Ameba News

「養父」←この地名、どう読むか分かる?

5月16日(日) 8:00

日本全国にいくつもある「難読地名」。変わった読み方を覚えながら、その土地についても学んでいきましょう。隔日出題、クイズ形式でお届けします。
今回は兵庫県の難読地名。
「養父」
この地名、どう読むか分かりますか?
ヒント:2文字です


答え
「やぶ」
兵庫県北部、但馬エリアにある地名。2004年に兵庫県養父郡の八鹿町・養父町・大屋町・関宮町の4町が合併して「養父市」が成立した。市の公式ウェブサイトによると、奈良時代にはすでに「養父」と表記されていた。また、717年以前に成立した「播磨国風土記」には「夜夫」という漢字が使われていたという。市の東部を流れる円山川付近に「やぶ」とつく地名や施設があり、「養父」以外に「藪」の字が使われているものもあり、同サイトには「円山川の景観を表した地名であると推定しています」と書かれている。


【関連記事】
「眼目」←この地名、どう読むか分かる?
「大豆島」←この地名、どう読むか分かる?
「用宗」←この地名、どう読むか分かる?
「員弁」←この地名、どう読むか分かる?
「丼池」←この地名、どう読むか分かる?
Jタウンネット

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ