Amebaニュース

紅葉の名所鶴仙渓にたたずむ喫茶店。童話の世界に迷い込んだような「東山ボヌール」【石川・山中温泉】

11月23日(月) 12:00

提供:
谷のほとりにある隠れ家のような喫茶店 元旅館の古い建物を改装して、2010年に誕生した喫茶店「東山ボヌール」。豊かな自然に囲まれた、全長1.3kmにわたる渓谷の遊歩道、鶴仙渓(かくせんけい)の入口にあります。 お店の前の鳥居は、その階段の先にある漆器の神様を祀る東山神社のものです。 大きな木の裏に隠れ家風のエントランスがあります。 “ボヌール”とはフランス語で「幸せ」を意味します。筆者は数年前、雪景色の中を訪れたことがあり、この喫茶店で過ごした心豊かなひとときを忘れられず、やっと再訪が叶いました!雪景色も現実のものとは思えませんでしたが、緑の中も素晴らしいのです。紅葉は11月中~下旬が見頃ですよ! ©山中温泉観光協会 今は電話でのみの完全予約制で、コロナ対策は徹底しています。店に入ると2階の席を案内してくれました。訪れたのは10月上旬でしたが、2階には、ほかに客はおらず、筆者たちだけだったので安心して過ごすことができました。 手作りケーキと香り高い紅茶にうっとり 手作りの「森のケーキ」(420円・税込)と「デンメアティーハウスのザッハブレンド」(600円・税込)を選びました。ケーキは、ナッツとドライフルーツがふんだんに盛り込まれた、まさに森の中でいただくのにふさわしい一品です。コクのあるナッツと甘酸っぱいドライフルーツとがあいまって、シンプルにして洗練された味わい。実は前回もいただいて、ぜひもう一度味わいたかったのです! 「デンメアティーハウス」は、ウィーンの高級ホテル「ホテル・ザッハ」のオリジナルティーを手がける名店だそうです。ベルガモットとジャスミンの上品な香りが漂い、さすがは老舗高級ホテル御用達だけあります。 こちらは「濃厚ベイクドチーズケーキ」(420円・税込)と「100%無添加ブドウジュース」(600円・税込)。チーズケーキは実にリッチな味わいで、本当はコーヒーと相性抜群だと思います。ブドウジュースは無添加の自然な風味で、後味のよさが印象に残ります。 ほかのスイーツには、フランス産チョコレートを使った濃厚な「ガトーショコラ」、イタリア産マスカルポーネチーズを使用した「ティラミス」、エスプレッソ風味の「珈琲ジュレ」などがあり、どれもこれも魅惑的。 「しあわせビール」や「スパークリングワイン」、「サングリア」などのアルコールもそろうので、ちょっと珍しい「殻付きマカダミアナッツ」や「酒粕スティック」をおつまみに楽しむのもいいですね。 ランチは「ビーフシチューライスセット」(1,620円・税込)のみという潔さ。筆者はランチ後だったのでいただけませんでしたが、時間をかけてことこと煮込んたシチューは本当においしそうです! 2階にはギャラリースペースがあります。地元の写真家による作品が展示されていました。 木々の緑や紅葉を眺めながら・・・ 1階はソファーとテーブル席があり、2階と合わせて30席あるゆったりとしたスペースです。古い建物を改装し梁を生かした空間に、時を経て味わいを帯びた革や木目、ベージュの家具を配した落ち着きのある雰囲気です。どこを切り取っても絵になります。 ランプにほんのりと照らされた店内は心安らぐ空間です。テラスや窓の先には「鶴仙渓」の緑(11月中旬~は紅葉)があふれ、目がうるおいます。 外国の絵本や雑貨もステキ! 外国の絵本や画集がずらりと並んでいます。ページをめくって眺めているだけで別世界に誘われます。 ガラス器、フランス製のハンドクリーム、リップバーム・・・。お店が自信を持ってセレクトしたという、センスの良い雑貨を購入することもできますよ。 オリジナルのカップ、カウベル、手ぬぐいなども魅力的です。 季節ごとに何度も足を運びたくなる「東山ボヌール」。鶴仙渓の紅葉狩りがてら、幸せ(ボヌール)なひとときを過ごせる、とっておきの喫茶店に足を運んでみてはかがですか。 ©山中温泉観光協会 東山ボヌール 住所:石川県加賀市山中温泉東町1-ホ19-1芭蕉堂前 電話:0761-78-3765 営業時間:9:00~17:00(L.O.16:30) 定休日:木曜日 ※現在は完全予約制(電話でのみの受付) 店内全面禁煙 URL:https://higashiyama-bonheur.jimdofree.com/ [©以外photos by Yo Rosinberg] Do not use images without permission.
メイン
谷のほとりにある隠れ家のような喫茶店
外観

元旅館の古い建物を改装して、2010年に誕生した喫茶店「東山ボヌール」。豊かな自然に囲まれた、全長1.3kmにわたる渓谷の遊歩道、鶴仙渓(かくせんけい)の入口にあります。

鳥居

お店の前の鳥居は、その階段の先にある漆器の神様を祀る東山神社のものです。

外観1

大きな木の裏に隠れ家風のエントランスがあります。

看板

“ボヌール”とはフランス語で「幸せ」を意味します。筆者は数年前、雪景色の中を訪れたことがあり、この喫茶店で過ごした心豊かなひとときを忘れられず、やっと再訪が叶いました!雪景色も現実のものとは思えませんでしたが、緑の中も素晴らしいのです。紅葉は11月中~下旬が見頃ですよ!

鶴仙渓1
©山中温泉観光協会

今は電話でのみの完全予約制で、コロナ対策は徹底しています。店に入ると2階の席を案内してくれました。訪れたのは10月上旬でしたが、2階には、ほかに客はおらず、筆者たちだけだったので安心して過ごすことができました。
手作りケーキと香り高い紅茶にうっとり
森のケーキ

手作りの「森のケーキ」(420円・税込)と「デンメアティーハウスのザッハブレンド」(600円・税込)を選びました。ケーキは、ナッツとドライフルーツがふんだんに盛り込まれた、まさに森の中でいただくのにふさわしい一品です。コクのあるナッツと甘酸っぱいドライフルーツとがあいまって、シンプルにして洗練された味わい。実は前回もいただいて、ぜひもう一度味わいたかったのです!

森のケーキ2

「デンメアティーハウス」は、ウィーンの高級ホテル「ホテル・ザッハ」のオリジナルティーを手がける名店だそうです。ベルガモットとジャスミンの上品な香りが漂い、さすがは老舗高級ホテル御用達だけあります。

チーズケーキ2

こちらは「濃厚ベイクドチーズケーキ」(420円・税込)と「100%無添加ブドウジュース」(600円・税込)。チーズケーキは実にリッチな味わいで、本当はコーヒーと相性抜群だと思います。ブドウジュースは無添加の自然な風味で、後味のよさが印象に残ります。

2F

ほかのスイーツには、フランス産チョコレートを使った濃厚な「ガトーショコラ」、イタリア産マスカルポーネチーズを使用した「ティラミス」、エスプレッソ風味の「珈琲ジュレ」などがあり、どれもこれも魅惑的。

「しあわせビール」や「スパークリングワイン」、「サングリア」などのアルコールもそろうので、ちょっと珍しい「殻付きマカダミアナッツ」や「酒粕スティック」をおつまみに楽しむのもいいですね。

ランチは「ビーフシチューライスセット」(1,620円・税込)のみという潔さ。筆者はランチ後だったのでいただけませんでしたが、時間をかけてことこと煮込んたシチューは本当においしそうです!

ギャラリー

2階にはギャラリースペースがあります。地元の写真家による作品が展示されていました。
木々の緑や紅葉を眺めながら・・・
1F1

1階はソファーとテーブル席があり、2階と合わせて30席あるゆったりとしたスペースです。古い建物を改装し梁を生かした空間に、時を経て味わいを帯びた革や木目、ベージュの家具を配した落ち着きのある雰囲気です。どこを切り取っても絵になります。

1F2

ランプにほんのりと照らされた店内は心安らぐ空間です。テラスや窓の先には「鶴仙渓」の緑(11月中旬~は紅葉)があふれ、目がうるおいます。
外国の絵本や雑貨もステキ!
絵本棚

外国の絵本や画集がずらりと並んでいます。ページをめくって眺めているだけで別世界に誘われます。

雑貨棚

ガラス器、フランス製のハンドクリーム、リップバーム・・・。お店が自信を持ってセレクトしたという、センスの良い雑貨を購入することもできますよ。

雑貨棚2

オリジナルのカップ、カウベル、手ぬぐいなども魅力的です。

内観

季節ごとに何度も足を運びたくなる「東山ボヌール」。鶴仙渓の紅葉狩りがてら、幸せ(ボヌール)なひとときを過ごせる、とっておきの喫茶店に足を運んでみてはかがですか。

鶴仙渓2
©山中温泉観光協会
東山ボヌール
住所:石川県加賀市山中温泉東町1-ホ19-1芭蕉堂前
電話:0761-78-3765
営業時間:9:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:木曜日
※現在は完全予約制(電話でのみの受付)
店内全面禁煙
URL:https://higashiyama-bonheur.jimdofree.com/

[©以外photos by Yo Rosinberg]
Do not use images without permission.
TABIZINE

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ