Amebaニュース

ホログラムのトイレボタン? やっぱり、日本は未来に生きてるな

2月19日(金) 19:00

提供:
qvysixoflsgheavbqyek Image: 村上開明堂
多くのトイレが自動洗浄機能付きになっていますが、「ビデ」や「おしり」や調節ボタンだけは物理ボタンなのが大半ですよね。

でも、今は非接触が求められる時代。そこで、ホログラムボタンを作ったんですって。これ、需要ありありでしょ! 

ホログラムのボタンを実用化したのは、自動車用バックミラー大手の村上開明堂で、スタートアップのパリティ・イノベーションズと共同で開発したそう。
uz3nrj6pasahjxyfrbxe Image: 村上開明堂
ホログラムボタンは、一連の小さなミラーを使って投影された画像を分解し、空中に浮いているように見える画像に再構成し、焦点を当てているのだとか。

村上開明堂の提案する赤外線センサーは、指で物理ボタンを触らずとも、指の存在を検出することが可能だから、非接触が推奨される今の時代にピッタリなのです。

まずは、トイレの操作パネルから実用化を測っていくそうですが、いずれは不特定多数の人が使うATMやエレベーター、レストランのタッチディスプレイ、身近なところではキッチン向けのテレビなどでも使えるようになってくれることを期待したいところ。

量産開始は2022年度を目指しているそうです。ホログラムのスイッチだなんて、まるでSF映画のよう。広告ならまだしも、ホログラムが実用化され、身近な存在になるなんて。しかも、それが日本のトイレからだなんて。やっぱり日本は未来を生きてるわ。

■あわせて読みたい
タイガーから、Amazonでお米を自動で再注文してくれる炊飯器が発売!
テクノロジーを使って、人間には不可能な視点を獲得する。新たな音楽体験とは
プログラミング教育にアンチな編集部員が論破された末に夢中になっちゃった教材「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション」
Alienwareを使うと『フォートナイト』で勝てるのか。ギズモードが試してみました
頭脳を酷使する編集長が予約殺到の”脳が眠る枕”『ブレインスリープピロー』を体験
GIZMODO JAPAN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ