Amebaニュース

土屋太鳳、コメントをド忘れして赤面 田中圭もフォローできず

1月19日(火) 20:15

 女優の土屋太鳳が19日、都内で行われた主演映画『哀愁しんでれら』の完成報告会に田中圭、COCO、石橋凌、渡部亮平監督とともに出席。本作にまつわるトークを和やかに展開するも、土屋がコメントをド忘れし赤面する一幕があった。

【写真】美しい! 赤いドレス姿で登場した土屋太鳳

 本作は、TSUTATA CREATORS’PROGRAM FILM2016グランプリ作品にして、渡部監督が脚本をつとめたオリジナルサスペンス。幸せを追い求める平凡な女性・小春(土屋)が、社会を震撼させる凶悪事件を起こすまでの“裏”おとぎ話を描く。

 土屋は、共演した田中に関して「圭さんとはお芝居のことから、普通の会話までさせてもらった。さっきも話していて思い出したんですけど、寒い撮影のときに温かい飲み物を買ってきてくださった。それを温かいストーブの上で温めて一緒に飲んだ。そういう心づかいがステキ」と話した。

 一方、イケメン開業医・泉澤大悟役の田中は、土屋の演技について、ジェスチャーを交えて「カメラが回っているときと回っていないときのギャップがすごい。今まで(気を緩めて)は~っとやっていたと思ったら、(撮影のときには気を引き締めて)急にヒャーッ!となる(笑)。メリハリがすごい」と評価。

 それを受けて土屋はさらに「(田中は)お芝居に対しても爆発力がある。偶然の爆発ではなくて、ちゃんと積み重ねていった中で、本番に対してバン!とぶつける感じがある。絶対にいいシーンが撮れるという1シーン1シーン確信しながら撮影していた 」と信頼感を口に。

 渡部監督も「2人ともけっこう本番直前までフワフワしている。大丈夫かな、と思うけど本番になったら集中力高くバッと変わる。さすが」と手放しで称賛していた。

 イベント最後にコメントを求められた土屋は「小春も大悟も(大悟の娘の)ヒカリも、ちょっと個性的な登場人物であるんですけど…」と再び作品に言及。しかし後が続かず「…何て言おうとしたのか忘れちゃいました(笑)!今までずっと喋ってたのに!」と赤面。助けを求めるも、田中は「(話そうとしていた内容の)一言目も出てないからぜんぜん分からない」とフォローできず。

 土屋は「えー! (話すことを)久しぶりです、忘れたの。なんでだろう!何を言おうと思ったんだっけ?」とアタフタするも、徐々に冷静さを取り戻して「個性的な役柄ではあるけど、どこか、皆さんの心の中にいたり、心の隣にいるかもしれないと思うストーリー。(コロナ禍の)こういう状況の中で、人を愛すること、幸せとは何かあらためて考えるきっかけになるのでは」とコメント。「どうか皆さん、健康には気をつけて、体を大切にしてください!」と締めくくった。

 映画『哀愁しんでれら』は、2月5日より全国公開。

■関連記事
【写真】さわやかな笑顔をみせる田中圭 『哀愁しんでれら』完成報告会より
【写真】キュートな笑顔! 田中圭の娘役COCO 『哀愁しんでれら』完成報告会より
【写真】『哀愁しんでれら』土屋太鳳&田中圭の幸せな姿から一転、暗雲立ち込める場面カット9点
【動画】追い詰められる土屋太鳳&怒鳴る田中圭、禁断のベールがはがされる『哀愁しんでれら』予告解禁
【動画】土屋太鳳&田中圭、幸せいっぱいのダンスを披露 『哀愁しんでれら』本編映像
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ