Amebaニュース

キンプリ高橋海人、ドッキリでの「ママ…」発言で年上女性ノックアウト

11月28日(土) 7:00

提供:
 11月21日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)に、King & Prince高橋海人(21)が出演。イスが爆発するドッキリ企画で見せた姿がかわいらしすぎるとファンの間で話題となった。

 この日は、情報番組の収録という名目で屋外ロケに呼び出した高橋に、座っていたイスが突然爆発するというドッキリ企画を敢行。高橋が出演するドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)の番宣コーナーだったこともあり、仕掛け人の新美有加アナウンサー(28)はドラマの撮影現場で共演する小池栄子(40)と、どのような会話をしているのか高橋に質問した。

 それに対し、高橋は「撮影の合間とかにうかがわせてもらったときに、(小池から)“あらカワイ子ちゃん来た!”ってよく言ってもらいます。それが僕の中では、密かにうれしい」と答え、スタジオでVTRを見ていた小池を喜ばせた。そして、インタビューの収録が終わると、ニセの番組ディレクターは最後にコーヒーを飲んでいるカットを撮影すると説明し、爆発の仕掛けがしてあるイスに高橋を誘導。

 そのイスに座り、高橋が「大変なこともあると思うけど、コーヒー飲んでキリっと目覚めて僕と一緒に頑張りましょう」とカメラ目線でメッセージを送ったところ、突如として座っていたイスが爆発。だが、トラブルで爆発が中途半端になってしまったことから、番組では予備のイスに高橋を座らせ、撮り直すことに。

 幸いにも、高橋はドッキリだと気づかなかったようで、何の疑問も感じることなく、新しいイスに着席して収録を再開。再びイスが爆発したところ、高橋は「あっ!」と悲鳴を上げ、強い衝撃を受けた尻を手で押さえた。そして心細くなったのか「ママ……」とつぶやいたところで、本物の番組スタッフがネタばらしをすると、高橋は「バー(カ)……」と言いかけ、苦笑いしていた。

■ドラマでも年上女性はメロメロ

 続いて、高橋は「テンパりすぎちゃって、思考回路が追いつかない」と2度もドッキリに引っかかったことを悔やんでいたが、こうした高橋の姿にファンは大喜び。ネット上では「ひたすらカワイ子ちゃんだった」という声が上がったほか、「ママ」発言に母性本能をくすぐられたファンからは「海ちゃんのママ呼びかわいすぎる」「海ちゃんにママって呼ばれたい」「海ちゃんにママって言われたら、いい子いい子してあげたいわ」などといった反響が相次いでいた。

『姉ちゃんの恋人』では、奈緒(25)が演じる7歳上のみゆきに告白し、年上女性と思しき視聴者たちをときめかせていた。今回の「ママ」発言で、年上女性のファンがさらに増えたのは間違いないだろう。


【関連記事】
「松本潤が怖い!!」大野智と櫻井翔が感嘆した「相葉雅紀の裏切り」!
近藤真彦「愚か者5年不倫」で活動自粛も…“出まくりゾンビ”の赤っ恥
松本人志と中居正広「超豪華マッチング特番」でTKO木下“完全スルー”の残酷

日刊大衆

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ