Amebaニュース

米倉涼子、FENDIジャパン初アンバサダー就任「とても名誉なこと」

1月19日(火) 18:30

 女優の米倉涼子が19日、都内で開催された「FENDI ジャパンブランドアンバサダー就任記者会見」に出席。FENDIの最新コレクションを着用して登場した米倉は、「FENDI ジャパン」創業以来初のアンバサダー就任について「とても名誉なことだと思っております」と笑顔で語った。

【写真】全身ホワイトコーデの米倉涼子が美しい

 ホワイトを基調としたスタイルで登場した米倉は「微力ながら、たくさんの方々にFENDIの魅力を伝えていけたらなと思っております」とコメント。今回のオファーについては「若かりし頃から、大好きな大好きなブランドでしたので、そんなお話をいただけるということで、とてもびっくりしたと同時に、とてもうれししく思っていました」と振り返った。

 アンバサダーとしての今後については「せっかくですから、何かわくわくするような企画を、FENDIさんとともに考えて、何か残していけたらなと思っているんですが、FENDIさんは伝統的なブランドで、もう95年の歴史もありますので、その製品を作っている、伝統的な職人技っていうのを、これを機に知ることができたらなと。その製品の良さを、どうして良いのかとか、そういう魅力を伝えていけたらなとも思っております」と希望を語っていた。会見には、米倉がカスタマイズしたバッグも登場した。

 「2020年と2021年を漢字一文字で表すとするなら?」という問いには「祈」と答え「いろいろなものが早く良い方向に向いて、皆さんが自由に、思った通りに、今まで通りに、生活ができるように。すべての、世界中の人たちに対して、私たちに対してもそうですけど、お祈りをするっていうことなのかな」と考えを明かした。

 最後にコメントを求められると、夕方を告げるチャイムがちょうど鳴ってしまい、これに大ウケ。「陽が高くなってきましたね(笑)。去年、私が撮影していた時は、17時になったら暗くなっちゃってて。『夜の撮影しかできないな』なんていう話もしていて。まだ夜の撮影できますね」と話していた。

■関連記事
【写真】米倉涼子、ゴージャスなドレス姿で登場 新CM発表会の様子
【写真】米倉涼子、吉田沙保里にお姫様抱っこされてご満悦
【写真】米倉涼子、珍しい自撮りショットに反響 「美しすぎます」
【写真】米倉涼子&内田有紀、白衣の女神2ショット
米倉涼子主演、日本アカデミー賞作品『新聞記者』が新たな物語として始動
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ