Amebaニュース

星座グループ別【恋が冷めるとき】双子座・天秤座・水瓶座は価値観のズレを感じたとき

11月27日(金) 12:00

 恋のときめきのままに相手のことを考えてハッピーに過ごしていても、ある日突然、恋が冷めて、一気にテンションダウンしてしまうことがあります。どんなときに、恋が冷めてしまうのでしょうか? 星座グループ別に、恋が冷めるときをみてみましょう。

■火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……次の恋に心が動いたとき
 熱しやすく冷めやすい恋をすることで定評のある火の星座グループです。恋が冷めるのは、いわずもがなの心のフェードアウトが原因でしょう。次の恋が芽生え始めた瞬間から、心変わりへのカウントダウンがスタートします。新しい恋が鮮やかに輝いて、これまでの恋が一気に色あせていくのでしょう。次の恋があれば、次の次の恋もある……そんな流れで、短命の恋を繰り返す傾向も。

■地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……一緒の時間が苦痛になったとき
 心地よく過ごせることを重んじる地の星座グループです。楽しい時間や安らぎの時間など、2人の幸せタイムを最大限に堪能するでしょう。行動のテンポや趣向や食べ物の好みなどで、無理をして合わせることなく、しっくりと馴染める相手を求めます。恋が冷めるのは、一緒に過ごす時間を苦痛に感じるようになったとき。心身が同時に満たされないと一緒にいられぬ地の星座たちです。

■風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……価値観が合わないと知ったとき
 考え方や価値観を大切にする風の星座グループです。会話を楽しみながら、知的な交流にときめきを感じ、相手を好きになっていきます。意見交換を繰り返しながら、お互いへの理解と関心を深めていく恋のスタンスです。そんな恋が冷めるのは、2人の価値観が合わないことを知ったときでしょう。考えを大切にする風の星座にとって、価値観の不一致は恋の致命傷になってしまうのです。

■水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……相手を嫌いになったとき
 相手を思う気持ちが強い水の星座グループです。好きになった人を心から大切にすると決意して、自分のすべてを捧げます。同時に、相手がそれを受け止めて、誠実な愛をもって報いてくれないと、心に大きな傷を負うことに。裏切られて心を踏みにじられたとしても、なかなか諦めることができず、しばらく引きずります。しかし、嫌いな気持ちが生まれると、一気に恋が冷めるのです。

 どれだけ熱々のカップルでも、次第に恋の熱は落ち着いていくものです。恋の熱が冷めきる前に次のステージへとステップアップして、進化を続けられるカップルが理想的なのかもしれませんね。
(LUA)
※画像出典/shutterstock

【関連記事】
星座グループ別【昔好きだった人と再会したら】牡羊座・獅子座・射手座は恋が再燃する!?
星座グループ別【フェロモン傾向】牡牛座・乙女座・山羊座は「蝶タイプ」!
【無料占い】あの人と私、2人が置かれている状況は? 水晶玉子がオリエンタルタロットで占う
星座グループ別【恋といえば】蟹座・蠍座・魚座は「恋は私たちのすべて」!
【無料占い】2020年クリスマスの恋愛運 今年のクリスマスはどうなる?
恋愛対象外のタイプがわかる【心理テスト】異性に言われて冷める言葉は?
占いTVニュース

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ