネットten.―読売テレビ」2021年5月3日放送の「気になるアレどうなっten!?」のコーナーでは、コロナ禍で注意すべきことを防犯の専門家らが解説していました。
防犯ジャーナリスト梅本正行さんからの注意点は次のようなものです。
(1)宅配やデリバリーが増え、宅配業者を装った犯罪者や「置き配」を狙う犯罪者に注意する。
(2)感染を避けてレンタカーなどが増え、不審車両を見分けにくいため注意する。
もし不審者や不審車両を見かけたら「会釈をする」だけで抑止効果が高くなるそう。
ワクチン詐欺の電話も
コロナ禍でのワクチン詐欺にも要注意です。
防犯アドバイザー・京師美佳さんによると、実際に相談を受けた内容には「優先的に打てるので予約金10万円を振り込め」「接種の手続きをするので手数料1万円を振り込め」といった不審な電話があったということです。
画像はイメージ「(新型コロナ)ワクチンは無料です。お金の話が出てきたら詐欺なので、電話を切って無視してください」
とのことでした。
番組では他にも防犯の専門家の意見を取り入れてリフォームした集合住宅の紹介もしていました。
管理者が行う対策以外にも「ベランダにカメラを取り付ける」「窓が開いたら大きな音の出るセンサーを付ける」など個人でできる対策もあるとのことでした。みなさんどうぞお気を付けください。
(ライター:まみ)


【関連記事】
「『娘が発熱したから車を貸せ!』詰め寄ってきた隣の奥さん。タクシー乗れば?と思ったけど断れず...」(福岡県・40代性別不明)
コロナ禍で明暗くっきり 広島のお好み焼き店に「地域格差」が生まれた理由
コロナ禍でピンチだった麩菓子「パンダのうんこ」が起死回生! 廃棄の危機乗り越え、通常の8倍の売り上げに
「車にボールをぶつけてきた近所の子供。親を呼ぶよう頼むと『親いない(笑)』『個人情報だから』...腹が立ってしょうがない!」(神奈川・30代女性)
宅配ピザといえば?あなたの推し店、教えて!【都道府県別投票】
Jタウンネット

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ