AmebaNews

トキヲイキル・大庭彩歌、積年の夢だったソロライブは最後の出発「これがラストチャンスだという気持ち」

2月22日(月) 18:00

九州を拠点に、演劇やライブを中心とした活動を行なっているガールズエンターテインメントユニット“トキヲイキル”。2021年から新体制となり、メンバー個々の活動も本格化している。メンバーのひとり、大庭彩歌は幼い頃からの夢だったソロアーティストとしての活動を開始。2月27日(土)にはソロとしてのファーストワンマンライブ「Final departure」を福岡・DRUM Be-1で開催する。今回のインタビューではソロ活動にかける思い、ワンマンライブへの意気込みなどを語ってもらった。
【写真を見る】ソロファーストワンマンライブに意欲を燃やす大庭彩歌

――トキヲイキルのメンバーとして活動されていますが、その前も九州拠点のアイドルグループ“LinQ(リンク)”で活動されていたので、活動歴は長いんですよね。

LinQで5年半、トキヲイキルで3年半なので、もう9年活動していることになります。

――トキヲイキルはどんなユニットですか?

舞台を中心にライブなども活動しているガールズエンターテインメントユニットです。舞台を中心とした女の子のグループってあまりいないと思うんです。メンバーも個性的な子が多くて、プロレスをやっているメンバー(伊藤麻希)がいたり、福岡の朝の情報番組でニュースを読んでいるメンバー(原直子)がいたり、活動の幅がすごく広いです。

――2021年からはそんなメンバーそれぞれの個性を生かしてソロ活動を本格的に行うということですが、大庭さんはソロアーティストとしての活動を。

はい。去年、「私たちは来年、個々での活動をやっていきます」って発表して、一人ずつその内容をファンの方に伝えたんですけど、私の“ソロアーティスト”というのが一番意外だったみたいです。私が歌が好きというのはファンの人たちも知ってくれてましたけど、まさか本当にソロで歌をやっていくとは思ってなかったみたいで。活動は長いんですけど、去年の5月に30歳になりましたし、この年齢で今からソロをやっていくということに驚いていました(笑)。

――でも、長年の夢が叶ったわけですよね。

そうなんです。グループやユニットとして歌ったりしてきましたけど、保育園に行ってる頃からの夢が“ひとりで歌う”ということだったので、いつか出来たらいいなという気持ちはずっと持っていました。プロデューサーさんから話を聞いた時、「ついに夢が叶うんだな」ってうれしく思いましたけど、これまでいつも周りに誰かがいたので、「ひとりで大丈夫かな?」という不安も少しありました。でも、せっかくいただいたチャンスなので、これがラストチャンスだという気持ちで頑張ろう!って覚悟を決めました。

――“ソロアーティスト”ということについて、他のメンバーの反応は?

みんな応援してくれています。私がソロに関する情報をツイートしたら拡散してくれますし、ソロライブも「お金を払ってでも見にいきたい」って言ってくれたりしていて(笑)。それぞれが個々の活動を始めていますけど、仲間ですから応援し合ってますし、私も他のみんなの活動を楽しみにしています。

――ソロアーティストとして本格始動ということで、歌などのレッスンをしているところだと思いますが。

はい。トキヲイキルでも結成当時から事務所でのボイトレはしていたんですけど、ここに通ってみたいなと思うボイトレの教室があったので個人としてそこにも通っています。これまではアイドル的な曲を歌うことが多かったので、アーティストとしての歌い方の引き出しを増やしたいなって思ったんです。ユニットだとメンバーそれぞれ声質が違うので、歌うと自然に違う色を感じてもらえるんですけど、ひとりの場合は自分でいろんな色を出さないといけないので、少しでも歌い方や表現のバリエーションを増やしたいなって。かなり専門的なことも教えていただいているのですごく楽しいです。

――大庭さん自身は、普段どんなタイプの曲を歌うんですか?

ミディアムテンポの曲が好きなので、歌うのもバラードが好きです。難しいんですけど、気持ちを乗せて歌うのが楽しいなぁって。

――リスペクトするアーティストは?

いろんな曲を聴くので好きなアーティストの方もたくさんいてMISIAさんとか、私より年下ですけど當山みれいさんとかの歌声が素敵だなって。その中でも一番好きなのは絢香さん。「シンガーソングライターって良いな」って刺激を受けた方で、絢香さんが通っていた音楽塾ヴォイスに通ったこともあります。今でも憧れの存在ですね。

――2月27日のワンマンライブ。「Final departure」というタイトルにも強い意志が感じられます。

最初、プロデューサーさんが「departure」というタイトルを出してくれたんですけど、私が「Final」をつけたいと提案して、“最後の出発”という意味の「Final departure」に決まりました。「departure」だけだとワクワクした楽しい旅の始まりのような印象ですけど、「Final」を付けることによって、いい意味で自分にプレッシャーをかけるというか、強い気持ちを感じてもらえるんじゃないかなって思ったんです。

――そのライブはどんな感じになりそうですか?

これまで歌ってきた曲は数曲ぐらいで、それ以外は全部新しい曲になります。トキヲイキルでも曲を作ってくださってる柏原収史さんと筑田浩志さんに曲を書いてもらっていて、アップテンポな曲からバラードまでかなり幅のある感じになっています。LinQ時代からライブのことを考えるのが好きだったので、今回はソロなので盛り込んでみたいこともたくさんありますね。

歌ではかっこいいところを見せて、MCでは面白い大庭を見せられたらいいなって。私、抜けてるところがあるので、ずっとカッコつけてても、どうしても地の部分が出ちゃうので(笑)。だったら、そういうふうにどちらの私も見てもらえたらいいなって思いました。会場のDRUM Be-1はたくさんのバンドやアーティストの方がライブをしてきた場所なので、そこからスタートできるのもすごくうれしく思っています。

――これからソロ活動が本格的になっていきます。読者に向けて意気込みとメッセージをお願いします。

はい。これまで9年ぐらいグループで活動してきましたが、30歳というタイミングでソロというチャンスをいただきました。昔からの夢だったので、“楽しい思い出”で終わらせず、たくさんの方に私の歌を届けたいと思います。最後という覚悟をもってのソロ活動となりますので、ガチで頑張ります。応援よろしくお願いします!
(取材・文=田中隆信)



【関連記事】
トキヲイキル、約1年ぶりの公演決定!原作・脚本はチュートリアル徳井義実、演出・音楽は柏原収史
「劇団☆ディアステージ」×「トキヲイキル」初コラボ舞台のキャストを稽古場で直撃!
「トキヲイキル」12/24初ワンマンソロショット集[1]<写真特集>
トキヲイキル、初ワンマンで動員目標クリア!CD発売中止&MVお蔵入りを回避
トキヲイキル、柏原収史演出の舞台でタップ&コメディー劇に初挑戦
ザテレビジョン

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ