Amebaニュース

Tiktokで日本1位になった14歳娘と両親の絆

3月1日(月) 17:54

手のひらに想い出を残せる時代。
大好きなあの人の笑顔。おととい食べたアイスクリーム。去年見にいった青色のイルミネーション。
そんな何気ない日常の景色を、カメラで切り取っている人は多いのではないか。

彼女もそのひとり。次世代クリエイターHinata。SNS総フォロワー350万人を誇る14歳だ。

数年前に「日本一のTikToker」としてメディアでも紹介され、今やHIKAKINなど多くの大物YouTuberともコラボを重ねている。さらにテレビドラマへの出演経験もあるローティーンから絶大な人気を誇っているクリエイター。

【プロフィール】
Hinata(本名:野々山ひなた)14歳
350万人のフォロワーを抱えながら、キューーガルのイメージモデルを務める。
3月12日にはプロデュースブランド「Hinanon」もリリース予定。

【Hinataさんのブログはこちら】

友達との変顔、盛れた自撮り、ペットの後ろ姿、乙女心をくすぐる可愛らしい小物で溢れる、彼女のカメラロール。
私たちと変わらない日常の風景をカメラにおさめている彼女だが、そのクリエイティブさはどこから生まれているのだろうか。

その答えは、スマートフォンの写真の中にあった。


◆献身的なパパと、見守るママ。

スマホのカメラロールはたまに見返すんですが、この写真が出てきて。
最近のお気に入りです。


これは前に、パパと撮った写真!


Amebaブログ引用:https://ameblo.jp/courage-hinata/

ママはシャイだからあんまり写り込まないけど、パパとはよく写真撮ります。
ショッピングもパパと行くし、YouTubeの撮影のアドバイスもパパからもらってます。
ママはずっと見守ってる感じ。

TikTokは親に内緒で始めたんですけど、フォロワーが6万人超えたくらいで、「流石にやばいかも?」と思って、親に伝えました。
深刻な感じではなく「見てー!6万人もフォロワーいるの!すごくない?」って。
そしたら普通に、「なにこれ!めっちゃすごいじゃん!」って言ってくれて(笑)

でもこの時、ママもパパもTikTokが何か知らなかったと思います。
まだ今ほど流行ってたわけじゃなかったので。
それでも、すごいねって言ってくれて安心しました(笑)

今はYouTubeもやってるんですけど、YouTubeもパパから「やってみない?」って提案してもらって、元々憧れてたのもあったのでやってみることにしました。

昔から、親に「勉強しなさい」とか「テレビは〇〇分まで」とか言われたことないんです。
今は研究のために、家族で色んなYouTubeやネット番組を見ています。

YouTubeの企画案も、家族みんなでアイデアを出しますね!やっぱりパパがたくさん企画を出してくれる(笑)ママも最近やっと案を出してくれるようになりました。

Tiktokが可愛く撮影できるように、Tiktok専用のお部屋をパパが作ってくれたんです!
パパのTiktokアカウントもあるし(笑)

◆芸能活動のきっかけは、姉のひとこと。

今所属している事務所も、パパからの提案でオーディション受けたんです。

なんかお家でゲームして引きこもっていたら、お姉ちゃんに「ニートか!」って言われて、それをきっかけに事務所のオーディションを受ける決心がつきましたね(笑)
勿論、小さい頃からモデルにも憧れてたのもあります。



次世代クリエイターHinataさんのクリエイティブさの裏には、献身的な父親と優しく見守っている母親の姿がありました。
彼女を育てた、ご両親のリアルな声や考え方も気になります。
Hinataさんの今後の活躍からも目が離せません。

Hinataプロデュースオリジナルブランド「Hinanon」は3月12日(金)より、Hinanonオンラインストア、WEGO一部店舗で発売となります。
Hinanonオンラインストア

【関連記事】
Hinata(野々山ひなた)オフィシャルブログ「Hinataぼっこ」
Hinata『ドラマ「35歳の少女」』
Hinata『オリジナルブランド「Hinanon」』
藤本美貴、36歳の誕生日を迎え夫・庄司との夫婦ショットを公開「家族にお祝いしてもらえて」
近藤千尋、夫・ジャンポケ太田の姿にツッコミ「わたしが買った服…?」
アメーバニュース/エンタメ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ